甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

いくつ?と聞かれても答えない

最近、私の年齢に興味がある人が実はたくさんいるということを知って、

こういう話題いらんのに!と思いながらスルーしているけれど、

面白がって毎日のように聞かれるようになった。

 

まあ、ここ2年くらい歳を取ってるくせに徹夜したりしてるから、ぐんと老けた。

今日もそうだ。

目のあたりから疲れている。

それに、疲れるから休みは寝ている上、運動不足で筋肉がなくてぶよぶよだ。

 

今まではちょっと誇らしげに若さアピールできていたけれど、もうこんな状態では全然胸を張れない。

なので、年齢を聞かれても、年相応にしかみえないからなにもうれしくもない。

 

いくつ?

 

 

なぜ、私がいうのを渋るかというと、

今までうまくやっていた仕事環境が急に変わったら困るからだ。

だいたい、きっと私が上なので、楽しくやっていたのが、一歩下がって話されるのもやりにくくなる。

知ってどうするっていうのか?

やっと歳わかったよ!って話題になるだけだ。

敬語で話してくる人が増える(いや、ビジネスシーンだからみんな敬語だけど)から嫌なのに。

 

そう考えていたら、

今そばにいる、彼氏になるかどうかわからない仮氏には、感謝しかない。

こんなばばあと会ってくれるんだから。

私の年齢を知った上で会ってくれるんだから。

 

ばばあと思ってほしくないから、若くいようと思うけれど、

今日も徹夜してるもんだから、もう無理かもしれない。

ただただ、

私に会ってくれるのはありがとう!なんだ。

 

その仮氏のことは、

ちょっとだけ人にいいたいくらいの自慢がしたいんだけど、

いやこれは、

逆に引かれるかもしれないネタだから、仮氏との絆だけを大切にしておこう。

 

私だけじゃなくて、

多くの女性って、年齢言いたくないもんだ。

歳相応に生きるってのは、確かに正論だけど、でも年齢を言わなきゃ付き合えない人と付き合うつもりもない。

少なくとも、私をわかってくれる人とと仲良くしていきたい。

イケメンとも話がしたい。

数字の恐怖と戦ってるのは、実は本人であって、

年齢を言うも言わないも、戦ってるんだ。

老いには勝てない。

 

人に言って、老いと戦うか、

人に言わずに老いと戦うか。

 

「○歳なんですよ」「えー、若い!」って言われてやる気だすか、

寡黙に美を追求するか。

 

私は、人におべんちゃら言われながらがんばれないので、

やっぱり、年齢は言わない。

 

 

なので、今日も

質問をスルーする戦いに挑む。