甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

受け入れがたい現実から背くためにしていることは、自分を余計に傷つけることだった

たぶん、私は結構ショックをうけている。

 

自分の今の状況を、なにかでごまかしていたいと思っている。

 

上司が亡くなった。

 

好きな人に連絡した。

 

上司が亡くなって、寂しくなったから好きな人に連絡したというのもあるけれど、

 

ふと、自己分析して、

 

上司が亡くなったことを紛らわしたいから、好きな人に、

 

もう、こっちを向いてくれることはないのに、連絡している。

 

寂しくなることわかっているのに、連絡している。

 

 

返事はしてくれたけど、それ以上はない。

 

そんなことわかっていたのに、連絡して、わざわざ傷ついている。

 

 

 

 

わかりきったことをしている自分を振り返ったら、

 

私は、この上司の死でやりきれない気持ちを、

好きな人に振られたそれに置き換えて、紛らしてる。

 

なんとも、安直な。

 

 

 

 

彼は、もう、私のことなんて忘れていたと思うのに、

私が連絡したからたまたま返事してくれただけだ。

 

そんなこと、私はわかっているし、ホントにありがたい。

 

私は、それに付け込んで、もう少し甘えたかったのだ。

 

 

現実を紛らしたくて、その上に、さらに現実を紛らわそうとした。

 

 

ショックなのは、本来、好きな人にフラれたからではない。

 

受け入れたくない事実を、好きな人にフラれたことにすり替えてる。

 

 

 

 

 

まだ、ひとりになると、なんとなく耐え難く、

誰かと喋りたくなる。

 

これは、ひとりで生きていく上で、克服しなければならない現実。

悲しくても、つらくても、ひとりで乗り越えていかないといけない。

 

 

すでにフラれていることをわかっているのに、

紛らすために、またフラれてる。

 

バカだ。

 

バカだけど、

それしかできない現状かもしれない。

 

こんなに、現実を受け入れることが苦しいと思わなかった。

 

久しぶりにアルコールに頼る。

 

酔っていても、現実は現実。

 

情けない。強くなれない自分。