甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

割り切りとかそんな風に考えず、それなりに大切

先日の重いやりとりは、最近の中で上位に入るくらいのうざさだった。

 

たまたまその日セフレと会う約束していたけど、その前に友達誘ってカフェに行って滅多に言わない、いやあまりそんな類の話はしたくないんだけど、散々グチを言った。

 

やっぱりグチ発散してもあまりすっきりせず。

 

はー、セフレと会うのが今日でよかった!と心底思う日だった。

 

 

 

私不自由してません的な、おっさんにも自分自身にもいい聞かせるような、解釈によっては自暴自棄的な感じの行動に見えかねないのですが、私にはセフレは大切なのです。

 

彼氏ではなく、セフレなのだけれど、

ちょっとだけ恋人っぽくしてくれる。

そんな偽カップルを演出してくれるから、そりゃ、気分転換になる。

 

セフレって言葉は、なんとなく響きが軽率な感じなんだけれど、

若い時だと本能のままに、気のすむまで。とかそういう感じではなく、

ちょっと年齢重ねていくと、体の関係だけとはいい切れないような、なんというか、

不倫ではないけれど、まわりに言えない自分の内面を受け止めてくれる気がする関係に

どんどんシフトしていくんです。

 

ずっと会ってなかったけど、

そんなに違和感なく、ホッとした。

今まで会ってなかったとは思えないくらい、楽しかった。

 

彼氏とセフレの違いってどこなんだ???

とたまにそんな疑問があるけれど、

また、たまにそんな疑問どうでもいいって思う時もある。

今は後者。

 

 

本当、こんな時ありがたい。

とりあえずはなにも考えずに没頭できる人としては、彼氏より大切なポジションかもしれません。

 

しかも、久しぶりにえっちしたら女に戻っていくというか女性ホルモン活発になったというか、楽になる。精神的に、体も。

これは好きな相手といい時間の共有ができてこそ。

 

おかげで、ずいぶんご無沙汰していた胸の張りを感じます。女性ホルモンが思い出したかのように、働いてくれてる感じ。最近ブラジャーが大きくなってしまったから、もとに戻るかな。

 

セフレはちょっと遠くにいて、いつもわざわざ車。行ったことのない場所なので、興味があるから「いつか行ってみたいな」と言うと、返事なし。

そういうとこが、彼氏との大きな違い。

会いたいとか、家に行きたいと言ってるわけではない。ただ、そのへんに一人旅したいという意味なのだけれど。

あまりプライベートに踏み入ってはいけないのだ、彼氏じゃないから。

 

返事なくても仕方ないと思うことで

そうだったな、と思い直す。

なんとなく凹むけど、それでもセフレは大切なのだ。 

適当に流しておけばいいのです

たまに、私は既婚者のおっさんにすごーく近寄られる。

 

 

なんか、

友達みたいに思われるんだろうか。

 

癒し系発揮。

 

 

なぜ、年頃のメンズに通じないのか?

 

かなり、若い頃からの悩み。

  

誰かを特別って気はなくて、どの人にも同じ対応をしてるのにそれを勘違いされてる気がするのです。

 

私にとって、あなたは特別ではないことを言ってるつもりだけど、伝わってない。

 年配だから、傷つけすぎてもという良心が悪いのか。

 

 

「適当に流しておけばいいのです」

好き人が言っていた。

唯一、両親以外に相談した人だった。

(両親に相談するということは、ホントにうざいわけで、

わりと両親は、私の悩みの多くを知っていると思う。

この類に関しては。)

 

 

適当に流すのか。。。。

適当に、してるけどね。

相手は、年配なんですけどね。

 

 

 

今日のパターンは、

facebookの友達削除するの?と聞かれた。

しませんよ、を期待されている。

削除はこっそりするけどね、しばらくしてから。

しかも、なに?別れるの?みたいな聞き方なんなの?

