いつのまにか更年期と戦っていた

これって更年期?と思うことや、勝手に更年期だからと決めつけたりしながら日々過ごす独身会社員のつぶやき

更年期の症状が重い、と思う。

会社に行きたくないわけではない。

なのに、

起きれない。

 

うつ、なのか。

ただのうつではなくて、更年期障害としてのうつなのか。

どちらにしても動けない。

 

更年期の試練、思いの外大変。

自分では元気で頑張ろうと思うのに、体は開店休業みたいな感じ。

ただ、家の外に一歩出ればその1日はどうにかクリアできる。

とにかく、やる気が全く出ない。

 

うつなんだろうか。

 

なんどもいうけど、仕事はしようと思う。

でも自分のこととなると、食事とか、後回しでもよくてできない。

え、誰かに指示されてしか動けないとか、

そういう類なのか???

 

いや、自分のことでやりがいを見つけていないだけなんだろうな。

仕事しなきゃ稼げない。

稼ぐためにはひきこもっていてはいけない。

ひきこもっていても稼げる時代なのにそう思う。

 

このコロナの時期、家で何かこれから先の仕事のあり方を見つけるべきなのに。

 

何も思いつかないし、

家にいたら、思考も止まる。

どうしたものか。

 

そうして私は会社に行くと

まるでこんな自分はいないかのように、

張り切って働いている。

明日からも、残業OK!

な自分がいるんだろうな。

運動をしよう。運動して痩せよう。

年末に健康診断を受けた

いつも健康診断はよくない

でも

結果が毎年、年齢とともに変わってきた

 

今までは

ストレスからくる(と思われる)心電図系だった

不整脈とかそういう系。

それと尿検査もいつもよくない。

 

今年はそれよりも、

血液検査でいろいろ悪いところが目立った。

去年の春、ちょうど緊急事態宣言が出る前あたりに体調が悪くなった。

そのころはコロナの怖さを知らず熱もなかったので無防備にマスクなしで病院に行って血液検査をしてもらった時の結果が悪かったことを思い出す。

花粉の季節でもあったし、あの時のことはすっかり忘れたけど、ずっと夜も働き詰めだったのと更年期のせいでどんどん調子が悪くなってたのは確か。

それを思い出して、その時の血液検査の結果と今回の健康診断の結果を比べてみた。

 

今回の健康診断はコレステロールが高すぎるという指摘があったけど、よく見たら、去年の春の方がもっと悪い。

個人病院だったけどその時も指摘されて、説明された手書きも残っていた。

 

脂質異常症

甘いものは控えましょう。

 

自分でもなんとなくわかっていた。

大好きな甘いものも、別に欲しいと思わなくなり。

去年ふと母親が、糖尿病の家系とポツリというもんだから、

これは気をつけようと、思った、思ったとおり。

 

肥満度はマイナス表示だったけど、体脂肪率が27%!!!!

オマイガー、、、

 

スポーツクラブが大好きで、体脂肪もそのころは20%前後。

もちろん体重ももっと軽くて足が重くて走れないことなんてなかった。

なのに、7%近く増えてるってもう、どういうこと?

 

はっきり言って、運動不足。

体が重くて辛いのはずっと前から。

 

このままではおデブになる。

 

エネルギーを取りすぎないように、との注意書き。

 

 

最近はあまり食べたいものがないと思うのは、エネルギーを使い切ってないからか?

 

そして、この前、たまたまめかぶを買ったら、それがいつもより美味しくて

そのまま家でお酢ブームになった。

なんだか生き返る。

これも体調のせいだろうか。

このままお酢ブームを続けよう。

 

体を動かすのも大切だけれど、

食生活の改善。

今まで食べたいものを好きなだけ食べていた生活が、ダイエット生活に。

食べたいから運動する、というスタンスの私はどこへ行った?

