甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

焦っている自分に気付いたから、また思うことが増えた

ふと、

自分はなにか、焦っているということを思い出した。

 

そう、2年ぐらい前から、ずっとなにか焦っている。

 

思いだした。

なぜ焦っているかというと、

 

たぶん、年齢がそうさせているのかと思う。

 

生理が上がるかもしれないっていうあたりから、そう思ってるのかもしれない。

 

仕事に対して。

 

生活に対して。

 

自分の女の部分に対して。

 

親に対して。

 

そもそも、自分のこの先の寿命に対して。

 

 

 

とにかく、

仕事を立て直ししなければならない。

 

私は、ものすごく、ノーマルな会社員然とした考えが根強いのか、

どうしても、パソコンで食べていくという作業が上手くいかない。

雇われている方が楽と心の底で思っているのかもしれない。

いざ、社会に自分だけでチャレンジしたところ、なにもできないことを思い知らされる。

そんなこと、簡単だという人もまわりには多いし、

努力が足りないって言われるし感じるし、

考え方が違うって言われる。

 

 

そこを変えていかなきゃいけない。

 

変えていかなきゃいけないのは、仕事に対しての取組み方だけではなく、

恋愛に対してもそうかもしれない。

 

恋愛に対しては、正直どうしたらいいのか、こんなおばさんになっていても

よくわからない。

 

ただ、恋愛をすることで仕事もうまくいくし、

仕事もうまくいくといい恋愛が来る気がする。

 

 

 

焦っている理由は、主にこの、仕事と恋愛なのだけれど、

やはり体力が若くないことを警告してくるし、

鏡に映る自分の裸体は、早く誰か捕まえないと枯れていくぞと訴えてる。

 

しかも、

親が高齢になってくると、

親のことも心配だけれど、親の身内の不幸があった場合も

いろいろ物入りになってくる。

どんどん年齢を重ねると物入りになっていくことを思うと、

自分の人生だからといって、のんきにぎりぎりの生活をしていては

なにも親孝行ができない。

 

とにかく、

焦っている自分に深呼吸して、

落ち着いて考えていかなきゃいけないのに、

焦ってしまう。

とにかく、もう、

時間がない。

 

 

焦ったところでどうにもならないけれど、

例えば3年前から生き方が変わった人はたくさんいるのに、

私はまったく変わってないから、

今年こそ、変化があってほしい。

 

今年はあれこれ、思うことばかりのスタートになってるな。