甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

会社で希望すること、切に希望する。

今日は、お給料日だった。 お給料日に合わせて、お昼のお弁当代や親睦会費が徴収される。 お給料から天引きされてもいいだろうはずのものたちが、現金で徴収される。 そう、 お給料が現金支給なのだ。 ちょっとしたアルバイト料だと現金でもいいんだろうけれ…

会話から昭和の匂いを感じる会社に入って思うこと

新しい会社はとても昭和の匂いのするところで、あれこれがっかりすることがたくさんある中で、一番いやなのが、お近づきの話題として年齢を聞かれること。 あたり障りなく「どこからきてるんですか」と聞かれ、 「いくつですか?」とくる。 1回目は濁す。 で…

平和な毎日だから思うことかもしれない

新しい会社に通う。 大阪という大好きな都会から離れた、下町の中にある工場を兼ねた事務所に通う。 「こんなはずじゃなかった」とはいうつもりはないけれど、もうオフィス街で働けないという気持ちが少しある。 経済的にも年齢的にももう余裕がないので、こ…

気持ちの余裕は経済的余裕があってこそ

随分いい歳になっているけれど、今日から正社員で働くことになった。 なかなか正社員ではとってもらないご時世、とてもありがたい。 昔は正社員で働いていて、制服を着てにっこり笑っていたらお給料がもらえる環境から抜け出したかったら辞めたんだけれど、…

涙を流すというのは体力を使うもんだ

ついに泣いてしまった。 いろんなことがイヤになって、ついに。 仲のいいおじさんとLINEしている時急に。別におじさんが原因ではない。 今の私の状況があまりに不安定だからだ。眺めのいいカフェでリラックスしていたはずなのに、泣いてしまう現実。 思って…

甘えられない

仲のいいおじさんは、私に甘えていいことをやんわり教えてくれる。 おじさんに、というより、人に。 今まで一人だったしこの先も一人だという気持ちもあり、また身近にいた男性は私には優しくはなかった。優しさってなに?て思うことはしばしばあったし、ち…

ヴィトンを持つ女

モノグラムの柄はあまりにも有名なルイヴィトンですが、久しぶりにその柄の鞄を立て続けに見ました。 どちらも昔のデザインではなく最近買ったような感じ。私は高級ブランドでもヴィトンはちょっとチャラいイメージで興味なくて、仲のいいおじさんが好きなブ…

台所まわりの掃除もしてみた

どうやら、だいぶ奥深い闇を持っていることを最近改めて自覚した私。 かなり重症な感じ。 自分で言えるようになったから、峠は越したと思っている。 とにかく私の闇を解くには、結局この4年かかっている。 引っ越したその日がスタート、どん底だったんだろ…

このままではダメだと何回も思い続けてきた

出かけていたら、偶然友達に会った。 以前はよくお茶のみにいったり色々と仲良くしていた年下の女友達。 最近は、彼女が都会の雑踏の中私を見つけてくれて再会するというのが年に一度くらいある。 今日も、彼女が私を見つけて声をかけてくれた。 彼女はお母…

4年ぶりに家でコーヒーを飲んだ

自分では気づかぬふりをしていたことを、改めて気づく。 引っ越して4年経つ家では、本当に寝るだけが中心だった。 別に忙しくなくても家にいる時は何もしない、という生活。 でも最近、仲のいいおじさんのおかげで少しだけまともになってきた。 自炊できる…

久しぶりに靴を買った。バーゲンで。

歩きやすいのと、さほど見た目を気にせず仕事していたのとで、ここ何年かパンプスを買うことがなかった。 一足だけ、なにかの時のために用意はあったけれど、滅多に履かないと足の様子も変わり痛くなって辛かった。 この前、おじさんにホテルランチに連れて…

年中乾燥は正直困る

今年の夏はエアコンフル活用。 おかげで、夏もしっかり乾燥を感じるように。 歳のせいかうつなのか、夜に目が覚めて水を飲む習慣がついた。朝は顔が微妙に痛くて起きる。 昔ほどお手入れに気を使わなくなって、さささと終わらせる。とりあえずは首とデコルテ…

考えすぎかと思うけれど、生かされてると実感した

先日、去年亡くなった上司が夢に出てきた。ああ、心配されてるのかと思った。 今経済的なピンチな上に、親の調子が良くない。しかも今私は知り合いの仕事をちょっと手伝ってはいるもののフリーなのだ。 時間があるのに、精神的に行動することにブレーキがか…

考えるために寝るという方法

「いやなことは寝て忘れる」 この言葉を無意識に実践している自分がいる この5年ほど、いやなことが目に見えて増えた。 加齢とともに穏やかな生活をするはずなのに、そうではないのがとても悔しい。 自分の思考がちょっと変わってると思っているので人と比…

おじさんのおかげで4年ぶりに家で米を食べた

今の家に引っ越してからもう四年になる。 引っ越さなくてもよかったのに!と多くの人に言われながら、また、もしかして自分でも無理やり引っ越しをしたかもしれないとも思いながら、あれから四年経った。 住みたい地域に必ずランクインするところで、高い家…

