甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

傷心中の連絡に答えるか答えないか

未練がましく好きだった人のことを綴るけれど、

 

私はまあ、身持ちはあまり固くないかもしれない。

 

妙齢ともなると、体の関係はちょっと。。。とかいうような初々しい気持ちでいると

時間がどんどん過ぎて行くだけだから、

できるだけ来るもの拒まずな感じでいる。

 

年齢とともに好き嫌いははっきりしてきてるので、

あわない人とまでいろんなことはしないけれど。

 

 

で、体の関係だけの人はいるわけです。

 

なぜか、妙齢になってから。

 

若い頃は、浮気とかする暇もなく好きな人だけだったし、

同時進行はなかったし、

間違って寝てしまったとしても完全に遊びで全く記憶にないわけです。

 

随分前からとっても若いセフレがいるけれど、

若すぎて、本当に連絡もないし、連絡あったとしてももう会う打ち合わせのみ。

あまりに青すぎて、放置するしかない。

 

ほかにも、俺はセフレだろ?って人もいるけれど、

私にとってのセフレの定義は、

 

 

 

大人な関係を築ける人なのだ。

 

 

大人な関係というのは、体の関係ではない。

 

 

大人な対応ができる人。

 

 

まあ、女性の気持ちをうまくくすぐれる人といっていいかもしれない。

 

 

たとえ、セフレであっても、

俺のセフレはこんないい女なんだという自負を持っていてほしいわけです。

 

ただのやりマンだから、

俺がやりたい時にやらせてくれるだけでいいんだ!ってのは、

相手の女性からしても、大した男じゃないというレッテルが張られているということ。

しょうもない男に抱かれたくはないっていうのは女性の本能だと思うのです。

 

なので、

彼女でなくっても、

女性として大切に扱える人こそが、女性にモテるんだと思うんです。

そんな男性には、女性もついていくんですよね。

抱いてほしいと思うんだと思うんですよね。

 

でも、女性を大切にする人って

あまりいない気がするんです。

 

セフレはセフレだから

それだけでいいんだというのって、

ホント欲求だけが先立つから若さゆえ。

 

年齢を重ねて落ち着いてくると、体だけじゃなくなるわけですよ。

もちろん、若いころのような性欲はなくなるから、

一緒にいる時間は体を重ねるだけじゃなくてもいいんです。

男性からしたら、それ重いから。と思うかもしれないけれど、

飲屋街でホステスの女性とちゃんと向き合える方たちは

それ、できるんじゃないかと思うんですよ。

 

と、いうことは、

経済的立場的に優位な人だろって?

いえ、私が思うに、性格と経験だと思います。

 

好きだった人は

歳をとれば、それが出来そうな人だった。

ていうか、まだ若いのに私をつなぎ止めておこうという男気を感じたわけです。

私の見る目は結構自信があるから、

たぶんおじさんになったら素敵になるだろうと

そんな素質が見えるからこそ、大好きだったのかもしれません。

 

別れないでいようという言葉を違う言葉で言ってくれてたわけですが、

私は今、

まだ先の話なのに、二番手になりたくないという

プライドが大きくなってしまったわけです。

彼にとっての二番手はイヤだということです。

 

女ってそうだと思う。

好きな男にとっての一番でありたいというのは、

子供を身ごもる女性の本能だと思うから、

仕方ないこと。

 

なぜ、

そんな話をしたかというと、

ただ寝たいだけのセフレが連絡してきたから。

 

今傷心中だということなんて、どうだっていいわけですよ。

うっぷんをはらしたいだけで連絡してくる。

 

 

会うわけないだろ!ってんだよ!!