甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

したい、ではなく、する、ということが大切だった

起業している知り合いが仕事が忙しすぎるというので、

たまに手伝いにいってる。

彼女はたぶんだけど一年くらい前から仕事が軌道に乗って、

住まいの近所に事務所を構えてるのに、家に帰れず事務所で寝泊まりしている。

 

頑張り屋さんなのだ。

 

でも、ふと彼氏がほしくなったみたいで、

結婚相談所に相談して、お見合いをして、

あれあれあれ???

っていう間に、

婚約したのだ。

 

30代。まだまだ若い。

でも、結婚となると、特に結婚相談所などに登録している男性の条件は、

子供が産める年齢が求められる。

 

起業していて30代後半で、

子供はまだ可能性がある。

 

そんな女性を希望していた人と、すぐに出会えたという。

 

実際女性の30代後半はあまり需要がないらしく、

苦戦を覚悟だったそうで、

結婚相談所に入会して2カ月で結婚が決まるのも早すぎるくらい早く、

彼女はやはり

今年はついていたようだ。

 

そんな、うまい具合にいくこともあるんだと、正直、驚くばかり。

 

いろいろと話を聞いていて、、

「結婚したい、んじゃなくて、

結婚するって決めたから早かったんです」

の一言は、

 

結婚だけに限らず、

いろんなことに通じることだなと

ずんと心に響いた。

 

したいって希望ばかりではダメなんだな。

動かなきゃだめなんだな。

 

 

今の自分ではダメだなと、

優先順位としては結婚かもしれないけれど、やはり

仕事面でそう感じてしまう。

 

もっと動かなきゃ。

もっとがんばらなきゃ。

話の途中で、仕事の話にそれた時に、

余裕のある彼女は、

「都会で働いているだけですごいと思うけど」

と言った。

 

 

そ、そうなの????

 

 

単純に

あ、そうか。

と自分に納得できる一言だった。

 

私だって、がんばってたんだった。

ちょっと、気分も楽になった。

 

結婚せずにがんばるって、

自由にいれる分、自分がすべてだから。

わかってるくせに、

ちょっと不安だった。

 

 

安心したら、先に言われた

したいではなくてする。ということを思いだした。

30代の彼女はしっかりしているので、

結局いろいろ教えてもらってる感がある。

 

 

もっと積極的にしなければと思いつつも、

やっぱりそれが仕事に向けてだから、まだまだ

私は結婚しない。

 

残念ながら、

私にとって結婚はまだ先なんだろうな。

って、

先って、

これから年老いていくのに、

一体いつだ??笑