甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

家にいたくない病という持病

昔から家にいたくないタイプなのだ。

と言っても田舎暮らしの私には、中学生までは自分から出かける足がなく、でも父親が外出好きだったのでそれについていきまちの風景を見るのが楽しかった。

高校生で田舎の学校を選ばずあえて遠い学校に通ってたのが、家にいたくないというきっかけになったのかもしれない。

 

大学も家をでて、社会人になって10年あまり田舎の家から通って、それは人生の中でがんばった自分として褒めたい部分。

 

で、今、混沌とした毎日の中で、鬱になりながらも、このままではいけないという気持ちも強くて一歩外に出れば、なんとかしたい気持ちが溢れるばかり。

 

ただ、家にいる間は、外にでる勇気が出ないという鬱に支配されてしまうのです。内心は、外に行きたいと思いながらも。

 

家にいたくない私が家からでれないというのは、結局のところ経済的なことで、

外出するお金がもったいないというところ。

 

地味にパソコンの勉強すればいいのですが、なかなか進まずイヤになる。楽しめない。

 

こんな悩みは、聞いてる方がすれば解決方法なんて山ほどアドバイスあるんだろうけど。

 

まあ、まず昭和な会社にこのままいていいのかというところから始まり、と言っても年齢的に転職は可能かとか、明日の生活費がない私には思い切る元気もない。

 

なんとかしなきゃ、ばかりが渦巻くわけです。

 

会社に縛られなくても生きていけるはずが、今はどうにもできないのがもどかしく、なんかすればいいんだろうけど思いつかず。

 

こんな気持ちの人はきっと多いんだろうなとぼんやり考えながら、思い切って近所のカフェにきて今日も策を練る。

 

本当は、

朝早く起きて、昨日から支度している計画を実行する!っていう毎日を過ごしたい。

 

できそうなことができない。

できることをしない。

 

マイナスに考えなくてもいいのに、またそれが支配してきたりする。

 

また、家に帰らなきゃいけない。

そう思うと、憂鬱なのだ。