甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

好きは好きで我慢しない

上司が亡くなった日、一日中なんとなく落ち着かないし、なんだか集中できないし、泣きたいし、それに誰かと喋って気晴らしがしたかった。

 

でも、会う人いないし、会いたい人いないし。

 

どうしようもなく、いつもと違う夜を過ごしたかった。

でも、変化のない夜で、なんかやるせなくなんともできない。

 

ふと、好きだった人を思い出す。

どストライクで、好きすぎて、あいどるみたいに好きという気持ちだけで充分だった。

 

上司は、思いがけなく命を落としてしまったので、そう思うと、

彼を諦めなくても、前みたいに好きという気持ちだけでいいと思い直せた。

 

そう思うと、いつのまにか連絡していた。

やっぱり好きだから、ずっと我慢してたのを今更ながら実感してなんだか笑えた。もしかしたら返事はないかも、そう思いながら。

 

でも、彼は私の期待どおりの答えで割と早い返事をくれた。

 

彼はなにも言わない。

私も言わない。

二人ともたぶん、このままずっとこうなんだろうなと思ってるはずなのだ。

 だから、また切れた糸を繋げてくれた。

 

上司の死は受け入れがたく、人生なにがあるかわからないことを学んだ。

自分からさよならしなくてもいいんだ。

縁のある人は、そばにいてもらう。

 

彼が許してくれたのは、それをすでに感じていたのかとちょっと過信気味に考える。