甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

いろいろ考えるお年頃女子の会話に入りたい

不思議なことに、みんな自分の好みの人とつきあってないんだよねー

と、向かいに座る20代の女子2人の会話。

出会いがないよね、と切実。

結婚してる友達においては、みんなタイプじゃない人と結婚しているらしく、

なぜなんだろうと論議している。

 

そんな話、30代がすると思っていた。

 

そもそも、この20代の女子たちいくつだろう。

20歳の人と付き合うのはもう考えられない、33歳の男性は大人。

ということは、27、8なのかな。

一番彼氏とか結婚とか、体裁とかいろいろ考える時なんだろうな。

 

極力専業主婦がいいと熱弁。

そうか、時代は専業主婦が崇められるようになったのか。専業主婦ほど難しくて大変なものはないのに。

 

包容力があって、お金に困らない人と恋愛して、結婚後は仕事はしたくないし、気を使ったりするのいやだから話たくないから、家にいたいのよね、と力説。

 

仕事したくないとか人との関わりを断ちたいとかって、

家にいて子供産んでの世界だけだと、人との関わりはもっと狭く厳しいもんだってこと、わかってないよな。

結婚はスタートなんだからな。

 

いろいろと結婚について話ているけど、

ま、結婚していない私がいうのもなんだけど、

結婚は現実だから生活なんだよ。

生活するのに、イケメンは必要じゃない。世渡り上手な奴が絶対いい。

 

ずいぶん行き遅れている私と、

今売れ時のかわいこちゃんと、どのくらいのジェネレーションギャップがあるか、結婚に対しての考えの差があるかこっそり聞いてたけど、

女性としては

さほど変わりなかった。

 

これは大きな問題かもしれない。

もうすでに見た目からはじかれる私が、考え方は若い女子と同じだとダメだな。

シンデレラとかそんな、王子様がくることを考えれる訳ではないけれど、

なんだかもっと現実を見なければいけないな。

 

今日、誕生日だった。

いろんな人に会ったけど誰にも言わなかった。

おめでとうって言ってもらうのは、好きな人に言ってもらいたいという気持ちがあるから。

 

このへん、若い女子とどうなんだろ。

 

一人でもいいけど、おめでとう欲しいから臨時彼氏欲しいって、どうなんだろ!