独女のつぶやき

無理しないで生きる

よくわからないけど、私はけんかはしたくない

誕生日に母親がメールをくれて、

そのお礼の電話をかけた。

両親とももう結構な高齢だけど、私の声に母親は弾む声で答えてくれた。

電話の向こうから、これもまた弾む声で父親が元気な声で

お誕生日おめでとう!と叫んでくれていた。

 

二人にとっては、

私は初めての子供で、思い入れも強いんだろうなと

親の年齢になってますますそう思うようになってきて、

私の声で嬉しそうにしてくれると

私もうれしくなる半面、ちょっと切ない。

 

今日は休日だから、久しぶりにケーキでも食べに行こうと思い

前から行きたかったカフェに行ってみた。

 

あいにくの雨。

カフェの中はあたたかかった。

私が好きなウッディな店内だった。

二階もあると言われたので、二階にいくと誰もいなくて

素敵な空間をしばらくひとりで過ごす。

 

クラッシックが流れて、ゆったりとした時間が流れていた。

 

お客さんが入ってくるのがわかって、

二階に上がってきた。

男性の二人組。

誰もいないと思ってあがってきたんだろうと思う。

私は知らんぷりしてスマホを見ていた。

 

私が聞き耳を立ててないと分かった頃、

二人は家族の話をしだす。

 

嫁がキツイ、という話。

キツイ=怖い=どうしようもない

だいたいコーヒーを飲みながら男性群が話していることは

嫁の話なんだよね。

若い頃は女性の話題であっても、あの子がかわいいだとかだけれど

結婚したら、嫁の言うことがキツイ。なにもしてくれないというものばかり。

オモシロいほど、みんな同じ。

 

例外なく、この二人も

困ったもんだ、という話をしている。

会社でがんばって表彰されても、おめでとうの一言もなかった、と。

 

そんなもんなのか?結婚したら女性って・・・

 

こっちが驚く。

 

少なくとも、

入ったカフェは、閑静な住宅街にあって、

そこに来ているというのはそう遠くに住んでいないはずで

(私はわざわざ行ったけれど)

結構お金は持っているんじゃないのか?という環境で、そんな

すさんだことしか言えない奥さん?

ということは、旦那がいい人じゃないのか?

といろいろと想像を膨らませ、

目の前の旦那さんは別に普通に家庭を大事にしているように見えるけどなあと

チラ見みしながら、

 

結婚って、性格変わるんだろうか。

それとももともとそんな性格なのだろうか?

いやいや、本当は家庭環境悪いのかな?

 

結婚している人の、家庭への愚痴を聞くとなんだか

ひとりでいる私は、神様がわざとその環境に置かないようにしているのかと

思うこともある。

そんな荒んだ人間関係に耐えられないかもしれないと

そう判断されているのかもしれない。

そのくらい、

私は本当に今まで縁遠いままなのだ。

 

結婚生活はそんなかわいいもんじゃないんだなと

思い知らされるけれど、

所詮他人同士なんだから相手に期待してはいけないのに、

期待するからけんかするんだろうな。

 

そういえば、私の両親は

よくケンカしていた。

頭ごなしに父親は母親を𠮟りつけていた。

すっかり母親は父親にコントロールされている。

かわいそうな人生だと思ったこともあるけれど、

私の前では二人は仲良くしてくれるようになったのは

うれしい。

両親は、もう

けんかしながらも、一心同体なのかもしれない。

 

そんなことを思い巡らせると

 私は相手に期待しないから、

結婚にむずびつかないんだろうな。

冷めてるのかな。

 

 

嫁の愚痴をあまり言い過ぎたと思ったのかふたりの男性は

そそくさと帰る。

また、ひとりの時間になった。

 

 

ふと、

愚痴でもいいから

自分のことを話してくれる人がいてもいいんだけどな、と

ちょっと思いながら私も

お店を出た。