甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

歳とるとなかなか働き口が難しくなる理由を身を以て知る

朝の空いてる時間にドラッグストアに立ち寄った。 従業員の会話が聞こえる。 「やっぱり年齢いってるひとはあかん」 「なんでですか?」 「言うこと聞かへんからな」 この短い会話で、いろんなことを悟る。 そんな風に思われると働き口なんてほんとなくなる…

当たるも八卦当たらぬも八卦。占いもまんざらでもない

コンピューター占い当たるよ!ていうから行ってみた。 もっぱら露天の占いなので、屋台がでているイベントでしかお目見えしないけど、なぜかファンは多くていつも並ぶ。 左手をコピー機みたいなとこに置いて、それを元に自動で占い結果が紙ででてきて、おじ…

いつも四月はリセットしてスタート

手書き文化の昭和世代がまだたくさんいる会社をむりやり辞めて、今週から派遣で働いてる。 新しいスタートで、なんか嬉しい。 みんなちゃんとスーツきて、それだけで気も引き締まる。きちんとしようと緊張感もある。 というのも、わたしが今まで派遣であって…

気持ちが落ち着くことは本当に大切なことなんだと実感した

もう私もいい歳なので、毎月くるアレは最近「ありがたい」と思っている。 この気持ちは、この状況にいる人でないとわからないこと。 気分も急落下したりお腹痛くなったり、本当に大変な思いすることもしばしばで、きちんと周期を把握しておかないとその先に…

精神的な不調はいろいろ厄介で

3月はとにかく調子が悪かった。 気持ちがうわの空すぎた。 精神的になんかもやもやしっぱなしだった。 気分転換にちょっと遠出した時に風邪をもらったのか花粉症発症したのか、そこからはもう体調を崩して会社もバイトも行けず散々だった。 そのあいだに誕生…

いいことじゃないことくらいはわかるけど、体が拒否する

会社休むのは社内全員に知れわたり、社内全体に理由も告げられ、次の出勤時には、同じ部署じゃないのに冷ややかな視線を送られて過ごす。 気持ちがここまで萎えきってしまうのは長い会社員生活で初めてで、またこんな状態になる人はまわりにいないから誰に話…

会社を辞めるから、吐き出しておきたい。

日本郵便さえ、荷物の伝票に手書きは邪魔くさいからアプリ使おうっていうコマーシャルしてるんだから、 私が手書きの伝票に嫌気がさして仕事辞めるの、誰も咎めないよね? 君が変えればいいといわれるだろうけど、周りは会社を辞める気がないベテラン揃いの…

ぼんやり考えても仕方ない。行動するのが一番。

どうもこうも、会社に行きたくない。 行ってしまえばなんとか1日持つんだけれど。 社会人生活でこれまでこんなに行きたくない病になることはなかった。 よほど、嫌なのか。。 今月で辞めるのは決まっているけれど、それがもう待ちきれない感じ。 この状況、…

がんばってる姿を見て、これではいけないと思うのに

大切にしている、大好きな人。 付き合ってはいないけど、ずっと途切れない。 かなり年下のその彼のことは、私はリスペクトしている。 私は昼働き、夜も土曜日もバイトし、普通に勤めている女性よりかは働いているとは思うけれど、働いている自分に慣れてしま…

不器用な自分にほとほと呆れながら生きてる感じ

脱サラして古着屋さんのお店をしている男友達に会いにいった。 夏にオープンしてから、もう随分経っているからやっと行けたという感じ。 彼は、同じ会社の後輩。 私が先に辞めた。 随分年下だけれどしっかりしていてなぜか気が合って、とにかく久しぶりに会…

気合いは大好きな人に会ってこそ

このブログを書き始めた頃、大好きな人がいた。 正確には、過去形ではなく、大好きな人がいる。 よくわからないくらい、無性に好きな人。顔はもちろん好きで、佇まいからセンスから、しぐさも声も歩き方も、クセも、言葉使いやLINEの返信まで、あらゆる私が…

今日のおさんどん、どうなったか気になる

アラセブンの多い会社で、お昼は仕出しの弁当がでる。 私は毎日、お味噌汁温めて用意している。 今日私は休んでいる。 休みの時に代わりにしてくれるおばさんも今日休みだから、おさんどん、どうなったんだろう。 ほかに女性がいないわけではないけれど、普…

自分の健康を考えさせられる

ちょっと、ショッキングなニュースだった toyokeizai.net 80年代アイドルの堀ちえみさん。 口腔ガンとの発表を、お昼のニュースで知った。 ここで言うのもなんだけれど、生きている月日が同じ。 そう思うだけで、身近に感じる。 若く見えても体はもう52年…

正直でいるのは気合いがいるかもしれない

会社を辞めることが決まった。 3月いっぱい。 辞めると伝えたきっかけは、有給がないのに会社を休んだことによる女性の会長の呼び出しだった。 年齢を重ねた上での今後のことを考えると、今無駄な時間を省きながら通勤しているため、電車の降りる場所や移動…

考え方の違いは環境の違いに間違いない

仲のいいおじさんは、ちゃんとした会社でがんばって来たサラリーマン。 たとえ異動があって環境が変わってたとしても、ずっと同じ会社で働いているとだいたいその会社の思考になってくる。 私は、転職しているし、派遣でいろんな会社もみて来たので、いつの…

