いつのまにか更年期と戦っていた

これって更年期?と思うことや、勝手に更年期だからと決めつけたりしながら日々過ごす独身会社員のつぶやき

発信は必要だと思うのであった

ここんところ、寝込んでいた。

ほんの些細なことが、たぶん原因なのだ。

 

ほんの些細なこと。

バイトを1時間早く上がらせてほしいとの申告をしたら、

 

急に変更されると困る!

わかったわかった、はいはい休み!!

 

とは言われていないけれど、そんな感じで急に休みになり、

忙しい時間帯は出勤してるのになぜ?と色々と考えながらバイトを休んだ。

 

 

 

どうやら「週一しか入っていないバイトなのに、時間変更するなんてなんてやつ」っていうことだった。

 

1時間早く上がりたいというのが、そんなにも琴線に触れてしまうことだったのか?

 

 

なんとなーーく、あほらしくなってきた。

家から近いというだけで最低賃金でがんばっていたけれど、

平日プラス週一バイトしている自分があほらしくなってきた。

 

何してるんだ、私。

 

そう思いだすと、会社もたとえ仕事に不満がなくても、いまいちおもしくない雰囲気の中で過ごすのが嫌だってことがフツフツと湧き出し誰とも会いたくなくなるし、夜の飲食のバイトだって、なぜか若いバイトにゴマをする傾向でおばさんはやって当たり前ていう傾向がある。

どこに行っても全力でがんばってきただけに、全てがあほらしくなってきた。

 

右手は使いすぎで硬直してきてるのが気になってるし、もう無理したくない。

と、急に思うようになって、

こんなコロナ騒ぎの最中、会社もバイトも全て行かなくなった。

 

行かないからって、遊んでたわけではなく、

日頃の疲れからか、これでもか、とずっとずっとずっと眠った。

 

 

立ち直れるだろうか、

そんな心配している時に、

友達がFacebookで、このコロナ騒ぎで延期になったオリンピックのおかげで職を失ったという投稿をしていた。

でも、彼女は今まで色々なことを乗り越えながらやってきたので(はるか年下だけど)

「これが私という人生」と

前向きに捉えてたのを見て、

 

まだ職はある私が、こんなこと思っててはいけない。

 

そう思った次第。

 

それを見てなかったら、こうしてブログも書くこともない。

まだ寝ていたかもしれない。

 

私が人を励ますような発信はできなけれど、

発信は必要だと思う。

彼女だって、発信して自分を奮起させているのだ。

 

誰がいつ、どう励まされるかわからない。

いい意味で、

発信の必要性を感じた。

 

ハッと気づいたら、

この休んでる間に発生しただろう賃金は3万円近く。

これはイタイ。

おばちゃんだけど、おばちゃんと言われたくない

23ぐらいの時、

結婚を控えてる同い年の友達が、近所の子供におばちゃんと言われたことを話題にしていて、彼女は大人になった気分でわりと納得しながら言ってたけど、私はまだおばさんと呼ばれるには早いと感じていた。

 

最近、年下の友達が、私たちおばさんだし!というのをよく聞く。

たしかに私ももうアラフィフで若くないし、おばさんだ。

でも、自分でいうならともかく、私たち、というくくりに入れてくれるのはちょっと気に入らない。

 

そして、仲のいいおじさんが自分たちのことを「おじいさんとおばあさん」と表現して本当にイラつく。私は独身だし、彼だって孫がいるわけではない。

家族に加齢臭がすると言われたからって、私まで巻き添えにして欲しくない。

 

もう一度いうけれど、私は若くない。

おばさんだと、思う。

写真に撮られたら、素のおばさんの自分がいるし、歩き姿も全然若くないボテボテの歩き方をしている。

 

自覚はしているけれど、正直「そっとしていてほしい」

仕事の掛け持ちがしんどくて、この2年ほどで一気に老けてきたし太ってきたし、ああもう若くないんだと思うことも多い。

シワはなくても、顔のたるみはあるし、姿勢も悪くなってきた。

運動不足からか、更年期だからか足のむくみがどうしても取れずに毎日辛い。

でも

でもでも

人にはまだ言われたくない。

 

 

認めたくない。

 

 

おばさんになっている私だけど、ずっと前、随分年下の元カレがいた。

今でも仲良しの友達で、また会う日を約束している。

それまではちょっとでも綺麗でいたい。

元カレが「好きだった彼女」として、もう少し綺麗でいたい。

 

そのために、人から言われる言葉として「おばちゃん」は嫌なのだ。

言葉の威力は大きくて、テンション上がる言葉がいいし、ネガティブなのは潜在的にそう持っていかれそうで嫌だ。

 

 

みんな、自分の歳を認めて生きようとしているけれど、

歳にとらわれずに生きた方が楽しいはず。

自分の年齢を人にいうと言うのは、私としては認めてることだと思っていて好きではなくて(どうしても相手がそう見てくるから)歳の話をせずにお付き合いしていきたい。

 

さて、なんやかんや言っても

自分磨きしないと、見た目も全てが「おばちゃん」になる。

本当は私は自分から綺麗になる努力、怠っているのかもしれない。

 

 

色の白いは七難隠す、というのは若い時だけ?