事件を見ると、年上彼女が珍しくない世の中になってきた

殺人事件はこの頃毎日のようにニュースになっているけど、 ごくたまに、とても歳の離れた男女の悲しい結末がある。 そう、最近は女性が年上なのだ。 あまりに殺人事件が多いので忘れてしまうけれど、 女性がはるか年上で、若い男性が関わっているものが結構…

ニンニク臭といびき

こんなタイトルだと、 男の話かと思うけど。 私の話。 先日から実家に帰っていて、実家で取れるニンニクが毎日炒め物なんかに入っていて、なんの用もないから平気で食べていた。 臭わないから大丈夫!という母の言葉を信じて。 勢いがついてしまい、ラーメン…

まわりは順調にがんばってるのが目に見えてわかる

たとえば、スタートした頃が同じ時期なら何年か経った今充実しているかどうかが、みんなわかりやすい形で教えてくれる。 例えば、ブログをずっと続けている人は名だたるブロガーになり、 Twitterでフォロワーが多くていつのまにか本出版したり個展開いたり、…

生涯のセックス回数て

私が漠然と思っていること。 独身だと、結婚してる人よりセックスしてるんじゃないか?と。 いや、全てがそうとは思わない。 長い結婚生活の中でセックスレスが多い中、きちんとコミュニケーションを取り合ってセックスしてる人もいるだろう。 独身でもセッ…

コーヒーが美味しくなったのか、美味しく感じる場所で飲むからか

お題「コーヒー」 最近コーヒーが美味しいお店が多い。 もっと昔はコーヒーはあまり好きではなかったのに、大人になったから(いや随分前から大人だけど)か、コーヒーを好んで飲むようにもなった。 私はコーヒーの美味しさはよくわからないのだけれど、美味…

お互いがうまくいくならそれでいい

おじさんとは仲良くしている。 おじさんは私を彼女と思って、 私はおじさんを、大切にしてくれる人と思っている。 彼氏では、ない。 おじさんは色々話してくれる。 子供のことや奥さんのこと、会社のことも少し。 聞いていると、結婚ということについて考え…

不安定な時の優しい言葉はやはりうれしい

ついに生理周期が狂ってきたのか、前回はついこの前だったのにもう来た。 初めは不正出血かと思ったけど、れっきとしたやつだった。 もう終わりが近づいてるのかと気にしながら毎月恐々過ごし、生理時の不安定さは変わらずで、体の変化を確認するのもなかな…

気持ちに余裕がないとテンションは上がりにくい

今日はめまいもするような日だった。 かなり忙しい職場に就いているけれど、同じ立場の派遣の人が同じスキルじゃないことにイライラがあって、毎日ストレス発散でお茶してから帰る。 今日もいつものようにお茶をしてからの帰り道に、LINEに連絡があった。 母…

人が来ることで気づいたこと

今の家に引っ越すまでは、基本的に自炊だし、キッチン用品は揃えて、食器も食事用は和食器をおやつ用に洋食器を揃えていた。 でも、今は、人も来ないから自分だけだし食器は最低限のもののみ。麺ものすら、煮物入れる器で代用するという感じ。 全く、どうで…

猛暑と更年期

暑すぎる。 お風呂の温度か?と思うような外気は、ホントに生命に危機を感じる暑さ。 絶対に油断できない。 小さい頃から汗かきの私は、この夏、恥ずかしくなくなった。 みんな、かなり汗をかいてるから。 同類がいれば気にならないのは、スポーツクラブで汗…

声の魔法

声がいい人がいる。 惹きつけられる声。 私は普段の話し声がいい人が好き。 歌が上手な人はいるけれど、歌わないとわからないしし、普段の声とはまた違う。 声優のような七変化の声色でもない。 あくまで普段の声。 落ち着いた少しだけ低めの声。 まあ、そん…

やる気があるのか毎日深夜に自問自答する

会社から帰ったら、何か勉強しよう。 毎日そう思う。 そして、毎日パソコンを開ける。 細かい設定なんかでいきつまる。読んでもわからない。 休憩。 休憩しているうちにうたた寝。 言い訳だけれど、会社で全力を尽くしてしまうので正直ばんごはん作って食べ…

更年期の体の変化を冷静に観察中

2年前に、生理がこない事件があった。 疑うべきことは、妊娠ではなくて、年齢からくる、いわゆる「あがった」かもしれないということだった。 ついにきたかと、精神的に不安定になったのを覚えている。いつもくるものがネガティブな結果なわけだから、女性は…

汗がほとばしる

それでなくても私は小さい頃から汗かきで、もしかしたら多汗症気味なのだけれど、年齢を重ねて更年期になると多くの女性が私のように汗をふきふきしてるのを見るから、自分だけ汗かいてるという焦りがなくなり、かなり安心して汗をかけるようになった。 多く…

誰かがいた方が絶対いいのだ

最近構ってくれるおじさんとは、毎日連絡をするようになった。 会わなくても、ちょっとSNSで連絡とかそういうゆるいやりとりが私には心地いい。 でも顔をみてのやりとりではないので文字だけでは解釈の違いがよくある。 もっといえば文字の解釈だけではない…