なにもいらないは楽でいい

バレンタインは何もいらないから。 久しぶりに来た仲のいいおじさんは言った。 おじさんは、相手から何かもらうっていうのは基本的にいらないみたい。 以前誕生日の時にもそう言われた。 女性からのプレゼントはいらないのか? いや、どうやら「自分の好きな…

転職は慎重にのCMが急に大きく聞こえてきた

甘い!と言われるかもしれないけれど、 出社拒否をしている。 行こうと思う気持ちが全くない。 そして、休んで起きて何かをしているかというとそうではなく、ずっとずっと寝ている。完璧に鬱なのだ。 木曜日から休んでいて、日曜日は辛うじて親と会うために…

何してるんだ、私。鬱との戦い

会社に行けば、難なく仕事をこなし適当にアラセブンと話していれば1日がすぎる。 でも、それでいいのだろうか。 そう思う気持ちが潜在的にある。 気分転換に始めた料理屋さんでの夜のバイト。 これがまた年齢がいっている私にはかなりハード。毎日予約でいっ…

動いてこそ見えてくる現実。これまた色々あることを知る

アラセブンしかいないゆるい会社で正社員になって、本当に楽なのだけれど、かなり物足りない。 全てが手作業で手書きなため、パソコンは支給されていてもほぼ飾り。 指示されることがパソコン作業ではないし、逆にパソコン使って何か効率化しようとしている…

人として、人として。

おじさんが急に冷たくなって、連絡がなくなった。 最近ちょっとしたことで喧嘩になる。 別に仲が悪くなってきたのではない。 多分、慣れてきた分相手に甘えてしまうんだろう。 おじさんが思っているようなことをしてないからか、いつも素直じゃないとか、ひ…

思い切るには、ちゃんと動く

この前正月早々テンション上がらなくて休んだら、なんとなく、辞めるつもりがあるかも?と勘付いてくれてる人と、インフルエンザ流行ってるから気をつけてと全く気づかず逆に大切にしてくれる人がはっきりわかれてきた。 休んでる時に仲のいいおじさんに状況…

おじさんから学ぶことはいろいろある

仲のいいおじさんは、奥さんのことは家族として大切にしている。 長い単身赴任だったこともあり、自分の建てた家を守ってくれて、帰ったらちゃんとごはん作ってくれているから、と言う。 いい奥さんだ。 ちゃんと家族のことも守ってる。 おじさんには奥さん…

一事が万事ですべてに力が抜ける

年始。 いつもの日常。 …全員が。 こんな会社もあるのか。 社内で年始挨拶したらそれで終わりか。 営業の人も得意先がすべて遠いからか、全く誰も留守にしない。 社長すらいる。 で、くるのは下請けの会社が納品に来て挨拶するくらい。 スーツ姿の人が年始の…

まだ私宛てにくれる年賀状をみて思ったこと

女友達に縁を切られたのは、過去に3人。 はっきりと、宣言されて終わった。 そんな、記憶の奥にしまっていた出来事を年賀状を見て思い出した。 3人とも、私には理解しがたいというか、わけがわからない状態で一方的ないい分になにも言えなかったのが本音で…

今日みたいな日でもひとりぼっちでいい

三連休最終日。 鬱ってないでどこか行こう。 と思い立ち、外に出る。 まちはクリスマス仕様だ。 ぼっちには苦痛な日なのだ。 というか、私はせっかくの休日にどこもかしこもいつもより混むのががっかり。 今から行く店もきっと混んでるだろう。 電車に乗ると…

軌道修正を考える。鬱っている場合ではない。

中性脂肪が高いのと、心電図引っかかってるのとは、まあ予測していたこと。 胃にポリープかい! 健康診断の結果は、思っているよりも悪かった。 実際太ってきてるのはよくわかる。 急激におばさんになってきた。 まあおばさんなんだけど、 やっぱり環境は大…

会社の愚痴。自分との戦い。我が道を探しきれない現実。ひとりごと。

いつの間にか文句しか言えなくなってる独り言ブログになってしまった。 好きな人のことをつらつら書き記していたはずなのに。 でも、どうもこうも、 自分の性格も邪魔して「我慢している」のが辛い。 絶対これ、私らしくないんだけど、どうしたらいいのか全…

家にいたくない病という持病

昔から家にいたくないタイプなのだ。 と言っても田舎暮らしの私には、中学生までは自分から出かける足がなく、でも父親が外出好きだったのでそれについていきまちの風景を見るのが楽しかった。 高校生で田舎の学校を選ばずあえて遠い学校に通ってたのが、家…

信じて疑わない「車の運転は性格が出る」

あおり運転で危険運転致死傷罪適用された事件、 有罪。 こんな事件が起こって裁判が始まってからも、あおり運転する人は減るどころか増加しているという。 あおって人を死なせているのに無罪になんてさせると、平気で危険運転する人がさらに増えそうで怖い。…

発信力の低下が目に見えてわかる

普通に会社員していてもまわりはアラセブンしかいない生活になって3カ月。 変化は、確実にある。 もうそんな生活忘れてた、と思うことばかりで、やっぱりつらい。 手書き文化をどうにか効率よくしたくていろんな説明を受けるけど、パソコンを使わないままの…