読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おひとりさまA子の場合

がんばれ私。

森高千里さんにおおいに励まされる

結局、

前回のブログで

いろんなこと認めなければいけないのに、

chel2.hatenablog.com

 

ちょっと、「もう少し待ってほしかった」みたいな気持ちでいる。

なぜ、もう少し待ってなのか。

そう、

この先の人生にレギュラー出演してくれる人を見つけたかった。

安心できる相手を見つけたかった。

 

見つけるのは、今からでもいけるんじゃないのかと思う人は、

そこは、この妙齢の微妙な気持ちを分かってない!

29歳から30代になるときとか、

39歳から40になったときの、子供産むタイムリミット終了したみたいな気分になったときとか(語弊があると困るので繰り返しておくけれど、みたいな気分なので、タイムリミットではありません)

 

全然他人事で「若く見えるんだから、まだまだこれから子供(産むの)いけますよ!」って平気で言ってくる人にむかつくことよりも(いやいや、相手もいないのにいい加減なこといってほしくないんだよ)

もっと 

それよりも、もっと深い、

言葉にするのはちょっと難しい、

さみしいものがこころを占領してしまう。

 

 

年下の男性とも出会いたい。

でも、なんとなく

女卒業したとかいつか気付かれるのかなとか、

逆に女卒業したから都合のいい女にしかなれないとか

ちょっとネガティブな気持ちしない。

 

 ちょうど

リアルタイムで流れていたのが

アスタブランのマーシャル。

  

youtu.be

森高千里が口ずさんでる

 「うつむいた私をおいていこう」

 

 

そうだな、うつむかなくてもいい。

口ずさみながら、前を向くようにしている。

 

人からみればわからないことを

くよくよしても仕方ない。

そうだよな、

そうだよ。

 

あったかくして寝よ。