読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独女のつぶやき

無理しないで生きる

リセットしても、出だしは毎年一緒の我が家のお正月。

新しい年になりました。

 

リセットのきっかけになって私はとても「新年」は好きです。

でも

お正月はあまり好きじゃない。

 

殿様気質の父親のために、

子供として当たり前だろうと言い張る「親孝行をわかってもらうため」の帰省をするからで、家族揃ってのお正月はとりあえずは全員集合でいいのだけれど、

朝から機嫌がいいときがないので、

お正月に笑って過ごせない。

 

最近は孫がいるので、またこれがややこしい。

孫はかわいいはずだけど、うるさいと鬱陶しくなるらしく機嫌が悪くなる。

おじいちゃんってすりすりしないと、機嫌が悪くなる。

 

今年の元日の朝は、みんなで協力して、

機嫌を損ねないようにしていたけれど、孫にまで協力をしてもらってなかったため、

孫に向かって雷が落ちた。

挨拶ができてなかったから。

 

名指しで大声でなじられた孫は、

みんながおじいちゃんに気を使ってることわかっているから

自分が場の雰囲気を壊してしまったと思ったようで、一人わからないように泣いていた。

 

あーあ。

なにか理由を見つけて、お正月を台無しにしているのは、

父親。

まだまだ小さい孫がかわくないのか?と不思議に思うのと、

機嫌悪いのを見ながらお正月を過ごす地獄。

 

とりあえず儀式の全員での食事は終わったので、

次の日にはみんな帰る。

父親は、そこでホッとする。

 

お正月は全員集合という儀式を作って、

子供がうるさい、落ち着かない、疲れたって訴える。

それなら、

自由にたのしいお正月を選択させてくれないかしら。

 

私も帰るからと言うと、車で送ってくれたけど、

箱根マラソン見るからと途中までだった。

 

本能に生きてるんだよね、これ。

 

 

みんなのことも好きにさせてくれたら

もっと、おじいちゃんの株が上がるのに。

 

毎年、親子だから似ている部分をお正月から分析しながら、

反面教師で気をつけようと誓うのであった。