甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

全否定を感じてしまうくらい、この先に自信がない

ネガティブが襲ってくる。

 

年齢重ねるって、つらいなって、

それしか思わない。

 

だからって、若ければ。。。っていうわけじゃない。

 

もっと、若い時に先のことを考えて生きればよかった、と思う。

 

 

 

20代の頃はただ、平凡に過ぎていく毎日が当たり前のことのように思っていた。

昼間働いて、夜はたまに誰かと晩ご飯とか食べたり。

お風呂入って、また明日頑張ろうって思いながら寝る。

いつか結婚するかもしれないし、このままかもって思いながら、

こんな調子の毎日が続くと思っていた。

 

けど、いつの間にか私はサバイバルな人生を選んでいた。

 

結婚しなくても、自分で楽しいと思う人生にしようと。

 

 

なので、婚活は特にしていない。

 

していなくても、縁がある人は結婚しているようだけど、

私は全く縁がなく、

適当に会ってくれる人はいれど、彼氏になってくれるひとはなかった。

 

 

 

 

自分で頑張って生きていけると思って過ごしてきた。

 

今もそうだけど、

 

実際にはできてない。

 

頼りたい。

 

本当に、頼りたい。

 

 

いや、結婚したいわけではない。

 

頼りたいだけ。

 

 

 

そこに拍車をかけて、

 

歳を重ねると、いいこともあれど嫌なことだってたくさんある。

 

 

仕事において。

 

 

 

多くの雇主は、結局は若い方が将来性があるので若い子がいいという。

いや、そんなことはないと言われるけれど、実際にはそうではない。

仕事が採用されず、知り合いのカフェで働いているけれど

そこで、実感するのだ。

 

動いているはずなのに、頑張っているはずなのに、

若い子より一歩前にいるのが、年上でしょう?

頑張ってくれなきゃ困る、というのがとっても伝わってくる。

今どきの子たちは、持ち上げることで伸びるから

確かに自信を持ってみんな頑張っているけれど、

何となく、こっちはどんどん自信もなくなってくる。

 

フラットな感覚を心がけているので、

年下からの指導であっても特に気にはしていないのだけれど、

現実は、年上を指導する(勇気がある)年下はなかなかいない。

 

今行っているカフェは、自信があるタイプの子ばかりなので、

年上の私と対等に頑張るし、私に注意するし、指導する。

それに対して私は何も思わないけれど、

雇っているオーナーが、

ある程度の大人が(バイトに)きて欲しいと思っていたのが、やっぱり若い子がいいと考えが変わってきたのだ。

それを、肌で感じてしまう。

 

カフェでもそうなら、会社でもそうだな。。

 

そう思うと、脱力しかない。

 

 

無能な自分を感じてしまう。

今まで働いてきた、今までのことは全く自分の武器になってないし、自分の武器になるようなことができてない。

 

この前までの、楽しかった仕事って、何だったんだ?

ずっと仕事してきた自分って何だ?

 

どうしたら、いいのか。

自信はどこに行ったのか。

 

自分で食っていく、というのは、派遣の基本。

会社を渡り歩けど、自分の力だけで仕事を獲得するわけなので、ある意味フリーランスと同じようなことなのだ。

 

なのに、いつの間にか、雇われる自分じゃないと不安になっている。

 

若くない独身女性が生きていくのは、本当に大変だなって思うようになってきた。

 

いくらでも稼ぐ方法はあるのに、なんて不器用なんだと愕然とする。

 

愕然として、思考が止まる。

 

最悪。

 

歳がどうこうというより、頭固いのかなやっぱり。

 

 

とにかく、今この先に自信を持てる自信が欲しい。