甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

寒い夜に思いだした、「似てる」人。

「芸能人に例えたら、どんなタイプ?」

「芸能人の誰に似てるって言われる?」

 

顔のイメージを考えたら、そんな質問になるけれど、

私は誰だったっけと考えた。

 

そういえば、私はいろんな人を挙げてもらった。

 

最近では、稲森いずみさん。

 

ん、なんとなくわからなくもない。

こじんまりしたパーツで、あんまり騒がしくないタイプ。

なにを考えてるのか、パッとわからない感じなところとか。

 

あんまり挙げても仕方ないので、自分で統計を取ってみると、

まあだいたい

明るくない。

 

ちょっと、アンニュイな、っていうか、

伏し目がちな。

振られた直後みたいな感じの、でもたくましく生きるぞって感じの。

女らしいんだけど、ちょっと男っぽさのある

 

独身。

 

 

あるいは、

 

 

結婚してたけど、別れた。

 

もしくは、

 

特に旦那さんとラブな感じではない、ビジネスライクなクールな関係。

 

 

って、いうタイプな人をわりといろいろ挙げてもらってた。

 

要は、しあわせを売りにしていないって人なんだよ!!!

 

 

 

 

 

 

ほんとに!もう。

 

 

だから、女優に似ているって言われても、

あんまりうれしくないんだよね。

まあ、簡単にいうと、聖子ちゃんじゃなくて明菜だよねーって言われてる感じ。

(わかってくれる?)

 

 

さっき、ふと田中美佐子さんのことを思い出して、検索してみた。

この人も挙げてもらったことがあって、かわいいし美しくて人気絶頂の時だったので、うれしかった。でもこの人も私にはどこか影があるように見える。

年下の売れない芸人と結婚したときはびっくりしたけれど、

でも、もしかしたら、私も超お金持ちでお金の心配が絶対いらないなら、好きな人と一緒になるために奮起するかもしれないし、

相手の人も誠実にがんばってるなら、相手選びとしては正解だったんだなと

ぼーっと考える。

 

結婚するとき、年上だというリスクを経済力でカバーするのが一番ベストなのかな。

 

できない。

 

私が結婚できない理由は、まだまだ結婚する状態にないからだと思っていて、

いつまでも自分の好きなようにしたい性格は、もしかしたら結婚できないのだろうかと悟ってきたりして。

大好きだった人に去られたのも、今会ってくれるメンズにいまいち遠慮がちなのも、

全部結婚相手にはふさわしくない年齢なんだろうなと

 

あきらめがちょっとある。

 

ふむ。

 

 

顔つきって、人生も似てくるのだろうか。。

 

 

寂しい顔していても、なんの得にもならないのに、

いつの間にか寂しい顔になっている。

 

たくましくなりたい。

 

たくましくなりたい。

 

呪文のように唱えながら、この急激な寒さに震える今夜。

冷えは老化する。

 

若さに逆効果なことばかりしてるな。

 

これでは

しあわせオーラがでてきやしない。

 

 

ひとりごと、今日もひとりごと。

寒い夜だよ。