甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了。でも現在更年期と奮闘中

一人の寂しさを感じながら逃げる準備をする

地震のとき、誰かがそばにいるのは本当に心強かったけれど、 その後しばらく再度の地震が来ないかと緊迫状態の間、一人でいるというのは 思いの外、心細い。 何事もないと思えばそれでいいけれど、 やはり前例として、二、三日後というのが、油断できないと…

こんな時だから大切にしようと思える人がわかる

朝、地震があった。 ちょうど、シャワーを浴びて出ようとした時。 素っ裸だし、髪も濡れてる。 揺れは長かった。 マジか… 昔、会社のビルのトイレの最中に地震が来てびっくりしたことがあったけど、今回は おじさんと一緒にいた。 マジかー 揺れが収まって急…

お互いが好きでない話題を知らず知らずにしてしまうということ

最近仲のいいおじさんは、 ちょっとエッチな話しが好きみたい。 いや、男性ってそうなんだ。 特に、会ってなくても、文字で楽しむだけでも嬉しいみたい。 私は3ラリーしたら、もうそれに飽きる。 いや、もともとあまり誰ともメールなどのやり取りは短い方な…

生きてきた足跡の薄っぺらさが浮き彫りになった

仲良くしているおじさんは今までの私のことを聞いてくる。 どこに旅行したか。 どんな生活をしているのか。 どんな人と付き合ってきたのか。 彼はどう優しかったのか。 今までどんなエッチをしてきたのか。 まあ、下ネタ中心なので こいつエロいなと思って、…

負けるもんか。彼氏ができない分だけ仕事をがんばる

彼氏ではないし、上司でもないけれど、 仲良くしているおじさんがいる。 ちょっとした企業のちょっとしたお偉いさんだけど、 私には普通のおじさん。 おじさんと言ってしまうと、申し訳ない。 私とそんなに歳は変わらないから。 前も書いたけれど、 一緒にい…

意地で仕事をする。こんな自分がいることにびっくりしている

NGを出していた仕事内容の会社に、ちょっとばかり騙された感を持ちながら働きに行っているけれど、なんせとにかく忙しい。 トイレもみんな走って帰ってくる。 精一杯になるから、みんな声かけあっている。 そんな中、私は黙々とこなす。 少しだけ、ヤケにな…

わからない人には永遠にわからない。寂しい人生にしない生き方

ついに、既婚者と一晩過ごしてしまった。 アラシックスとういうのだろうか、オヤジと言われる世代の人と。 これは、どうしたものか。 不倫、か? ということで、不倫というものに対して考えてみた。 なんだろう、これは好きという感情ではない。 一緒にいて…

あれこれ起伏の激しい一日はいらない。

今日はトイレもしっかり我慢しておかなければならないような忙しさで、ちょっと怒られながら頑張った一日中だった。 仕方ない、まだはいってまもない「ペーペー」だから。 それにしても、派遣社員って大変だと思う。何年もそこで頑張っている社員と一緒に初…

全否定を感じてしまうくらい、この先に自信がない

ネガティブが襲ってくる。 年齢重ねるって、つらいなって、 それしか思わない。 だからって、若ければ。。。っていうわけじゃない。 もっと、若い時に先のことを考えて生きればよかった、と思う。 20代の頃はただ、平凡に過ぎていく毎日が当たり前のことの…

好きすぎた彼のことは、ずっと好きなまま

去年のブログを振り返ってみませんか?とメールがきたので 読んでみた。 chel2.hatenablog.com 去年の私。 とても幸せな内容を書いてる。 彼が帰ってきて、ふたりですごすほんの少しの時間。 仕事もがんばってたし、彼は私を見てくれていた。 なんて、 幸せ…

連休がまったく楽しめない

連休がまったく楽しめない。 バイト先で直面する現実。 若い子がいい。 できれば、素直でやりやすい子。 それが見え隠れする。 やりにくい。 そんなに若い子いいのかな? 若いのは、若いだけだから。とかばってくれる人もいるけれど、 でも、同じスキルなら…

シビアな現実だけど、食べていくってそういうもんだ。

この前からデスクトップパソコンに寿命が来たようで、使えなくなった。 なんとなく、悲しかった。 その気持ちが萎えないのに、ノートパソコンの調子が悪くなった。 ただ単に、バージョンアップすればよかったというのがオチだったのだけれど、 急に動かなく…

不器用な生き方なのでゴールデンウィークがつらい

自分に合う仕事って、たぶんある。 毎日楽しくすごせると思う。 それが、雇われていようが、自分で仕事しようが、 ひとそれぞれ。 お金の稼ぎ方なんて、いろいろあるのは知っていても、 力が入ってしまうのか、立ち止まってしまう。 頭痛なんてしない私が、…

女性ホルモンがまだがんばってる

生活することで精一杯になっていたのと仕事が楽しかったのとで、男に触れることはない毎日だったけど、このあいだセフレに会った。 1番の興味はボディメイクというセフレで、大して私のことはなんとも思っていないけどエッチするなら私とというわりには全く…

人の優しさに触れて泣かずにはいれない

変な人と言われてる人に、ビルの守衛さんに、ビルの管理会社の人に、取引先の重鎮に、取引先の社長に、会社の人に。 いろんな人に別れを惜しんでもらい、お別れ会や、プレゼントをもらった。 涙なしでは過ごせないくらい嬉しくて、がんばってきてよかったと…

