甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

思いのままに書いてるだけ、おじさんのこと。

仲のいいおじさんには、家族がいる。

家族のことは義務と言っている。

 

義務。

 

義務とは「法律上または道徳上、人や団体がしなくてはならない、また、してはならないこと。」とある。

 

そう、家族を守らなければならない、果たさなくてはならないことで。

15歳までの中学卒業までは義務教育だということと同じように、当たり前のこと。

 

それを私はとやかくいうつもりはない。

一家の主人たるもの、家族をちゃんと守っていかなくてはいけない。

経済的にも精神的にも、きちんと養っていかねければいけない。

それが、お父さんってものだよね。

 

だから、おじさんの家族には平穏にいてほしい。

 

私が言う立場違うやろ!!って思う人がいるかもしれない。いるだろうな。

でも、おじさんは家族に迷惑をかけてまで私と付き合うつもりはなくて、そして私もそう。

 

何かがあったら、おじさんはきっと私のことは忘れて家族に没頭するだろう。

私もいざとなったらおじさんを頼ることはないだろうし、頼りたくても頼れないだろう。

 

私は不倫というものは好きではない。

でも、実はおじさんはずっと不倫をし続けている、今まで結婚してからずっと。

 

私と知り合うずっと前から、不倫し続けているその本心を聞きたくて、何度も質問してみるけれど、なかなか本心を言ってくれない。男ってそうだってのはわかっているけれど、おじさんに対しては他人事のように、どう思っているのか聞きたいのだ。

 

不倫するということは、まず、相手がいるということで。

相手がいるというのは、結婚していても構わないと思わせる魅力を持っている、要はモテる訳で。

 

確かに、おじさんは、優しい。

今までどんな女の子と付き合ってたのか知らないけれど、私にとって、彼の優しさは先ほど言ったような義務的な優しさでしかない。

 

私は会いたいとは言っても来てほしいとは言わないのだけれど、行くから待ってろという。

出張の帰りに迎えに行くだけでいいよというと、そのまま私の家に行くという。

 

いや、別に無理しなくてもいいよと思うけれど来てくれる。

でも、おじさんは私に来てって言わせて、言ったからしてあげている。そんな感じ。

 

励ましてくれるし、元気付けてくれるし、私のネガティブをかき消してくれるパワーがあるから、私は大好きなんだけれど、

おじさんはそれをしてくれているだけ、にしか感じなくて、

そこに愛はない、気がする。

 

テレビCMの「そこに愛はあるのか?」というフレーズがあるけれど、突っ込まれたら口ごもってしまうだろうなってところだ。

 

正直、愛がなくってもいい。

 

おじさんは私のことはもちろん義務だと思ってない。

本当のところ義務でもないし、冷たく義務じゃないからって言われても、そうかと納得するしかない。

 

では、不倫しているのは義務ではなくて感情からなのだろうか。

そこを知りたい。

 

若くないから、別に「遊び」「遊ばれ」な感じでもないようだし。

私ももう若くないから、独り占めしようって思うこともない。

 

何だろうか。

感情じゃない。

それは男性にしかわからないものなのだろうか。

 

これを読んだ方々は、

それ、遊ばれてるよ確実に。

という感想だろう。

 

そうかもしれない。

でも、結婚してるんだからその先がある訳ではないので、それは答えではない。

 

お互いが、傷つかなければそれでいいんだと思う。

家族を大切にするのは最優先。

自分のライフワークは崩さない。

 

考えたらおじさんは、なかなかうまくやってる。

世渡り上手な気がする。

 

都合よく言えばそうなるけれど、そうかもしれない。

私も、ネガティブを排除して世渡りしなきゃという今日の結論になった。