甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

なによりハードな高齢出産での子育てにエールを

私は子供を産んだことはない。

 

産む予定もなく、

もう産めない年齢になってきた。

たぶん、もう産まないと思う。

産めない。

 

独身で結婚すらしていないのに、

子供なんて産めるはずないじゃん!ってところです。

 

それを知った上で、慰めのように

「まだまだいけるよ」という無神経な言葉は一番いらつくし、

それならあなたは今(この年齢で)産めるんですか?と意地悪を言いたくなる。

そんな人に限って「私はもう」と返す訳です。

 

「私はもう」と思っている時点で、

「まだまだいける」じゃなくて「もういけない」んです。

 

なので、

子供を産んでいない人に向かって

無神経に「女」の部分に助け舟を入れなくてもいい。

 

私みたいに、

もう産まないと決意していると、

その重圧も軽くなってきているものですが、

不妊治療や、高齢出産を考えている人は、人一倍いろいろ考えて、

いろいろチャレンジして、人には言えない努力を精一杯しているはずで、

それはそれは、簡単には言えないことばかりだと思っているんです。

子供が欲しいという気持ちが強くなければ、絶対やり遂げれないことで、

さらに、高齢出産をしてからの子育てというのは、

若いうちのそれとは何倍も大変なんですよ。

 

妙齢になってきたら体が重たくなったり

動作がちょっとずつ違ってくるので、キビキビした対応ができない。

子供を産んでいない私でさえ、

認めたくない「老化」を感じることがあるんです。

それを自覚しながら、子育てという年中無休の重労働は、本当に大変で、

会社で働いているたら休めるだろうけれど、眠る時間もままならない毎日。

 

私には、到底できないことなので、

子育てをしている人、

しかも高齢出産をした人は

こころから尊敬するくらいなんです。

 

 

それに、歳の離れた上司と部下みたいな年齢差のママ友とも

仲良くやっていかなきゃいけない。

一緒にいると、年齢の違いが、子供をあやす動作なんかででてきたりする。

それでなくても、年齢差を疎ましく思われるかもしれないというちょっとした不安も

きっとあるでしょう。

子供の年齢で付合うよりも自分の年齢で付合う人という人が、いないわけではないですから。

 

高齢出産が多いとはいえ、

高齢出産をした人の身近には何人もいるような状態ではないはずですから、

同じ状況での人がいないと、不安も募るんじゃないかと思います。

 

 

すべて、私の推測であり、想像だけのことだけど、

少なくとも、子育てはとても大変だし、産んでない私が語ることではない。

なので、

同世代でがんばって高齢出産をした人の日常を

もう少しだけ近くの人が理解してあげれたらと思うばかりです。

 

 

えらそうなこと言ってしまいましたが、

私は子供も産まずふらふらしています。

弟の嫁が出て行ったので、お母さんもどきはしていても、本当のお母さんではないし、十分なことをそばにいてしているわけではない。

それだけでも子育ては大変だなと痛感するし、日頃男親ひとりで育てている弟ですら尊敬していますから。

 

私は家庭や子供を持たない分、人生にはいろんな試練が待っていると

そう思いながら生きています。

子供を持って親になった試練よりはだいぶ楽かもしれないと思いながら

生きています。

 

・・・きっかけがあったら、産みたかったと思いながら。