 

とにかく、少しダイエットできたら

少し軽くなった体を動かして、

体脂肪率を24%くらいに(25%までが平均)戻したい。

 

足のむくみも、手の痛さも

24%くらいになると治る。

 

レーニングは目に見える努力。。

今年の目標として、これを挙げておこう。

 

 

 

 

今体調不良になってはいけない。元気でいる努力を。

夏からちょっと走っている。

走ったら体が顕著に楽になるから。

全く疲れる感覚はなく、むしろスッキリ。

これは明らかに運動不足だろう。

 

走ってるくらいでは足りない気がする。

夜に走るのは危ないし、もう最近は木枯らしが吹いてるから

風邪をひいては元も子もないので

今年に入ってからは走っていない。

 

本当なら、スポーツクラブに行きたい。

さっぱり汗をかくにはお金を出す手段をとってきたし、

自主トレができないタイプなので、強制的に体を動かしに行きたい。

でもこの社会情勢では悠長にスポーツクラブには通えない。

サウナやスーパー銭湯も足が向かない。

 

自主トレ。

自分で汗をかくこと。

 

家にいる限りは

寒さをしのぐ暖をとるくらいしかない。

汗だくになるようなことは、どう頑張っても私の思考ではできない。

できないばかり言ってても仕方がないけれど、

どうしたらいいんだろう、と思う。

 

 

と、思っていたら、

健康診断の結果が、大まかに言えば運動不足とでた。

あああああ

私だって、思いっきりスタジオに入って下手なダンスで汗かきたい

走る以上に思いっきり汗がかけて、さっぱりお風呂に入れるのに

 

もどかしい。

 

このタイミングで体調を崩してはいけない

ちゃんと食事制限をして運動をして

健康でいなければ。

 

 

と、のんきに聞こえるつぶやきでもある。

今日はついに2回目の緊急事態宣言。1都3県。

事態は緊迫するばかり。

 

 

ともかく

早くこの状況が落ち着いて

1日も早く、いろんなことに神経質にならない毎日がきて欲しい

 

今年こそ、と思いながらそれ以上の今年にするぞ!と誓う

#今年の目標

 

2021年になりました。

毎日コロナの話題になってからもうすぐ1年になろうとします。

長い月日が、なんの思い出もなく過ぎ去ってきました。

2020年のお正月からもう一度やり直したいと思うことも。

 

去年までは

会社に行くこと、生活することで精一杯でした。

今でもそうだし、むしろそれまでよりも今は大変になってる感じもします。

 

今年はそれを少しでも払拭したい。

毎年そう思ってるけれど、できてないのが悔しいので

今年こそ。という気持ちでなんとかしたい。

 

気になることをまず。

先日、母親が昼寝から起きる時に、太ももまわりが攣って動けなくてこうやって死が近づいていくのかと思ったと言っていた。

腰から下のマッサージをしてあげたら楽になったとはいえ、つるっていうのは人を恐怖に陥れる。父親も足が攣るというので老齢のせいとは思うけど。

 

気になることと言えば、

母親は乳がんサバイバーなので、私も乳がんは気にしなければならない。

10代の頃はコンプレックスでもあった巨乳が今では武器、いや女性らしさを演出してくれる大切なもの。傷をつけるわけにはいかない。

 

仕事のことでいうと、

パソコンひとつで生活している人は私のまわりにわんさかいるので、

そんな人たちに追いつきたい。

というか、会社員じゃない人たちを前から見ていて、それに追いつけずに、

いつの間にかそんな時代になってしまいチャンスを逃した自分が悔しいといったところ。

 

クリエイターという言葉のクの字にも行き着かない。

物作りができるわけではない。

何かアイデアを持っているわけでもない。

何もない。

でも、そんな自分でもできるものはあるはずで。

 

ずっと昔から取り組んでいるアフィリエイトをうまく運営していきたい。

ここではつまんない話だけをだらだらしているけれど

本当はアフィリエイトをがんばりたいのだ。

派遣で行ってる会社で満了になるまでに、

次に派遣を探さなくてもいいような状態になることを目標にしたい。

 

 

去年混沌としている中で、いろんなことを前向きにするためには

筋力も必要だと気づいた。

昔はずっと運動をしていたので気づかなかったけど、

歳をとって前向きになれないことを冷静に見たら、運動不足に行き着いた。

それからは無理なくランニングをするようにしている。

年末は健康診断があったから風邪を引かないために控えた。

年始はこれから。

無理のないように、走ってスッキリしたい。

 

最後に、、、

自分の弱点は、

家は寝るところ。という昭和思考。

パソコンひとつで生活していきたいと言いながら、家で作業できないとは矛盾しかない。

 

追い詰められている。

今年こそ、とかいう言葉は使っていいのかわからない。

でも、2021年は今までのことを忘れさせるような毎日にしたい。

気にしないようにしたいけど、気にしてしまう

更年期で抜け毛がひどいのはいつも訴えてるけれど

先日写真を写したときも、髪のシルエットが半分になっていて

それと同時にお風呂場で塊になった髪が排水溝に流れていくのを見て

どうしようもない現実にがっかりしている

 

