甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

台所まわりの掃除もしてみた

どうやら、だいぶ奥深い闇を持っていることを最近改めて自覚した私。

かなり重症な感じ。

自分で言えるようになったから、峠は越したと思っている。

 

とにかく私の闇を解くには、結局この4年かかっている。

引っ越したその日がスタート、どん底だったんだろう。

当時、どん底な気分ではなく新しいスタートだと思っていたけれど、そうではなかったことは今頃思う。

難儀なことだ。

 

この闇はまだまだ解けきっていなけれど、新たに、きちんと掃除をするようになった。

というか、断捨離をしている。

 

もともと私は綺麗好きなのだ。

窓を全部開けて掃除機をかけて、床掃除もして、よく持つ取手までしっかり拭いていた。テーブルの上には何も置かないようにして、常に花を飾っていた。

夏場はカーテンも洗って部屋の中が明るくスイスイしていたし、窓も頻繁に水洗いしていた。

 

片付けが上手とは言えないが、掃除は好きだったのだ。

 

ここへ来てからは掃除機をかけなくてもクイックルワイパーでホコリを取って入ればいいやと思い、引っ越して一年半くらい経って、テレビで見たハウスダストの話で掃除機を買うことにしたくらいだった。

もちろん床掃除もしなかったけれど、セフレが来て裸足で歩かれた時をきっかけに、誰かが来たら拭き掃除や床掃除をするくらいにはなった。

 

自炊がどうしてもできなかったので、テーブルは食卓として使わなかった。

パソコン作業をする時に使うものとして機能していたため雑誌や紙なんかが乱雑に置かれていて、花なんてどこにもおくことはなかった。

 

おかしい。

本当に、なんでこんな闇になったんだろう。

 

自分ではある程度わかっているけれど、こんな深い闇になるとは思ってなかった。というか、闇がわからなかった。

 

ここに暮らしだしてから、家庭用品はほぼ買っていない。

以前のもので必要なものだけを持っていればよかったのと、自炊しないので台所用品は増えない。

 

2年経った時に体調を崩してから鍋を買ったものの、一緒に買ったフライパンはこの夏下ろした。

フライパンを使い出すと、水回りのこまめな掃除が必要になる。油の匂いが家の匂いになるのが好きじゃないから、それをきっかけに台所周りの掃除をするようになった。

 

使ってない食器をつけおきで除菌する。

シンクのところどころが錆びついていて、今まではそれも見ないふりをしていたけれど、仲良しのおじさんがくると思うと綺麗にしておきたくなった。

今日は、引っ越した時に拭いた以来綺麗にしたのでピカピカになった。

 

シンク下も100均の入れ物を買って綺麗にした。もうおじさんに見られても大丈夫だ。

 

雨の日は掃除に限る。

スイスイした家にいるのも、ちょっと楽しいと思うようになった。