読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独女のつぶやき

無理しないで生きる

ごちそうしてね、このあとのことはおまかせするから。

ある20代女性の

奢ってくれないとこまる、性的にみてほしいからという内容のブログを読んだ。

私の思考的には、拍手喝采だった。

そうだよ。

そうなんだよ。

 

お勘定の時に、

ごちそうしてね、この後何も言わずについていくからっていう気持ちで待ってたりするもんだよ。

そして、

あ、○○円ね、って切り出されたら、

はい終わり~ってどこかで考えながら払ってるんだよ。

 

 

逆に言うと、

性的に見てほしくない男性には、

いくら払えばいいかとしっかり言う。

しっかり聞く。

そして、きっちり払う。

フィフティフィフティですよ、私たち、それ以上ありませんよという気持ちを込めて。

 

あと、

食事はごちそうするから、今から行くお茶は出してね

というのも微妙。

 

 

お金を払うっていうのは、まわりをリードするっていう感覚があるので、

女性がお金を払ってる間の男性の腑抜け感というか、なんていうかだらしなさを感じて好きじゃない。

上司が部下にごちそうして支払している間の手持ちぶたさを思い出す。

 

あと、接待なんかだと、

接待された方はされたんだからと大きな顔をしているけれど、

お金を払ってもらってるというのは、なにかしらの見返りを求められてるものだから

上機嫌で終われないはずなんだよ。

 

特に女性からしたら、やみくもに男性と食事に行ってるわけじゃない。

仕事にしても、プライベートにしても。

だから、食事が終わると、その人が自分をどう見てるかが支払で明確にわかるような気がする。

 

でも、最近はごちそうされることがイヤな女性も多いのは確か。

潜在意識の中で、相手を拒否してるのかと思う。

そして、男性もごちそうできない人も多い。

さほど相手を大切に思ってないのかと思う。

 

いえることは、

女性は自分をどう見てくれているかっていうのは、

狩りをしてきたオスと同じ意味で、何かを与えてくれてこそだと思う。

それでこそ、愛せるしその人の子供も産んであげようと思うもので。

男性だって、狩りをしてきてメスに与えるのは、

自分の子孫を残す相手として大切にしたいからじゃないのかな。

 

払え!って声を大にして言うわけじゃない。

男らしいスマートさはそこだぜっていいたいだけ。

 

ずっと昔に、

同じビルに事務所がある弁護士のおじいさんと食事に行ったことがある。

そのおじいさんは、職業柄ごちそうしてもらうのは当たり前って感じで、

夜のお姉さんがいるようなところには個人的には行かない家飲みしかしない堅物な人だった。

そういう人は私は苦手だったけれど、

ある日びっくりすることを言われた。

 

食事に行ってお礼にお菓子を渡したら、

次に行った食事で、お菓子もらうのは困るから2000円下さいって。

なにも、私、おじいさんと食事行きたいって思ったことはないんだけど、

2000円払ってまで、今後一緒に行くわけないから!!

って思いながら支払い、

 

さらには、

ちょっと休んでいこう

と、耳を疑うような言葉を言われ、

なにもしないから。体洗うだけ。

って、

 

 

見下すにも甚だしい!!!

 

会社の関係もあるから、丁重にお断りしたけれど。

 

堅物を絵に描いたような弁護士という職業一筋のじいさんに

女にありつける珍しさからそんな誘い受け

2000円払って、エッチしてもらうバカがどこにいるっちゅうねん!

 

会社がらみだし、ま、よく話しかけてくれるから仲良くしてたけど、

その瞬間から、危険人物認定しましたからね。

親切にして後悔した感じでした。 

 

 

 

ま。

そういうとんでもない思い出があるから、

余計に

男性には

紳士的でいてほしいもんなんです。

 

あ、職業なんて関係ないですね。

その人の性格、女性を見る目にもよると思っています。 

 好きなタイプであればあるほど、

女性の気持ちをわかった上で行動してほしいものです。

 

 

男性が猫なで声で近づくんじゃなくて、

女性が猫なで声で近づいたら、大切に撫でてあげる。

そうであってほしい。

 

 

 

それが、

ごちそうしてくれなら、この後はおまかせ、ハート。

と女性に思わせることだと思ったりするんだよ。

 

 

私だって、

猫なで声勉強しなきゃいけないけどね。