私はつむじが2つあって、それでなくても上から見たら

ちょっとしたハゲに見えることが思春期には嫌だった

そんなこと思っても仕方ないから美容院でケアをしっかりするようにしていたけれど

その美容院に行く回数を減らす事態になってると

自分でケアすることにも限界があるから

気持ちまで寂しくなってきた

 

病気になっての抜け毛はある程度仕方ないとして

健康での抜け毛が怖い

 

 

人並みには生活しているけれど

やはり以前の自分の生活よりはだいぶ抑えて

いろんなことをいろんな気持ちを抑えて抑えての毎日

 

ちゃんとご飯食べてないとか

ちゃんと運動していないとか

ちゃんと、

ちゃんと、生活できてないことからの不安が心のどこかにある

 

でもそんなことは

今、コロナ禍にある中で多くの人が思っていること

私だけではない

 

 

 

どこかにあるそのストレスが

そうさせているのだろうか

気にせずに過ごすようにしているけれど

変化があるというのはそういうことなのだろうか

 

年齢は関係ない、という代表的なのは恋愛

最近、年上の女性とハッピーエンドになるというドラマが多いと思うのだけど。

 

どれもが、年下の彼の熱烈なアプローチがあって、年上の彼女が熱意に負けるというくだり。

 

うらやましい。ただただ、うらやましい。

 

 

年下男子からすれば、年上の女性は魅力的でなければ気になる対象にはなりにくい。

顔がタイプでないと、見た目が素敵でないと、雰囲気がいい人でないと、

第一印象で決め手がなければ、年上の女性は狙おうとは思わない、と思う。

 

 

年上の女性からすれば、いろんな男性を見てきた上での年下男子という選択。

歳を重ねた男性のマイナス面が見えない状態が、あまりに眩しい。

 

 

ずっと好きだった人は年下で

結局叶わなかったけれど、

私には彼のいいところがたくさん発見できて、

最後まで嫌いになれなかった。

彼が選んだ結婚相手でさえ、彼が好きな人だとして受け入れられた

 

 

いい人を好きだったな、、、と

ふと思い出す。

 

彼が好きでよかった。

年下だったけど、

今でも、彼は私にとってのリスペクトする一人。

 

 

 

 

 

 

足にきている。更年期症状のピンポイントはつらい

本当に、今「更年期」真っ只中。

更年期障害と戦っている。

 

そう自覚したのは、本当につい最近。

 

今までは体調悪い?疲れてる?

夜更かししてるからしんどいの?

という程度だったけれど、

 

しんどいはずがないのにしんどいという現実に気づき始めたのでした。

 

 

 

不眠。

 

 

眠れないのではなくて、よく目がさめるようになって、

そのうち、目が覚めたらしばらく眠れなくなってきました。

 

以前は夜遅くまでのバイトをほぼ毎日のようにしていたのでむくみがひどくて、激務で足の疲れが取れなくなってるのかと思っていたけれど

 

今コロナで夜はバイトしていないのに、足の違和感があるまま

 

激務からのむくみはとれたけれどそれ以外の足の違和感。

ふくらはぎから下のモヤモヤ感は今まで感じたことのない違和感。

 

邪魔くさいことに、

寝ている途中で目が覚めた時に、

足の違和感まで目覚め、足の違和感のために眠れなくなってきた。

 

眠れないので、足のマッサージをしてストレッチして、

違和感を減らした頃に眠気がくるので眠れる。

 

最近思うのは、

昼間仕事をがんばればがんばるほど

交感神経が興奮しっぱなしで、自律神経を刺激し続けているような

気がする

 

昼間の充実感があるのに眠れなくなったりするのは、ほんとに勘弁してほしい

 

まあ、

足の不安のおかげでランニングを始めたのはよかったけれど

ランニングしなければ足の不安は楽にならないので、

この先寒くなってきたらどうしようと思う。

 

体を動かして全てが楽に向かうなら

運動はちゃんとしていきたい

 

そして

更年期がすぎたら楽になる!という気持ちも持ってはいけない

更年期が終わるともう、老齢に向かうばかりだから

 

ああ、今、この一瞬が一番若い。

そう言い聞かせながら生きるしかない