バイト先の友達と、初めて二人で会った。

どうやら、別店舗で働いている彼女は話したいことがいっぱいあったようなので、このコロナ騒ぎの中、出かけるのもなあと思いつつ、できるだけ近場で会うことに。

 

彼女は元看護師で、今は私と同じ飲食のバイトをしている。

 

色々はなしている中で、何の話題からだったのか忘れたけどふと、彼女が、

 

肌質でわかるから、と私に婦人科系に注意すること!と言ってきた。

 

肌が白くて、顔も綺麗じゃない?シミもないじゃない?

女性ホルモンしっかりあると、それって婦人科系に注意しなきゃいけないよ。

 

え??「色の白いは七難隠す」といって、色白の女性は顔かたちに多少の欠点があっても、それを補って美しく見えると言われるから、いいんじゃないの??

彼女が言ってるのは、そういう意味では、ないか。

 

看護師から見たら、病気になりそうだっていうわけ?

人相診断みたいな感じなのか。

不安にさせるわけではなく、彼女は気をつけろと忠告なんだ。

 

でも、私は昔、多分乳がん検査のだったと思うけど、「女性ホルモン」のいたずらで胸がでかいっていうのを聞かされたことがある。

よくわからないけれど、このいつまでたっても大きい胸は「女性ホルモン」ががんばってるからなんだと、超都合のいい解釈をしていた。

 

ほんとは彼女の一言で、割とショックを受けているのは、確かで、でも

 

今、倒れてはいけない。

 

絶対コロナの騒ぎが収まるまでは病気になってはいけないという気持ちはあれど、元々の体の不調はそれを理解してくれるだろうか。

 

そもそも私は、一人でいるのに、倒れている場合ではない。

 

ショックとともに、新たな気合が入る。

 

元看護師の彼女を使って、神様が私に忠告したんだと思う。

何より、無理しないで生活しよう。

 

勉強しようと思いつつ、そんな理由で横になったり、寝てしまったりはするけれど、それはもう体のため。

自分のため。

そう思うことにしている。

 

 

更年期で起こっている症状に戸惑う

怖い。

コロナウィルスの話で持ちきりだけど、

現実問題として、私は更年期で体調が変わってきていて、

病気なのかどうかもわからない状態で、怖い。

 

先日の手の痺れはおさまったとはいえ、まだ今までどおりの手ではない違和感。

更年期であってほしいと願う。

 

ふくらはぎから下、常に浮腫む。

常に「象の足」状態で、足首なんかどこかにいった。

運動靴(スニーカー)しか履いていないけれど、

それすら、浮腫みで痛い時がある。

 

浮腫みやすい体質ではあるけれど、

更年期であるのも気になるけれど、

一番は最近生活に余裕ないから忙しすぎて疲れているのがとても情けない。

体の疲れが足にきているのかと思うと、それこそ、更年期の症状に上乗せされているようで辛い。

ただ、更年期だから、という一択で悩みたいところ。

 

 

足で痛い部分を調べたら、子宮のツボだった。

 

もうすぐ閉経するからか。

足にある子宮のツボが激痛。

この不調が更年期に来る閉経、であってほしい。

 

手でマッサージすると、激痛が走る。

マッサージで治るなら、頑張ってマッサージしよう。

 

 

この

コロナウィルス騒ぎで不要不急の外出が言われていて、

花粉症やインフルエンザかも?って思っても、院内感染も気になって積極的に行けない。

 

体調が不安になるって、ほんと怖い。

この先のこと、真剣に考えないといけない時期だなと思う。

更年期障害が割と激しめかもしれない

更年期障害って、割と「うつ」のなかのカテゴリーに入ると思うんだけれど、

 

私は結構なうつに陥っている、かもしれないし、

そうでもないかもしれない。

 

割と、元気に仕事もしている。

のに、

朝目覚めた時に、急に「行きたくない」となる。

人間関係が悪いでもないし、仕事がハードな訳でもない。

なんの支障もないのに、行きたくない。

 

これって、更年期だよね。

 

 

 

申し訳ないと思いながら、会社に休むと連絡する。

連絡し終わったら、元気になるのかと言うとそうでもなく、

すぐ寝る。

寝ると、本当の病人と同じように、ずっと寝る。

 

これでもかと寝る。

目覚めない。

本気で寝ていたら、トイレも行かないので、体に良くない。

とりあえずは、トイレに立って水分補給して、また寝る。

 

会社を休むからって、何かをしているわけではない。

寝ているだけ。

 

ああ、天気いいし、会社休んだし、、、

っていう気持ちはあっても、

それこそ、スーパーすら行かず、お金がなくても銀行にも行かない。

立って歩くことがない。

かろうじて、何か食べる、何か飲む。

食事と言うほどでもない。

 

100%病人みたいに過ごす。

 

更年期のせいだ。

全く、起きれない。

日頃の疲れがドッと溜まったら、その分死んだように寝る。

日曜日しか休日はないけれど、それでは治らないようで、おかげで有給休暇がない。

そして、会社の人にも、随分迷惑をかけている。

 

