甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

重症鬱を認めながら一日が終わる

なにが厄介かというと、たまに顔を出す鬱。

 

気づくと一日寝ている。

 

とにかく目覚めない。

たぶん午前中に一回くらいは時計を見るはずだけど記憶はない。

昼過ぎにもたぶん時計みてる。

 

3時か4時になって、はっきり目が覚めて、そこでトイレに立つ。

トイレにもいかないから、身体は浮腫む。やっと歩く。

 

自分で、こんな時間になったことを気にしているので、もう起きるためにすぐに食べ物を食べる。

しっかりたくさん食べるのだけど…

 

 

最近、外に出かける気持ちが萎えてるからか、いや、何もしたくない気持ちがあるからか、

 

テレビをつけていても面白くなく、

いつのまにかベッドに横になって寝る。

 

次に目覚めると外は暗い。

 

 

スーパー行かなきゃ、とか、

気晴らしにカフェ行こうとか思うけど、

家にあるものでいいか、と思い直すために、思いとどまる。

 

 

思いとどまる、イコールまた寝ようになり、もう夕方なのに寝る。

 

ずっと寝ているから、腰も背中も痛い。痛いのに、動けない動かない。

代謝落ちるし太るなぁと思いながらも動けない。

 

自分に甘いわけだ。

 

働いてないわけではなく、どちらかといえば休みも働いているので、どこにも遊びに行かない生活をしていて、その反動で休みの日は寝てしまうんだろうけど、本当はあれこれ出かけたい場所がある。

 

動けばいいのに、

行きたいと思いつつ、行かなくてもいい言い訳を作ってしまう。

買い物も、必要じゃないならいいかってなるから行かない。

 

とにかく、それは今必要か?と判断したらどれもが必要ないになってしまい、

身体を休めるのみ、となる。

 

 

これ、れきっとした更年期で、

たぶん鬱。

 

お手伝いで行ってるカフェにいる20代前半のオタク気質のかわいい彼女も、

休みはずっと寝てると明るく言うけど、

それと私はまったく違う気がする。

 

なんだろ、若いから眠いのはわかるからかなあ。

 

更年期だと、気持ちと反比例で動けない。

それに、気持ちがネガティブに偏るとなかなか戻らない。

 

厄介なんだよ。

 

行動したら、ネガティブ志向もなくなるのにね。

 

 

明日から会社。

行く勇気だけは振り絞りたい。