 

終わる終わらないみたいな、どーでもいいやりとりを私は友達とお茶を挟みながら、夕方からついさっきまでかかってすっかり消耗した。

年配の重いのは勘弁してほしい。

 

気を持たせるようなことしたのか、後悔してしまう。

 

適当に流してて、それで大丈夫なのかな。

性格的には、いや女性としてはっきり白黒つけていたい。

 

 

亡き上司の友達ということで、

とりあえず繋がったまま。

 

厄介だよ、本当。

 

 

適当に、てどんなふうにだよ?

好きだった人にも聞けない。

聞きたい。

 

むしろ、今思うと、

好きだった人は、年上の私を「適当に流して」たのかもしれない。

そんな風に考えると、自分が今苦しめられてる分、

好きだった人にはもう連絡しない方がいいんだと悟ったりする。

 

でも、

困ってるから相談したい。

まだまだ私はあしらう術がわからない。

 

 ひとりということに、つけこまれてるとしたら、

パートナーがいてもいいかな。

 

 

そんなにしたいものなのか

2年ほど前にネットで知り合った20代のメンズ。

私はおばさんだと自覚してしまうくらい、さわやかな素直そうな20代。

 

私は年齢関係なく付き合ってきたつもりで、その男子も初めは合うかなと思っていたけれど、ちょっと違う。

ジェネレーションギャップとか話の内容のことではなく、話ているうち疲れてくるというか、温和な私がイライラしてしまう言葉の返しだったりするわけです。

 

気持ちよく会話のキャッチボールが成立できないと、すぐけんかになるし、すぐ会わなくなるはずで、まさにその要素をたくさん持ってる人でした。

 

でも、若いって罪だと思うのは、出会いがないと、ずっと前に会わなくなったおばさんにまで連絡してしまうのがかわいそうなところで、半年前からえっちしたいがために連絡してくるのです。

 

申し訳ないけれど、あまり若すぎるとさほど経験積んでないので、こちらとしては全然面白くもない。

でも、彼からすると経験を積んだ慣れた大人相手なもんだから楽しいから、やりがいのあるえっちを求めてくる。

 

愛し合いたい。

 

ふむ。

 

悪いけど、愛してない。

 

 

若くてもあれこれ経験あれば、やっぱりわかる。悪いけど、上手い下手は、20代前半で決まってくるんではないかと勝手に思う。

 

 

しかし、

年相応の人見つけなさいとおばちゃん全開で促しても、なぜか応えない。

そんな態度されると、マジで自分がおばさんだと思うからやめてほしいと心底思う。

 

茶化してるならそれでいい。

でも、 こんなおばちゃんに連絡しようとなぜ思うんだろう。すきがあるから?

 

男って、えっちさせてくれるなら歳なんか関係ないと思うくらい発情期があるんだと思うけど、きっと彼はその時期か。

 

はー、世の中のメンズ大変だな。

少子化で人口減ってきてるのに、若い女子に相手してもらえないのか?勇気ないのか?

 

今なら養ってあげれるよ!

とまでいうから、貧血起こしそうになる。

こんな言葉を、もっと、いや、もうちょっと、せめて君が30代だったら考えるよ。

 

ちなみに、ずっと昔にも20代前半メンズに求婚されたことがある。確実に、若気の至りだったけど、婚姻届まで見せられた時は怖かった。

勢いすぎるのはいいけど、冷静に考えてなくてただ彼が勝手にさみしいからっていうだけで、最終的には私は振られてかなりつらかった経験があるだけに、

 

経験があるだけに!