でも、

それでも、体調を崩してはいけないと思うと、休む。

さいわいこのご時世、コロナウィルスの蔓延化対策があるから、無理して出勤は危ないと言うことで大きな問題にもなってなさそうだけれど、

去年から私はそんな風に、人が変わったように

眠りについてしまう。

 

 

私世代の人は、よく頑張って出勤しているけれど、

私は、もう休みたい。

限界と言う気持ちがそこにあるのかもしれないけれど、頑張る気持ちはある。

体さえ、気持ちさえ元気ならやる気はある!と思いながら更年期と戦う。

 

そんな気持ちになってきたら、

やはり、雇用条件に年齢が大切なのは、そこなのかと思ってしまう。

おばちゃんは、仕事が遅いと言うのと同じ扱いになってくるのか。

いくら出勤している間、さっさと仕事を処理していても、休んでしまうと同じか。

 

一生懸命マウス握りしめて、パソコンとにらめっこして、そのおかげで右手が動かなくなってしまったのも、多分更年期のせい。

若かったら、そんなことで手が痛くなることはない。

 

おばちゃん、つらいわ。

 

それでも、

がんばって仕事してるから、いつも社員の人から

コーヒーご馳走になったり、お菓子もらえたり、

高待遇なのは、ありがたい。

明日からも、頑張ろう。

休んでいたから、すっかり金曜日だけど。

しあわせを願いながら繋がっている元彼について

そういえば、この前、

手の痛みで目が覚めて、ふとスマホを見たら

 

元彼からの着信があった。

 

時間は深夜4時頃。

 

こんな時間にかけてくるのは、まあ飲んでるからだろう。

 

滅多にかけてこないし、痛みを紛らすために

自然に折り返しの電話をかけていた。

 

元彼なのに。

 

 

元彼だけど、遠くに住んでいるので会うことがないから電話くらいは構わない。

彼もひとりを生きる人だから。

 

 

着信から10分くらい経ってた。

3回もかけて来ていた。

私は寝ていたけれど、

手の痛みで目が覚めたけれど、

起きたわけで。

 

元彼は、電話に出た。

案の定、ベロベロに酔っていた。

 

かけ直すから、またあとで。

と、言われる。

 

はいはい、

と、切る。

 

まあ、こんなもんだと思いつつ、

手の痛みから少し紛れたかなって思うとちょっと感謝。

 

元彼は、たまに思い出してかけてくるけれど、

私が付き合ってきた中では、一番歳が離れている。

一番歳が離れているのに、一番、印象深くて、今でも交流がある。

それだけでも十分ありがとうな存在なのだ。

 

案の定、それっきり

かかってこない。

LINEの既読もない。

 

それでいいのだ。

 

ちょっと弱気な時に、

会うこともない元彼は、とても心強い。

私としては、もう彼女としてのお役は立てないので、

話し相手として遠くにいるだけの役目でいい。

本当に手の使いすぎなのか。右手がちょっと痛い理由がわからない

ついに来たか。

 

この前からなにげに気になっていた手の痛み。

会社でマウスを使うのに手首がだるいから、手のひらにテーピングをしていたら、治るどころか痛みが腕に。

 

朝方に手首が痛くて目が覚めた。

目が覚めるほどの痛さ?

病院に行くことにしたけれど、この連休の土曜日。

前日の夜のバイトの疲れも手伝って目が覚めなかったので、起きた時間はバイトに行く時間。

 

手を使うので、バイト先にも申告。

早く上がって、土曜日夜でも開いているところを探す。

日・祝が休みのところが多いので、土曜日夜しかないと思うと、今しかない。

 

痛いと自覚してから色々と考えた。

 

手の使いすぎ?

毎日パソコンに向かってるから?

バイトで結構洗い物したり、たまには重いものも持つから?

 

手を酷使している人は、もっと酷使していると思うんだけど。

 

ホルモンバランスが乱れて、手にきているのかもしれない?

と、いうことは、更年期障害ってこと?

困る!ホットフラッシュの方がよほどマシなんだけど!

 

しかも右手。

どんどん握力が弱くなってくるのを感じる。

しっかり握れない。

 

とりあえず、急で見てもらったところは接骨院

診察の判断は、血流の悪さからくる手の痛み。

確かにじっと座ったままのパソコン作業。マウスばかり使う。

なかなか的をえたものだったので、通うことにしようと思うけれど、

 

でも、やっぱり、

手の使いすぎなんだろうか。

私と同じようにじっとマウス使うことを仕事にしている人は多いはず。

動かなすぎるから、血流が悪くなっていると言われても

手、だけど?

 

家事をすごいするかというとそうでもない。

家事の代わりに?バイトで水仕事したり、ものを持ったりはするけれど。

疲れといえば、足の疲れの方が深刻なのだ。

 

とにかく、右手が不調になるなんて、思いもしなかった。

これが本当に、

手の使いすぎであってほしいとちょっと思うくらい

実は、体全体の不安は大きいのだけれど。