独女のつぶやき

無理しないで生きる

長いお付き合いになるかもしれない

ここんところなんとなく調子が悪いと思っていたら、昨日ついに「痛い」という感覚に襲われた。

 

昨日は夕方からエステに行く予定で出かけたけれど、なんとなく行きたくなくなってキャンセルした。そのときは別に平気だった。

 

夜家に帰ったころには、なんだか腰回りが重たくなった。

おなかが痛くなってきたから手を当てたら異常に冷たい。へそ回りが氷のように冷たい。どおりでやる気も起きないわけだ。へその回りは気がめぐるところというからあたたかくなければいけない。

即座に貼るカイロを貼る。調子が悪いときの超お助けグッズ。薬よりも役に立つ。

ムシムシしているのに、氷のように冷たいおなかにはカイロは熱く感じず、これはやばいなと思いながら寝る。

途中もしくしくする腹痛でふと目が覚める。不安がよぎる。

日課にしようとしている朝のウォーキングはなんとなく行く気になれなかった。

たぶん行けたんだろうけど、気合いが入らない。

 

最近はやる気がないときに無理に気合いをいれても、さらにやる気が失せるので無理をしないことにしている。

 

結局、一日寝ていた。

おなかの具合は同じ。

 

・・・これが、更年期か。

 

更年期というものは、いつくるかわからない。最近は若くても更年期症状になるというから。なにが更年期というのかわからないけれど、このやる気がないのはそうなのかもしれない。

それよりもおなかが痛い。

 

気休めに夕方思い切って起きて、いつものウォーキングコースを歩いた。

テンションがあまり上がってないせいもあって、歩くスピードも遅い。

でも、ウォーキングってすごいなと思ったのは、歩くことに集中するから雑念がなくなる。どこか目的地に急いでるわけでもないので、ただ早めに歩いているだけで無になれる。そのうちおなかが痛いのも忘れて軽く走っていた。

 

でも、帰ってきたころにはまた痛い。

なんだろう、この痛み。

女性疾患か?

 

とにかくこの調子の悪さはもしかしたら今後の長いお付き合いになるような気がするのでしっかり自分をケアしてあげなきゃと思った。

 

体調が悪いとテンションも上がらないし、やる気も起こらないし、精神的にやられる。いつのまにかネガティブになってしまう。できないモードになってしまう。

まだまだ私は頑張らなきゃいけない。

 

無理をしないようにしよう。