読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独女のつぶやき

無理しないで生きる

本当にいるものだけを持っていたいけど、結局はどれもいらないのかもしれない。

2年前の引越しでずいぶんいろんなものを処分した。

安く引き取ってもらったものもあるけれど、引越しまでに引き取り手がなかったものが

たくさんあって、仕方なく処分するはめになった。

引越しのごみを引き取りにきてもらった産廃業者がまだまだ使える椅子を使わせてほしいと申し出てきたくらいだった。

 

そりゃそうだ、部屋数が1部屋に大縮小になったんだから。

持ってきたくても、持ってこれないものばかりだったんだから。

まあ、思いきり過ぎて結局ストレスがたまってしまったのは大誤算すぎたけれど、

いろんなものを捨てて、場所も変えて、

自分自身を変えていこうという意気込みはあったわけで。

 

とにかく、必要最低限と思うものだけを持ってきて、

ベッドとパソコンを置く机だけ買った。

引っ越してからなにも変わりはない。

広い部屋にまた住むために、今はいらないという決意だけで住んでいる。

 

何もない。

何もないとはいえ、雑然としている部屋にいるのはよくない。

いらないものなんてない。

そう思いながら、今は動かしていない安く売るアプリを覗く。

それをきっかけに、安く処分できるのならまたやってみようと思い立つ。

もうひとつ売れるアプリをインストールして動かしてみた。

 

売値はとても安い。でも家で眠っていてももしかしたら捨てる運命だったものが

低額でも売れる。

もしや今、断捨離するタイミングかもしれない!

あれこれアップしてみると、結構売れて、要領もわかってきた。

いらないものはないと思っていたものも、

やっぱりいらないものだった。

引越しの時にしっかり厳選して持ってきたものだって、

今やいらないものになっている。

 

小さいものを処分しているだけなのに、部屋がすっきりしてみえてくる。

気分の問題って大きい。

次なに売ろうか。って思って見渡しても、

もうない。

 

もうないけど、1か月後にはもしかしたら処分対象になってるものも

あるかもしれない。

 

洋服専用の下取りサイトにも、着ない服を出す。

服は特に保管がよくなければ売れない。

汗かきだから、正直売れる服はない。コートぐらい。

 

どんどん持ち物が減ってくる。

高価なものはもうない。

高価なものがないというのは、正直なんか貧相な感じがして嫌だけど、

部屋が広く見える分、また新しいなにかが増えたらいい。

でも、

私は引っ越すことが目標だから、今はなにも買わない。

 

なんとなく

すっきりしてきた。

 

もう夜明けも近いかな。