読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独女のつぶやき

無理しないで生きる

なんだか悔しいことばかりの一年だったけど、楽しいことを諦めてないからね!

今年一年を振り返ってみて、いろんなことがあったすべての共通点は、

「なんだか悔しかった」ということ。

 

今年出会った人たちは、

私と出会っていいんですか?な人が多くて、

ずいぶん尻込みしながらも、

この出会いを活かさなければと、いろいろと考えたもんです。

 

今年の春は、

大好きだった人が、海外赴任で行ってしまいました。

お別れのことばは、「またいつか」。

すごく寂しい言葉にも思ったけれど、でもこれは彼なりのやさしさだったかなと思える言葉だった。

海外で自分の実力を試すこと、そして、英語のスキルをあげること、

私は何一つ反対することはなく、

むしろ、

ついておいでと言ってくれるのなら行きたいくらいだったけど。

むりやりなお別れな気がして、これは海外に行くと告られてから半年、そして行ってから半年の約一年間くすぶり続けていたこと。

 

それと、この前も書いた、

一流企業につとめてるがゆえ、

その人の魅力が好きだったのに足蹴にされてしまったこと。

これは、

私の存在レベルが低いのかと、かなり精神的にショックを受けた。

でも私は会社員でがんばることよりも、自分の人生を大切にしたいことを選んだので、たとえ

足蹴にされたとしても、それはもう次元が違うことだったのかと納得はできた。

 

あと、

普段の人間関係からくるもの。

結果的には私は大人対応をしたから収まったけれど、

大人対応ができなかった人もいて、わりとしこりの残る事件となってしまった。

これは、明らかに

わかる人にはわかる、本人には気づかない贔屓が原因であって、

まわりがどう思ってようが、きっと本人は気づかないんだと理解した。

 

いろいろと

「なんだか悔しかった」ことは今年多かったけど、

この冬に東京でイルミネーション一緒に見る予定の友達から

ドタキャンが入ったことが今は一番つらい。

 

終わりよければ、すべてよしがモットーな私ですので、

なにかいいこと、これからありますように。

 

お利口にしておくから、神様

よろしくお願いします。