甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

行楽日和。ゆっくりできたけれどすぐ現実に戻る

知り合いがフリーランスで仕事していて、ひとりではやっていけないくらいに儲かってる。うらやましい。

やはり手に職があるのは、儲かるのだ。

 

で、お手伝いにいっている。

私もちょっと勉強しようかと思ったけど、それどころではない仕事の下準備や請求書なんかを作るので忙しくてなかなか他のことができない。

ちょっとだけいく回数を増やしてみるけれど、やはり追いつかない。

手伝いに行けば行くほど、やることがあったのだ。

 

なので、勉強はできずに、いつもの事務作業をする。

フリーランスはだいたいひとり作業なので、男性だとつねに二人きりになってしまうけど、私の場合は女性だから安心する。

でも、起業するくらいだから、得意分野には長けていてもそれ以外は得意ではないので、事務作業以外の片付けもする。

トイレの掃除までする。

 

きっと彼女にとったら重宝していると思う。

思うようにしてあげてるかは別として。

 

 

で、休日も行ける時は行くようにしているのだけれど、

本日玄関先まできて、鍵を持ってないことに気付いた。

鍵を入れてる入れ物をわすれてしまったのだ。

 

久しぶりにショックを受けた。

なんてことだ。

 

休日が忙しい彼女は仕事で外出しているので、いない。

どうやっても入る手段なし。

 

ということで、本日はぶらっと散歩の一日だった。

 

実は鍵を忘れたということは、お金の持ち合わせもなかったということで、

要は、お手伝いにいくのだから寄り道はしないという前提で財布を変えてきたのだった。

本当に、最小限のお金しかない。

 

散歩しようにも、お金がないと寂しい。

でも、今日ぐらいフリーでいける日はなかなかない。

 

事務所から近くにある行きたかったカフェに向かう。

オフィス街なので、休日は閉まっていた。

少し歩いてもう一軒のぞいてみたけれど、閉まっていた。

 

やはり気になるのは動いてくれないパソコンで、万が一買い替えの場合のための下調べに量販店に行くことにした。

 

とりあえず、家路につく。

家の方向に向かっているつもりだったのに、ぼっとしていて違う電車に。

気がついた時はかなり進んでいて、引き返すのに降りたのはいいけれどなかなか電車が来ない。

なにしてんだか。

 

もう持ち合わせもないので、それだけで途方に暮れてるのに。

 

時間ロスしながら、量販店に向かう。

 

やはりパソコンのソフトが壊れてるような気がしてきた。

修理に出すか、新しいのを買うか悩むところになってきた。

 

落ち込んでる暇もなく、今日は宅配の集荷を頼んでいるので急いで帰る。

案の定すでに集荷はやってきてた。

7時を過ぎると配達も集荷もしてくれない。

間一髪で集荷おわり。

 

よく歩いた、いろいろ移動したけれど、なんの成果もない一日だった。

マウスを買い替えてみたけれど、反応しないのできっとパソコン本体のせい。

パソコンが壊れるって思考がなかった。

大切なデーター、保存場所を考える。大丈夫だろうか。

大丈夫じゃないな。

ちゃんと保存していないかもしれない。

 

 

ちょっとがんばってきたと思えることが、全部消えてしまうかもしれない。

そう思うと、今ホントの瀬戸際になってる。

お願いだから、パソコンは元に戻ってほしい。

 

現実は、まだまだ厳しい。。。

恋愛してるどころじゃなくなった。