甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

おじさんから学ぶことはいろいろある

仲のいいおじさんは、奥さんのことは家族として大切にしている。

長い単身赴任だったこともあり、自分の建てた家を守ってくれて、帰ったらちゃんとごはん作ってくれているから、と言う。

 

いい奥さんだ。

ちゃんと家族のことも守ってる。

おじさんには奥さんが合っている。

 

毎回会うたびに、きちんと生きている人だと思う。

私は結局行けず後家で一人だけれど、こういう人が一緒に生きてくれたらたぶん私もいい奥さんがんばってたんだろうな。占いでは私はいい奥さんになると言われていたし。

違う生き方だったらどうだったんだろうと、漠然と、ぼんやり思う。

 

家庭を大切にしているおじさんは、それでも私と会う。

よくある、お父さんは孤独というやつ。

おじさんはおじさんで思うことがあるようなのです。

仲良くしたいんだよ、本当は家族と。

でも、思うようにいかない。

だからといって私に逃げてるわけではない。これはなかなか説明も難しいけれど。どこかでプラスマイナスしたいことを私に求めてる。 

 

おじさんも大変だな。

 

それはよくわかっているのに、最近私は応えてあげれない。

部屋に来てもらっても、部屋は散らかっていたり、なんの用意もしていない。

嬉しいのに手につかない。

 

おじさんのこと以外でたくさん考えることがありすぎて、もう鬱な気分が抜けないからだ。

お金のこと。

仕事のこと。

先を考えるとつらくて最近いろいろ手につかない。

 

なんで汚いの?と怒られる。

来るのがいや?と言われる。

 

おじさんに会うのだけが今唯一の楽しみなのに、うまく説明できない。

 

怒られて、詰られる。

 

言われて仕方ないけど、さらに鬱を被せられるので余計につらい。

 

つらい。

 

でも、なかなか会えないおじさんとは仲良くして鬱な気分から脱出したい!

 

そういえば、おじさんに食べさせてあげたくて、お餅があるからおぜんざい作ってたんだった!

 

おじさんに食べてもらう。

 

 

怒らせたけど、おぜんざいおいしいからちょっと許すと言ってくれた。

 

ほっとする。

 

 

そうか。

やっぱり、胃袋を掴むのは大切なんだな。簡単なようで難しいけど、愛情持った食べ物は喜んでくれる。

 

 

いろんなことに拒否反応しつつある重症鬱な私に少しだけ、光がさした。

今日もおじさんには

ありがとうとしか言えない。

なんていうか人は無駄には生きていないんだなと単純にそう思えた。