 

いや

経験なくてもわかりきってる話なわけです。

 

 

 

 

 

再度いうけど、

年齢差の前に話が噛み合わないんだからね。

 

えっちがどうこういう前の問題なんだからね。

 

 

 

久しぶりに会おうと連絡がきたけど、うつ中なので

多くの同世代の女性は強いなって思うのだけれど、

私は今日もうつでした。

 

たぶん気合いで行けたのかもしれないけれど。

本当に困るのは、会社を休んだからと言って、家で起きているわけではなく、

今日なんて、いや今日もずっと寝た状態のまま。

 

天気がいいのも、少し暖かい日だったのも

なんとなくわかっていたので、

15時くらいに目が覚めた時には、

せっかく休んでるんだから、起きてカフェでも行って気分転換しようかとも

少し思う。

でも、一瞬思っただけで、ベッドに入っていた。

 

休んでいるんだから、銀行に行く用事も済ませれるわけで、

スーパーだって行けるんだけど、

行こうと思えなくて、

いつも、休みますと言って休む時は、本気で動いてない。

 

いいとは思ってないのだ。

限りある時間で、しかも若くないのに、

一日を寝て過ごすのは、本当にムダな時間な気がして仕方ない。

今日も一日ムダだった。。。と後悔。

どうしたらいいものか。

 

 

 

久しぶりに、セフレ君(なんだろうと思う)から連絡がきて、

今度会おうということになった。

好きだけど、好きだったという少しだけ過去形気味な感じなので、

うれしいけど、ベッドから起き上がって「やった」って思うほどでもない。

 

不意打ちに「やった」って思うような連絡は、

すごくすごくたまにあるのだけど、

それは普段がんばって努力していることに比例してだと信じて疑わなくて、

最近さほどがんばってるつもりはないので

今日の彼も

ホントはうれしいんだけど、なんだかうつの真っ最中だと

テンションは急上昇にならず。

 

でもありがとう。

会うぞ、会うぞ

うつのままでいいとは思わないから

会わなきゃ!!

 

 

ちょっとだけ元気になった。

 

 

でも厄介だよね、ホント。

みんな、気合いいれて体調不良でも仕事してるんだもんね。

私は、寝ることができる。

(いやもちろんその分お給料は減るけれど)

ゆっくり気持ちと体をやすませることができるだけいいか。

 

更年期の世代の女性の方、

あまり無理しないでくださいね。

 

では、また寝ます。

明日は、会社行きますよ。

あまり若く言ってもらってもうれしくないもんなんです

いくつだっけ?

 

亡くなった上司が仲良かった方とふたりで偲ぶ会。

男同士定年間近に仲良くなったらしい。

東京から用できたというので、誰とも話せなかった上司の思い出を語り合う。

 

 

突然、歳を聞かれた。

 

 

 

きたか。

 

 

 

歳聞かれるのは正直邪魔くさいし、今の話題のひとつにされるのは社交辞令ぽくて面白くない。

 

30代?

 

思いがけない数字から攻められた。

 

 

30代?持ち上げすぎですよ。

 

はははと笑われて、女性の歳はわからないから、といいながら、40代?と聴き直してきた。とりあえず、目で答える。

 

 

 

若いね。

 

 

 

若く見えるといわれ、びっくり。

定年近くの人からすれば、まだ私は若い。

そして、本気で30代と思ってくれてるのなら、有名企業に勤めておきながら相当女性との接触がないとしか思えない。

そして、このライトが罪だと思った。

 

要は、口説かれているわけだ。

亡くなった上司の友達に。

 

 

まず、既婚者はまったく興味ないし困る。

たまに会う「メッシー」という立場にしても、ちょっと色気を見せられてる気がするし。

 

とりあえず、私は、

今の縁で会ってる人が大半だと思うタイプなので、

あえて何もいわなかったけど。

 

 

帰り、かなり名残惜しそうにされたけれど、

素直に帰ってもらうしかない。

今いる場所から電車で何駅もかかるホテルに誰が送ってあげるだろうか。

 (これは、わざわざ東京から来てもらったからという、私の、上司の友達としての親切心から思ったことだけど)

 

 

はー、それにしても

30代って持ち上げてくれたのはいいけれど、

口説き文句にはちょっと厳しい。

ていうか、どう口説かれても、結婚している限り

タッチはパワハラ

キスはセクハラ、

えっちはレイプとしか思わないからな。

 

ときめきはどこかに消えた

この電話番号だから、と教えられた。

好きな人が教えてくれたわけではないから、特に気にならない。

ありがとう。

かけるだろうかと思った。

そして、

かかってくるのか?とも。

 

