独女のつぶやき

無理しないで生きる

ピンチな時の対応でわかる相手の気持ち

誰かが亡くなると、いつも

 

この先の時間は悔いなく過ごそうと誓う。

 

悔いなく、というのはどういうことなのか。

 

好きに生きるということなんだろうか。

 

考える。むむむ。

 

 

 

先日の雨の日、東海道新幹線トラブルによる大幅遅延があったけれど、

その時私はまさに新幹線車中だった。

 

初めは雨による遅延だけだったのに、架線が切れて停電という絶望的に帰れない遅延になってしまい、結局新幹線の中で寝ることに。

初、新幹線泊。

 

すでに出発から遅延だったから、ある程度の覚悟はあったのと

あと普段から深夜まで起きているのとで、

あまり疲れは感じずに時間を過ごせたけれど、

 

考えてみたらね、

新幹線で寝なきゃならないなんて、大変なことなんだよね!!!

 

ふと、

思いだして、

何人かのメンズにlineしてみた。

 

帰れない。

新幹線で泊まる。

 

手短に説明をしたけれど、

誰もが

2回くらいのやりとりで、あとは既読にもならず。

 

深夜だから仕方ないか。と都合よく解釈してあきらめたけれど、

これも

 

考えてみたら、

ちょっと励ましてくれてもよくないか???

 

 

テレビのニュースでバンバン流れてるし、

なんせまったく動かないわけだからね?

 

 

もう真夜中になってくると、

とりあえず疲れないようにしんどくならないように体制整えて、

水を大切に飲んで。

 

 

無事に家に着いたのは、6時30分だった。

本当は、新幹線に乗った日の22時30分には家にいるはずだった。

出発が20時で(本当はもっと早い時間の予約)9時間新幹線に乗ってたわけで。

 

これ、

大変だったって、いっていいよね???

 

連絡したメンズたちは、帰り着いても

既読はするもののスルーなわけで、

こんなに信用ならん奴と今まで仲良くしていたのかと

自分にあきれてしまった次第です。

 

新幹線が遅れたことなんて、全然苦にならないくらい

車中泊したことなんて、全然疲れたうちに入らないと思うくらい、

自分の見る目にあきれて愕然としました。

 

一事が万事なんだよね。

 

彼らにとって、私は、どうでもいい人だったのかと

 

いや、大げさなこと言ってるわけではない。

知り合いのピンチに一言の励ましもないというのは、

大きな大きな意味が含まれていると思っているし、

これが、彼女に対してだとしたら、

なんて冷たい男なんだろうと、もっと自分の見る目を責めるところだ。

 

少なくとも、女性ってのは、

連絡する相手には、やさしくしてほしいと思っているんだし、

実際優しくしてほしい状況だから連絡してるんだよね。

ひとことでいいから、

 

大丈夫?

とか

がんばって

とか

ありきたりでいいから、

言ってほしかったのに。

 

相手に期待したらダメっていうのも、わかる。

でも、

状況が状況なので、

言葉は悪いけど、いい駆け引きになった。

 

 

 

あまりにも、がっかりして、

メンズに攻寄ってさらにがっかりするのもあほらしいから

今日は、毎年行く神社に行ってみた。

 

芽の輪くぐり。

悪縁を切る、この時期の祭事。

 

この茅の輪くぐりは、ここずっと効き目があるので、今年も信じて

くぐってきました。

 

 

 

さて、誰が縁切れるんだろう。

 

 

もし、私が本当に命にかかわることがあって、誰も

しらんぷりとか寂しいからね。

今のうちにはっきりさせないと。

 

 

そういう意味で、

今日の海老蔵さんの会見は、本当に愛を感じるすばらしい会見だったと思う。

一緒にいた時間はきっと深く濃い時間だったんだろうと思う。

 

そうしみじみ考えてみると

私が愛し合える人に巡り合えないのは、

もう仕方ないことなのか。

 

 

 

 せめて、いらない縁は切れてもいい。

せめて、悲しい気持ちにならないように過ごしたい。

 

 

 

今日のおみくじは、一番大吉。

神様が応援してくれてるように思えた。

 

大丈夫。

状況は悪くない。

 

いい内容だったから、切れるものには未練なく終わるよう

心づもりしておこう。