甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

黙って許してほしい

先日、久しぶりに身近に結婚した人がいて披露パーティーがあった。

行く予定をしていた。

のに、行かなかった。

 

しあわせな2人にしあわせおすそ分けしてもらいたかったのに、行かなかった。

 

パーティーに行きたくないんじゃなくて、たぶんどんな用事でもいかなかった。

 

動きたくない病にかかってしまった。

 

両親の何十年目かの結婚記念のお祝いがあったらしいけど、私は知らないから行かなかったけど、もしかしたら、知ってても行かなかったかもしれない。

 

どうもこうも、

なにもしたくない。

 

明らかな

更年期なんだろう。

 

友達がFacebookに投稿している写真の向こうにいる知り合いたちは、みんな元気そう。楽しそう。

でも、ただ眺めているだけ。

 

いいや、私は。

 

ひがみでもないし、弱気でもない。

今私は違う場所にいる、ていう感じしかない。

 

自分勝手なのかな。

 

 

人のお祝いを喜べないなんて。

いや、喜んでるけど、動けない。

 

厄介だな、私。

 

 

今日は仕事が忙しくて、昼ごはんもそこそこに休憩時間返上しながらもくもくとこなしていった。

こういう時間は基本的にどうしようもない緊迫感があっても、楽しいし充実感すらある。

 

なんだろう、これ。

 

人に会いたくない?

いやいや、接客は好きなんだけど。

 

なんだろう。

 

大好きな人とも連絡なくても、やあいいやな感じで受け流せる。

楽な女?

 

いやいや、これ更年期障害なんだからね。どうしようもない。