がんばってる中年にひかりを。

最近よく聞くのは、 20代がなかなか勤務が続かないということ。思ってるイメージじゃなかったり、難しかったりしたら簡単に辞める。 というのが多くても、やはり今後もしかしたら会社を背負ってくれるかもしれない!という希望のもと若い人を採用する。 それ…

この現実を粛々と受け入れる

マツエクをした。 すごく久しぶりに、女子力つけた。 マツエクするだけで、冴えない顔に目ヂカラがついて明るくなる。 ちょっと嬉しくなる。 きっかけは、他社のお偉いさんにランチに誘ってもらったからで、上司と行くしきちんとしようと思うからだけど、こ…

どうなってるのかわからない自分の潜在意識

本日また突然やってきました。 鬱。 いや、更年期。 状況は悪くない、はずなのに、 突然やってくるのだ。 どっちでもいいけど、とにかく、立てない。 一日眠り姫になりました。 この時期フル回転している空気清浄機の音がたまに聞こえていたので、 一瞬浅い…

春の陽気とともにやってきたご褒美

先日、思いがけないことがあった。 もうすぐ今の仕事が終わるけれど、 終わると聞いた結構な企業の結構な役職の方からランチに誘っていただいた。 まあ、結構な役職の方なので、今後の関わりも考えて、 私だけにでなく、私の上司たちもお供でと断りがあった…

いつもと変わらないけれど、新年度が始まった

今朝は新年度スタート。 近くの大学で入学式があるのか、親と一緒の女子大生が駅から降りてきた。 中には両親揃ってたりして。 え、お父さん、今日会社休んでるの?ってびっくりしながらすれ違う。 いつもの電車に乗って、いつものようにいつもの駅に降りて …

いよいよ花粉がひどくなってきた

花粉症といえば、スギ花粉が多いけれど、 私は4月から多くなるヒノキ花粉がひどい。 検査ではスギもひっかかってるけれど、スギの頃1〜3月には反応しないので助かっている。 その分、ヒノキの頃になると一気に具合が悪くなる。 弱いところにでるというけ…

掃除をするって元気がでるもんだ(更年期の対処法)

更年期を戦うには、 自分のモチベーションをあげるしかない。 モチベーションをあげる、というか、今までの基準値に戻すっていう感じ。 いつもの自分に戻すために、今日は家の中の掃除をした。 昔から掃除は好きな方だったのに、今はまったくしなくなってい…

ひとりのベッドからでられない

大事な打ち合わせに行かなかった。 これはだいぶ 重症の鬱かもしれない。 最近頻繁に現れるので困る。 コントロールできない。 なにもしたくない なにもできない たちあがることすらできない から、トイレもいかない そばにおいているスマホでかろうじて連絡…

またひとつおばさんになった

私は3月生まれだ。 そう、またひとつ歳を取った。 春生まれというのも好きなんだけど、3月生まれというのはとても気に入っている。 なぜなら、 同い年のみんなより誕生日が遅いから。 そう、少しでも若くいれるというみみっちい気持ちがある。 これは今だ…

今日ももやもやしているくせに、ひとりが楽しくて仕方ない

宮沢りえさんと森田剛さんが結婚した。 5歳差。 まあ、5歳差とはよくあることだろうけど、 44歳と39歳と聞くと、なんとなくすごい上の人を選んでるように思ってしまった。 それにしても、芸能人の中の芸能人っていうイメージの宮沢りえさんと結婚する…

おばさん化がとまらない。

毎朝ブラジャーをつけるたびエストロゲンの減少を感じて、ああ早く彼ほしいなと思うばかり。 もう、どのブラジャーも余裕あって、買い換えなきゃいけない。でも、キツイから買い換えじゃなくて、ぶかぶかだからという理由がやはり女性としては寂しいから踏み…

ドタキャンの意味を自分に置き換えて考える

嗚咽感が。。。。 ごめんなさい。。 と、今日誕生日をお祝いしてあげようと思っていたメンズにドタキャンされた。 まあ、別に真剣にお祝いするつもりはなく、ただ近況報告で会うぐらいの気持ちだったので、店も決めてなかったし、ただお茶のつもりだった。 …

生まれ変わった時に出会えたらと、本気で思う。

その人とのこれからが見える? テレビドラマで、ハッとさせられた。 誰と、誰かと過ごすこれからの未来。 最近、もう子供も産めない年齢になってから 好きな人の子供を産みたいと思うようになってしまった。 でも、好きな人は、子供を産めない私を選ぶことは…

女性ホルモン低下を感じるようになった

中学の頃から私は胸が大きい人生を生きてきた。 時に、都会の雑踏の中で胸を揉まれて走り去られるという痴漢にもあったこともある。 制服のベストはスカートよりひとサイズあげるし、今でもどんな服も胸のボタンがいつのまにか外れる。 目立ってボーンてかん…

行楽日和。ゆっくりできたけれどすぐ現実に戻る

知り合いがフリーランスで仕事していて、ひとりではやっていけないくらいに儲かってる。うらやましい。 やはり手に職があるのは、儲かるのだ。 で、お手伝いにいっている。 私もちょっと勉強しようかと思ったけど、それどころではない仕事の下準備や請求書な…