甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了。でも現在更年期と奮闘中

ムダ遣いするなら、おいしいものを食べたい!

お題「ムダ遣い」

 

節約というよりも、

お金を使わない(と決めた)生活をするようになって、

買わなくなったものは、

断然「洋服」

 

いかにムダ遣いしていたかを実感する。

 

かの、アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ

黒のタートルネックにジーンズ、足下はスニーカーというスタイルだったことは有名ですが、

一般相対性理論で有名なアインシュタインは、

毎朝何を着るかを決めるのは時間の無駄だと考えて、

同じスーツの別モデルを複数持ち、靴下を履かず、髪もセットしないことを貫くという徹底ぶりだったようです。

 

そして、記憶に新しい前アメリカ大統領のバラク・オバマも、同じようなスーツを身に着けていました。

他に決断を下すことが山ほどあるから。という理由は、とてもうなずけるものでした。

 

 

 

そう考えると、

洋服は、特にあれこれ持っていなくてもいいんじゃないかと思うようになったのです。

もちろん、この寒い時にやせ我慢して薄着をしたところで

いいことはないし、

この前のように、きちんとした正装をしなければならない時は、正装がいいんです。

それ以外の普段は、特におしゃれしてなくても、

自分に合うものを着ていればいいんじゃないかと思うようになりました。

 

 

お金を使わないようにするという大前提があるから

そう思うだけかもしれませんが、

もし、

お金があって

逆に「ムダ遣い」をするなら、

 

断然、食べ物にムダ遣いしたいです。

 

旬の食べ物、産地の食べ物、なかなか手に入らないもの、

食べてなくなってしまうけれど、食べることってしあわせを感じるものだから、

そんなムダ遣いはたくさんしたいと思うところです。