独女のつぶやき

無理しないで生きる

今年の立春は好きな人のやさしさに触れた最高の日だった

明日帰るから

着いたら会おう。

 

そんな、ドラマみたいな言い方しないでよね。

好きな人が海外から帰ってくる前日に連絡がきた。

 

その時ちょっと寂しかっただけだろうと思って、冗談だと思っていたけれど、

どうやらLINEの会話が進むにつれ、

それこそ冗談かと思うような言葉がいろいろ出てきた。

 

もう、かれこれ2年は経ってしまった。

その間に彼は、何人かと付き合っていたんだろう。

私もその間に、好きになった人はいた。

 

でも彼は、

やっぱり私がいいと思った。

と言ってくれた。

 

一応、確認しておくけれど知ってると思うけど、私年上ですけど??

 

どちらかというと、あまり自分の気持ちを言葉にしない人だったのに、

会わない間にストレートに言えるようになったのかな、

それとも、口が上手になったのかな

でも、ここは素直になっておこう。

 

私が言った返事は、

 

やっぱりそうでしょ?

 

絶対に普段そんな返事はしないけど、

今しかないなと思って言ってみたら、

 

うん。

 

こけそうだった。

どういう風の吹き回しなんだろうって本当に不思議だったけど、

帰国の朝、ちゃんとおはようコールがあって、

本当に彼は、帰ってきてすぐに私に会ってくれた。

 

彼は、前よりも少し私に優しくなっていた。

なにがって言われてもわからないくらい、わずかだけど

私に見せる顔は、もしかしたら他の人には見せない顔かもしれない。

 

たぶん不器用ゆえ、思わせぶりなことはできないはずで、

どっちにしても、

日本に帰って、実際空港に降り立って、

会いたいって思ってくれたのは事実で。

 

最高ちがう???

 

 

夢見る夢子さん、

立春のスタートは、彼が私と会ってくれたという

好スタートを切ったわけです。

 

 

電車で横に座って、

私が先に降りなくてはならなくて、

一瞬でも手を繋いでほしかったから思い切って手を出してみたら、

俺はそんなタイプ違うから!って一蹴されたんだけどね、

ホームから彼に手を振ったら、

こっちみてうなづいてくれたところなんて、

これもまたドラマじゃん!

って

 

浮かれてます。

 

さ、明日もがんばろう。