甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

この先まだまだこんな体験するのかと思うとつらかったけど、今は我慢できること

機嫌よく?今回もきちんと生理が来た。

 

ちょっとだけおなかは痛かったけど、おなかが痛いのが通り過ぎると次はびっくりするくらいトイレが赤くなる。

 

この表現は、ちょっとグロイな。

自分でも、大丈夫か?若くないのに。

貧血起こさないかなってくらい、すごい。

生理用品はよほどでない限りあまり汚れず、トイレに座るとまるで我慢していたかのように放出される。

 

若かったら、こんな毎月来るようなことをわざわざ書くことはないけれど、

もう終わりがくるのか???と思う年頃になってくると(といっても、人それぞれ全然終わる年齢は違うようですが)一回一回の様子をしっかり観察してしまうのだ。

 

いや、若くても自分の体の状態を知るためには、月に一回の厄介なやつでも観察しておくことが大切なのだ。

 

 

それにしても、これは、なにも食べてなかったら絶対しんどくなると思うくらい、若いころと変わりのない激しい量が体外に出ていくと、怖くなってきた。

今夜は栄養のあるものを食べなくては。

 

 

 

と、いうことで、

ほうれん草をたくさん食べた。

ほうれん草を食べたところですごく栄養を取ったとはいいがたいけれど、なんとなくホッとする。野菜を食べるのって、ホッする。

 

 

今回も機嫌よく体は私を女だと知らせてくれた。

 

ありがとう。

 

 

もう子供産めないし、産まないけれど、女でいる期間は一日でも長く感じていたい。

 

少々しんどくても我慢できる。

 

この先懐かしむことしかできないのなら、今おなか痛くても我慢できる。

 

 

生理前は更年期とも月経前症候群ともいえる症状の鬱がやってくるけれど、おとなしく寝るだけだから大丈夫。

人にあたるわけではないから、大丈夫。

 

大丈夫。大丈夫。

 

 

しんどいのが楽になってるからじゃない、今回もちゃんと来てくれたことに安心して今日はもう本当に眠くて仕方ない。

 

とても気持ちが楽で、ゆったりした時間が過ごせてることに感謝。

まだまだ横には誰もいないけど、それでも気分よく過ごせる週末だ。