独女のつぶやき

無理しないで生きる

メンズのクリスマスイブが案外楽しそうにみえた

クリスマスイブ。

 

本日は、気を取り直してコーヒーショップにて

パソコン作業中。

念のために言うけれど、「気を取り直して」というのは

クリぼっちだからではない。

ちょっと、自分らしい生活に戻ったから、

なんとなく、自由な気分になってるから。

(振り返ってみると、そう思ってしまうほど苦しかったんだなと思う)

 

いつも行くところで、できるだけの時間を過ごす。

でも、本日、パリピにはかかせないイベント、クリスマスイブ。

空いているだろうと来てみたら。

 

案外メンズが多い。

お一人様のメンズではなく、プチ団体。

しかも酔ってない。

シラフでフツーに喋っている。

 

あれ、クリスマスイブだからって、別にカップルじゃなくっても

気にならないのか。

おばさん、びっくり中。

 

だってね、長居してるんだよみんな。

しかも楽しそうに話してる。

盛り上がってるし。

それが興味ありすぎる話で、つい聞き入るくらい。

女性の話かと思いきや、海外事情とかの話だけど

面白い。

おばさんもその話に入りたい!って思うくらいで、

しらんぷりしながら、そばで聞いてる。

若いメンズからすれば、

おばさんが夜にパソコン持ってクリスマスイブに作業するなよ!

って感じかもしれないけれど。

 

クリスマスまでに使わなきゃいけない、もう一杯無料サービスのチケットを使うために無理矢理2杯飲む。

誰とも会うことがないから、自分で使う。

しかし、同じものを2杯なのできつい。

注文する時に、2杯いけるものを頼んだけれど、2時間以上経ってもまだ1杯飲み切れてない。

 

というわけで、2杯手元に置いて、パソコン作業中。

「俺、35で会社辞めたいから」とまだ学生か、働き始めて浅いメンズたちが話す。

「いや、俺30(で会社辞めるのが)目標」とかいろいろすごいことを言っている。

 

「私は、今すぐにでも!」といいたいくらいな気持ちで作業中。

 

彼らは20代でそんなリタイアな話をしている。

自分が20代の時にはそんな発想はなかったし、そんな時代じゃなかった。

まだまだ働ける年齢なのに、リタイアってどういうことなんだろうって思ったもんだ。

でも今の時代は、リタイアを望む20代が多いこと。

いい時代になったのか。

いい時代だよ、

リタイアするということは、この先の長い人生に不安を持たずに

生きて行くという確信があってこそできる決断だから、

それを若くして実行できるという、時代の可能性を感じる。

 

恐れ多くも、私もそんな気持ちでいるけれど、

現実はまだまだ甘くない。

 

がんばれ、私。

 

この1年、とても目まぐるしかった。

いろんな人に会った分、いろんな出来事が起きた。

すっかり1年前の今頃のことが、もう何年も前かのように感じるくらい

遠い過去になってるほどで、自分でも驚きの1年だった。

激動の一年だっただけで、

自分の立ち位置がよくなったかというと

そうでもない。

 

状況は悪くない、と思う割には、

自分で一歩二歩が踏み出せてないのかもしれない。

いろんな人に会ったわりには、

なにを吸収したんだろうという感じ。

 

ダメだな。

 

でも、

いい訳だけど、

自分に向き合う時間が持てなかったというのが正直な感想。

 

この先の未来が

私にとって明るい未来になりますように。

そう思いながら、本日ひとりで2杯飲み物買って居座ってがんばってます。

 

クリスマスイブ。

毎年、こんなんだけど、

慣れた。

 

一緒に過ごす人がいる人は

いい夜を。

メリークリスマス。