甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

若い子の見本ってなに

今、日本は災害がいつどこで起こるかわかない。

 

この台風で、改めて思ったこと。

 

「台風接近しているので休みます」と任意でしているバイト先に申告したら、

怒られて、「若い子の見本にならないと!」と言われたけれど。

 

若い子を信用していないからそんな言葉が出てくるのであって、

 

本来、見本にならないといけないのは、

「災害に備える」という気持ちだと思う。

 

それこそ、若い子ほど、

「このくらいの雨だし」とか「自分は大丈夫」とたかをくくって

さほどなんともないと油断をしてしまいがち。

天災というものは、思わぬところからくるものだから、備えあれば憂いなしで

日頃の心がけが必要となる。

もちろん、私も日頃すごく気をつけているかというとそうでもない。

大したことがないと思ってしまう方だ。

でも、

任意でまじめに通っている私が「休みたい」と言っている言葉を、

いかにも1日で辞めてしまうような若い女の子と同じような調子で

「なに言ってるの?」と

「災害なんてこないから」と若い子たちが考えるような感覚で怒られるのは

絶対的にお門違いではないか。

 

もちろん、天気予報でも台風がまだまだ接近していない時に言うのはどうかと思うけれど、天気予報を見ても接近しているし、電車も前日から停まる予告をしているわけで。

そこを配慮できないというのは、どんな優秀なスタッフを引き抜いてきたとしても続かないだろうとさえ思ってしまう。

客商売は、もちろんお客様がすべてであってもスタッフの協力でできあがる店なのだし、一般的な会社であってもこれだけネット社会になっている今、暴風雨のなか這ってまで会社に来いというような時代ではない。

 

出勤が難しいという申告を怒るのは、雇う側としては私は失格だと改めて思った。

大勢ですすめているプロジェクトで、その日でないとダメなことならともかくだ。

 

甘えだというのかもしれないけれど、

今訴えたいのは、天災の場合。

それが、水害になっていくかもしれないし、建物が壊れるかもしれないという台風の場合。

 

雨の中、出て行くのか?というところなのだ。

 

 

そこまでして、自分は必要とされているかというと

絶対そうではないのがわかるだけに、声を大にしていいたいわけです。

自分のことを必要としているのは、他人ではなく、自分。

自分以外だとしても家族までだと思う。

 

こういう時に、自分自身を大切にしないといけないのが

よくわかった。

私は、人に構い過ぎなのかもしれないと思った。

 

自分を大切に。

 

これも、この台風で、暴風雨の中歩いた時に感じたこと。

 

若い子の見本なんて、

今どき、なにが基準なのかなんてわからない。

近くにいる若い子が、見習いたい部分は勝手に見習うだろうし、

別にあれこれ構わなくても習いたかったら聞いてくる。

むしろ、私は今の時代に生きている若い子の

感覚を勉強したいくらいだよ。

 

もちろん、

相手は私をおばさんと思って見ているわけだから、

ちょっとくらいは胸張らないといけませんけどね。