私はどうやら偏屈だ。

相当頑固かもしれない。

 

まだいろんな人と出会いたい!が勝つ。

あきれた独身。

 

なんだよね、全然ときめかない。

ときめくことがなくなった。

 

寂しい現実。

 

 

 

そんななか、今日は十日戎に行った。

 

露店が立ち並ぶ中、友達がハマっているコンピューター占いをしてみた。

女性なら左手をコピー機みたいなとこにのせるだけでなにやら的確な結果がでてくる。それは紙の結果だけでなく、おじさんがプラスしてちょっとアドバイスをくれる。

流行ってるようで、長蛇の列。

 

紙の結果は、

あなたは大変モテるタイプ、と。

おじさんは、そこにプラスで、あなたを思ってる人は2人います。1人はまじめに、1人は遊び半分。よく見極めなさいよ、と。

 

んー、電話番号教えてくれた人、たまたま今日2人。

 

確かに一人は仕事関係でまじめなタイプだから、その人か?

も一人は、遊び半分かもしれないけど、遊びとも言い切れない。そもそも思ってくれてるだろうか。

 

んー、ひとりに決めかねる今、そんな真剣に思われたら重いなと、こんな歳になってるのに思う。

 

好きになりたいタイプだから、たぶん相手に真剣に思われたら困るのかもしれない。

 

厄介な私。

 

あと、仕事はこの先いいらしい。

そっちが嬉しかった。

 

 

ダメダメだよね。

 

ころっと変わる私の事情

今勤めている職場での一大イベントが、お正月すぐの新年パーティー。

主催者側で、ほぼ私が準備する。

もちろん、上司のサポートなのだけど。

 

でも、その上司が亡くなってしまった。

上司と常にいろんなことを共有していたからか、亡くなっても

焦ることはなく事は進む。

 

上司はパーティーのMC(司会)をする予定だったから、

さぞ気にしていただろうと思う。

無事終わったので、ホッ。

 

今日は一張羅のスーツを着て、綺麗にお化粧して、

髪も束ねて、かっこよくできた一日だった。

 

おかしいでしょ?

 

昨日は鬱で寝込んでいたのに。

 

元気でやる気のある今日、昨日のことがまぎれもない現実だったことを証明するのが、

トイレの多さだ。

 

 

昨日のむくみが、今日精一杯体を動かしてデトックスしてるので

トイレに行く回数が半端ない。

そして、順調に快便でもある。

 

パーティーで緊張する日なのに、トイレ回数が多いとこれまた困る。

でも、昨日はずっと寝ていたからこうなんだというのが、

信じられなくても、一日動いてなかった証拠なんだ。

 

ふぅ。

 

 

内臓が動いていることに、ホッとしながら、

今日一日がんばった。

 

いろんな人に会い、いろんな人と挨拶し、

いろんな人と目があった。

 

がんばったねと褒めてもらえたし、「へへん」って気持ちだ。

 

 

帰りに、パーティーに使った花をもらってかえった。

 

家に花を飾るのはとても久しぶり。

 

花があるってうれしいもんだ。

 

いい一日だった。

 

 

寝込んでいた日が昨日だったなんて、信じられない。

 

 

そう、だから私は、

いつも困っている。

でも、いいことがあったときは、素直に喜ぶ気持ちだけにする。

 

やりきった仕事は、楽しい。

そんな毎日がずっとあってほしい。

 

あ、そうそう、

今日、一緒だった別部署の応援スタッフが個人的に連絡していい?って言ってきた。

今の職場は春までだから。

 

彼は、たぶん私と歳が近い独身。

 

おっと、これは、いけるかも???

 

 

結婚は好きな人とするもんではないという点では、割と結婚向きな人かもしれない。

気が合うかもしれない。

 

 

40代の結婚率の1%の中に、入れる???

 

そんな、わくわく感ももらった。

 

ありがとう。

今日はとても素敵な日でした。