独女のつぶやき

無理しないで生きる

密かにストレスと戦っていたなんて、ごめんよ私の体

この前の秋に健康診断をした。

結構悪い結果で、

生活習慣を改めなければと思っていた。

のに、なにも改善していなかったから、ついに体調不良かと

先日から焦りを感じているところ。

 

血液検査の結果。

若い先生は、神妙な顔。

え?

と思ったのもつかの間。

 

検査結果は、なにもないですね。

 

にこっとして言ってくれるわけでもなく

無表情ゆえ何か思うことがあるのかと勘繰る。

 

胃カメラ飲んでみますか?

まあ、改善していってるなら様子みましょう。

 

ということで、そのまま何もなく帰る。

 

何もなかったことに安心し、

家に帰ってからも、秋の結果と、その一年前の結果とを比べる。

 

二月になってから、本当に食べたいと思ってもいざ食べれなくて

でも食欲がないわけではない。

夜は温野菜ばかり汁物で食べる。

味を変えながらも、絶対に温野菜を食べる。

お昼はお弁当だけど、フライものはやめて魚。

間食は受け付けなくなったから、減った。

コーヒーも飲めなくなったから飲んでない。

それを続けてまだ一か月も経ってないけれど、採血の結果が

秋の結果よりもいい。

体調は今の方が悪いという自覚があるのに、

今の方が結果がいい。

 

どうしたんだろう。

採血した場所が違うとはいえ、そう大幅に違う結果にならないはず。

 

なにが、どう違うのかとみるけれど、

食生活を改善してる効果があるからか、

ずっと要注意だった血尿すら血尿になってなかった。

 

ちょっと

拍子抜け。

 

でも、これは、秋の私がどうかなってたってことかもしれない。

ずいぶん無理をしていたのかもしれない。

 

確かに無理はしていたけれど、

気持ちが高ぶっていたせいか、自覚はまったくなかった。

思い起こせば、あの生理があがってしまった事件もそのころで、

あがったのではなくて、なんらかの影響で止まってたんだった。

今まで絶対必ず毎月来ていた生理だったから、

もうあがったんだと、そりゃあ勘違いもする。

それだけ、なにかしらのストレスを受けていたということだ。

 

ああ、ごめんよ、私の体。

しんどいって思っていながらも、目をつぶってがんばっていたのかもしれない。

もう限界だというので、先日しんどくなったのかもしれない。

体は、本当に正直だった。

ごめんよ、私。

 

今回の血液検査は、これからの自分に希望を持てる結果だったので

食生活の改善をしながら、無理をしないようにしよう。

勉強もしなきゃならないけれど、今は体を元に戻すことから。

怒られそうだけど、好きなことを我慢したりしないようにしよう。

 

ごめんよ、私の体。