甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

私でもカフェ店員なう。

最近、知り合いのカフェにお手伝いしに行っている。

普通に会社員している時の接客と、飲食の接客とは、客との距離が違う。

断然、飲食は目の前に客がいる。

 

しかも、そのカフェはとても流行っていて、開店前から閉店直前まで毎日長蛇の列。

トイレに行くのもままならない。

でも、

そのくらいの忙しさがあってこそ、わからないこともすぐに覚えるようになる。

必要に駆られるってこうなんだなって学習。

 

少人数スタッフであれこれやっているので、機転が利かなくてはならない。

すばやくいろんなことを、先を見て用意しておかなければならない。

飲食であっても、会社と同じだな。

準備は大切。

 

暑い時期はかき氷がよく売れるので、ソースもたくさん作らなければいけない。追加追加で何回も作っていたら覚えるようになる。

繰り返しって大切だなと学習。

 

あと、フルーツかき氷なので、フルーツをたくさん使う。

いろんなフルーツを食べれるように準備。おかげでフルーツの剥き方はうまくなった。

切ったあとの見栄えも全然違う。

飲食でも働ける?って勘違いしそうだ。

 

なにごとも挑戦なんだなってつくづく実感。

飲食が苦手だとは思っていないけれど、飲食もやりがいのあるものだと思う。

今までよりも知識が増えて、楽しい。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」

会社でも使うことはあっても、カフェでの言い方も若干違ってくる。

フレンドリーが大切。

 

水分を摂るだけでもせわしいけれど、

すごく勉強になっている。

 

「おいしかった」「また来ます」

感想を聞くとうれしい。

足を運んで待ってもらった分、喜んでもらえたのがうれしい。

 

いろんな生き方がある。

 

私の人生に参考になっている感じがする。