読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独女のつぶやき

無理しないで生きる

できる人は自分の会社の名刺に頼らなくてもやっていけるんじゃないかと思ったりする。

苦い思い出をひとつ。

 

すごく個性的で仕事の進め方がスマートだった、大手広告代理店から出向してきていた人がいて、

その考え方やものの捉え方が好きすぎて、

どうにか友達になりたくて、

勇気をだして食事に誘ってみたことがありました。

 

一緒に仕事していたから、

フツーにOKがでると思っていたのに、

相手はちゃんと計算していたみたいで、

年上の人は俺は相手にしませんよ。といわんばかりか完全スルーでした。

 

そこで、

大手広告代理店の人だったことを思い出し、

馬鹿なことをしたもんだと反省したもんです。

 

その人の個性に惹かれたんだけど、

女性慣れしている人は、メリットある相手もしくはかわいい人じゃなかったら

この忙しい毎日に時間取れるかい!って気持ちで、

そりゃ、年上ですからね、メリットないですから!って

こっちが意固地になってしまいそうでした。

 

出向が解けたときに、

自分の会社の名刺はくれたのです。

ホント、何度もいうけど、

あんたの個性が好きだったんだからね!って叫びそうなくらい

悔しくて、

なかなかお目にかかることのない名刺をもらったわけですが、

このときほど

名刺もらっても意味ないし!って

思ったことはなかったです。

 

多くの人は、やっぱり後ろについている会社名がたよりになってるわけです。

自分の個性を好きになってくれてるとは、思ってないのかな。

 

ハードワークな会社に勤めた後に独立する人は多いらしいですが、

後ろ盾を捨てて独立するということは、自分自身の自信からくることだと思っているので、とてもすばらしいなと思っています。

 

だって、一流企業ほど、なかなかそれを思い切れないところってあるでしょう。

 

自分の人生に自信を持っているなら、

そんな生き方も素敵だと思うんです。

 

私が好きだった人も、

もちろん、会社でがんばってほしいのはあるけれど、

その個性を活かしてみるのもいいんじゃないかと思いつつ、

いやいや、会社あってこそ彼かなとも思いつつ。

 

とにかく、

会社ブランドに助けてもらわなくても、魅力的な人っていっぱいいるんだぞという

そんなことを主張したかっただけでした。