甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

クリスマスに流れる曲は、明るい曲を流してほしいけど。

この時期、クリスマスソングのオンパレードです。

 

いつも思うんですが、

私の認識ではクリスマスって、楽しいものでお祝いなイメージ。

なのに、流れているクリスマスソングって、

わりと寂しい曲多くないですか?

 

山下達郎の「クリスマス・イブ」なんかは

君はこないって決めつけてるよね!

  

 

Wham!の「Last Christmas」も

稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には

寂しい内容ですよね?

 

B’zの「いつかのメリークリスマス」なんかは

別段別れの曲ではなくても、

なぜか寂しく感じるんですけど?

 

なに?

クリスマスシーズンは

別れの季節でもあるってことなのかしら?

 

最近よく耳にする

ロバータフラックとダニーハサウェイの「恋人は何処へ」

この曲は大好きなの。

自分で歌えるように、練習してる曲だけど、

なぜ、

なぜこの時期に流れてるの?

 

 

 

 

 

やっぱりハッピーなクリスマスソングがいいですよね。

マライヤ・キャリーの「恋人たちのクリスマス」を

初めて聞いた時は、

これ!

これを待ってたよ!って思ったもんです。

 

 

 

ベルがシャンシャンなって、

サンタクロースがくる気分になれる!

 

クリスマスに一緒にいる人がいなくったって、

クリスマスは単純に楽しいイベント。

いないなら、いないでいいのです。

わざわざ傷心にひたらなくてもいいんです!

 

楽しいクリスマスを過ごしたいですね。