独女のつぶやき

無理しないで生きる

女性だけど、女性は怖いと思う その2

やきもちやきからウツになってしまうのは、女性側からしても思いがけない出来事だとは思うし、まさか自分がこんな事態になるなんてと思いながらももう引き返せない状況。

 

家族だけど、それ以上に

 

私の彼、旦那が

取られる

 

という勘違い

思い込み

が、現実になって

 

気持ちをどこに持っていけばわからなくなる人、たくさんいますよね。

 

私はこれもまた、

近くでみてしまいました。

 

男性の多いガテン系の会社に勤めていた私は、古い男尊女卑体質に悩まされながらも、年功序列でなんとかいいたいことは言える立場で働いていましたが、

 

ある日、天下りでやってきた人が私の直属の上司になりました。

よそからきた人は、会社のしがらみに共感してくれることが多く、その上司もよく理解してくれ聡明な方でした。

 

たまたま、引越した先が上司の最寄り駅だったのが、

 

 

事件の始まり。

 

 

 

基本、会社の人と会社以外で出会っても無視したいタイプで、会社ではしっかり仕事はするけれどそれ以外は勘弁してほしいんです。

 

でも、普段からかわいがってる部下が、

自分の駅に引っ越してきたとなるとうれしいですよね、普通。

 

 

 

うっかりしてました。

 

 

 

会社で会う、帰りもわりと一緒。

上司だから、勉強になるから、と思ってたけれど、

そのうち出世したいタイプの男性からはなんとなく目をつけられるし、

私自身が上司のくっつき虫ぶりが(私がくっついてるわけではない)うっとうしくなり・・・

 

ついには、私がストレスを感じるように。

 

たぶん、

私が上司の言うことに共感する(合わせているわけではない)から、他のわからずやな部下を相手するよりはるかにやりやすかったんだろうと思う。

そのために、あれこれと相談もされ、

初めはそれなりにがんばって答えていたけれど、

これって、私に相談する内容じゃないよね?と思うようになり。

 

 

直属の上司だから、できたらしたくないけれど、

もう限界がきて

避けるようになりました。

 

 

できるだけ喋らない。

むしろ返事もしない(呼ばれたら行くけれど)

 

 

そんなある日。

 

 

 

 

「ちょっと今から帰ってくる」

と、上司が急いで家に帰る準備をしているので、

聞いてみると、

「家内が、今から死ぬって」

 

 

 

 

 

え????????

 

 

 

 

 

 

「今から、踏切に行くっていうから、ちょっと帰ってくる!!まあ、詳しくはまた」

 

 

 

 

 

 

上司は、たしか次の日も休んだと思う。

特に何もびっくりする連絡はなかったので、あの後、

無事だったんだとホッとしたことを覚えている。

 

でも、その後、上司から聞く言葉はすべてが寝耳に水な話で

驚愕の事実だった。

 

誰かに聞いてもらいたいだろうと思ったし、奥さんがなぜ自殺を考えたのかを知りたかったのもあったから聞いてみた。

 

ちょっと前から様子がおかしくて。

帰ったら電気ついてない中にポツンといる日が多くなって。

 

 

どうやら、奥さんはうつ病を発症していたみたいだった。

 

 

ただ、うつ病は突然起こるものではなくて、積もり積もったものが

一気にあふれ出る感じだから、

それまでに、なにか原因があったわけです。

 

その、

原因のひとつが。

 

 

そう。

 

 

 

私だったそうで。

 

 

 

 

 

 

 

かわいがってる部下として奥さんによく話していたらしく、

天下りガテン系の会社に来たとはいえ、女性の部下の話をするのが初めてで

奥さんはこころよく思って聞いてなかったみたい。

 

しかも、同じ駅に引っ越してきて、

夜ごはんは家で食べなくなったとなると、

 

 

怪しむよね。。。。

 

 

 

 

 

 

上司は仕事一筋で生きてきた人で、家庭を顧みなかったタイプだということも手伝って、恨みつらみを書いたノートも見つかったらしく、

そこには、

私のことも書いてたようでした。

 

 

 

 

ひととおり聞き終わった頃から、

上司は会社を休みがちになり、どんどんひどくなる奥さんの奇行に付き合い、

たまに出社した姿は疲れ切ってました。

しまいには、奥さんは精神病を扱う病院に入院。

 

 

積極的に友達と会って、旅行もお構いなく好きに行ってたのに。

と、あまりの変貌ぶりに本当に上司も言葉にならないようで、

でも、

私は、

どうすることもできないし。

 

 

結局、奥さんは入院したままで、

その後どうなったかを聞くまでもなく、出社しないまま上司は会社を辞めていきました。

 

 

 

仕事熱心で頑固な旦那さんに仕えていたのに、どこかなにかが報われないと感じながら生きていた奥さんだったんじゃないかなと思います。

うつになって、まだ家で生活している時は、介護は上司がしなければ受け付けなかったそうです。さみしかったんでしょう、きっと。

 

 

改めていうと、

私は、なにも後ろめたいことはしていません。

むしろ、男尊女卑の会社でほかの社員の手前、私だって気を使ってたんだから。

仕事がんばりたいって思っても、その上司だけの力ではどうしようもない昔体質の生き方、社風には叶いっこないのはわかってるから、どうすることも

できなかったし、これ以上私はスキルアップは無理だと思ったのが正直なところです。

 

 

多くの女性は、特に結婚している女性は、仕事上でも旦那さんのまわりに女性がいることをとても毛嫌いすることがよくわかりました。

どれだけ歳が離れている部下であっても、女性であるというだけでNGなんだと痛感しました。

 

なぜ、私は初めにわからなかったか?

 

私の両親は会社の部下を家に呼んでホームパーティーしたり、とにかくオープンだったからだと思います。部下と上司の関係は家族ぐるみでのお付き合いなんだと小さいころから思っていたからです。

 

 

 

 

だから、上司と二人でごはん行っても気にならなかった。

上司が私をかわいがるのも、部下だからだと、男尊女卑の会社で他の男性社員と同じ扱いをしてくれる貴重な人物だったんです。

 

 

 

奥さんが、うつになった原因のひとつに私が入っていたのは

心外と思えるくらい、いい気分ではない話だけれど、

 

それだけ、女性は旦那さんを大切にし、

好きや嫌いを通り越して、家族としてこの生活を保ちたいと切実に思ってるわけです。

 

 

私は独身なので、家族を持つ気持ちがわからないけれど、

女性は、歳をとるごとに保守的になるし、この先の老後を考えたら

今まで築き上げた家庭に部外者が入ってくることに怯えてるのかもしれない。

 

 

 

 

もともと、私は既婚者にはまるきり興味がないし、

興味がない理由として、しあわせな家庭を壊すつもりなど毛頭ない。

 

 

とばっちり。

 

 

 

ホント、とばっちり。

 

 

 

 もっとかわいくしたらいいいのにと言われるくらい、色気もなく仕事していたのに、

女性が原因で奥さんが病気になったなんてね、

そんなん、知らんわ!って

感じです。