甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

歳とるとなかなか働き口が難しくなる理由を身を以て知る

朝の空いてる時間にドラッグストアに立ち寄った。

 

従業員の会話が聞こえる。

 

「やっぱり年齢いってるひとはあかん」

 

「なんでですか?」

 

「言うこと聞かへんからな」

 

この短い会話で、いろんなことを悟る。

 

そんな風に思われると働き口なんてほんとなくなるから死活問題なのだ。

 

でもそれは絶対どの世界でもあることで、むしろこの意見の方が多い。指示されたことを素直に聞いて仕事に向き合えなくなるのが、歳をとるということなのだ。

 

 

派遣やアルバイトの面接なんか顕著にそうで、よほど急募であったり、人手不足でない限りはなかなか年齢の壁は厚い。

 

 

確かに年齢を重ねていると、自分の知識見聞を活かしたいというのもわかる。

意見したくなるのも、仕方ない。

歳下に使われたり指示されるのが気に入らないのに働いていると、それ以上に無条件に反抗してしまうんだろうと思う。

 

言うこと聞かない。

それは大きな理由としてあるなと思う。

私は柔軟に生きているつもりだけれど、もしかしたらやりにくさはあるのかなと少し神経質になりそうだ。

 

 

そして「派遣で若くない人は使いにくいから採用されにくい」という理由が漠然と今の就業先で悟っている。

とてもイレギュラーな派遣内容だと言えばそうなのだけれど、逆に今それが、「派遣というのは100%<即戦力>であるということ」を浮き彫りにしてる気がする。

 

すぐ理解して、その内容を実行して時間内に処理できる人。

 

効率よく進めるという点ではある程度の経験がなければいけないけれど、いまどきはパソコンを駆使するテックニックさえあればなんてことない。

パソコンを使いこなすという大きなスキルは、総じて若い方がスイスイできる。

もちろん、指示の内容がわかっていないと意味はないので事務経験は必要だけれど。

 

とても少人数でこなすには無理な事務処理をこなすのが今の仕事で、一緒に働いている派遣の女性は20代。会社が求めているパソコンスキルがだいたいこなせている。それ以上のこともできるような印象で、平均的なことしかできない私からすれば、同じ時給でいいのかと思うくらい。

 

仕事ができる女の子ってこんなに清々しいのかと思うほど、頭の回転が早い。

 

もしその彼女と私、どちらか一人採用するとすれば、断然「若くてスキルがある」方が合格なのだ。当たり前に、そうなのだ。

 

 

プライドが高いと使いにくいし、スキルがないと使えない。

それは年齢関係なくとも、比較するものが最終的に年齢になるならそりゃ負ける。

 

 

若さだけで選ばない会社もあるとしても、今自分のスキルが社会に通用できる基準にいるのかと疑問にさえ思えてきた。

日々勉強。

凹んでるばかりではいけないのだ。

当たるも八卦当たらぬも八卦。占いもまんざらでもない

コンピューター占い当たるよ!ていうから行ってみた。

もっぱら露天の占いなので、屋台がでているイベントでしかお目見えしないけど、なぜかファンは多くていつも並ぶ。

 

左手をコピー機みたいなとこに置いて、それを元に自動で占い結果が紙ででてきて、おじさんが手を見ながらひとことアドバイスしてくれるという流れ。

おじさんが紙の結果をみるわけじゃないから、本当はただの手相占いなんだけど、アドバイスが的確なところがウケてる。

 

さて今年のアドバイスだけど(実は毎年行っている)

個人的には仕事のこと言ってほしかったのに、恋愛だった。

年上より年下にしなさい、と。

あなたはボケずに長生きするから、若いパワーもらったらいいと。

 

失笑してしまったけど長生きの家系だし、おばあちゃんから見たらおじいちゃんはかなり年下だから、まんざら的外れでもないかもしれない。

 

最後に年上はダメだよ!と念を押し。

 

たしかに、今、大好きだった人と連絡するようになっている。

年下すぎて先のことがなにも見えないから諦めた彼で、お互い遠目から観察しながらも仲良くするという復活を成し遂げている。

 

会わなくても連絡できるだけで満足という、ささやかなしあわせ。

 

手相てすごいな。

 

まあ、今はこんな状態でも自分が納得してるから、いいのです。

 

いつも四月はリセットしてスタート

手書き文化の昭和世代がまだたくさんいる会社をむりやり辞めて、今週から派遣で働いてる。

新しいスタートで、なんか嬉しい。

 

みんなちゃんとスーツきて、それだけで気も引き締まる。きちんとしようと緊張感もある。

 

というのも、わたしが今まで派遣であっても行きたくても行けなかった広告代理店で、しかも上場企業が多いエリアでの仕事。

 

あー、夢に見たOL生活。

なんか出会いないか期待してしまう毎日。

 

環境て大切だと私は信じているので、今毎日気持ちも春の陽気。

 

広告代理店はとても大変だなんてこと身をもって感じるけど、それもなんだか刺激的で楽しい。

 

楽な正社員捨てて、時間との戦いの派遣なんて!と言われそうですが、いいんです。

誕生日にまたリセットされて、新しくがんばる気になってるんだから、これでいいんです。

 

 

なんとかなるさ、です。

気持ちが落ち着くことは本当に大切なことなんだと実感した

もう私もいい歳なので、毎月くるアレは最近「ありがたい」と思っている。

この気持ちは、この状況にいる人でないとわからないこと。

 

気分も急落下したりお腹痛くなったり、本当に大変な思いすることもしばしばで、きちんと周期を把握しておかないとその先にある予定にも心づもりをしなければならなかったり、とにかく邪魔くさい。

 

 

でもついに、ここずっとなかったんですよ生理が。

でも、気づかなかった。

いろんなことがあったから、全然気づかなかった。

この前も書いたけど、それだけ自分の中で重大な事件だったんです。

 

生理が来ないって「どんな理由で来ないかがわからないから」不安になるんです。 

 

そろそろ来る時期に体調を崩して、それ以降ずっと調子が悪いままで忘れていたのが本当のところで、思い出したのは病院でもらった薬を飲む時。

 

あれ?来てない。

もし、もしも、妊娠していたらこの薬、体に悪影響だよね?

 

絶対に妊娠はしていないと信じながら、体調を戻したい気持ちの方が勝ったので薬をのむことに。

 

1週間ほど薬を飲んで体調も落ち着いて来た時、やっと落ち着いて生理が来ないことについて考えてみる。

もう予定日よりも10日以上経ってるし、もし妊娠していたら何か自覚症状あるんじゃないか?若干だけど、生理になりそうな予感もするし、どっちだろう。

 

考えても埒があかないので、ちゃんと確かめるために妊娠検査薬で検査をしたら陰性。

妊娠はしていない。

ということは、いよいよ老いを認めなければならない覚悟をする時か。

 

嫌な覚悟。

 

 

そんな時に仲のいいおじさんと会った。 

気持ちがリラックスできたのか、ちょっと血が出て、

 

もうすぐ来るよ、とおじさん。

そうであってほしいと願う私。

 

 

それから1週間後、無事に生理はやって来た。

やっと来た。

40日以上もなかったんだから、「ありがとう!」という感謝に似た気持ち。

少々しんどくても我慢できる!生理のためなら。

 

 

やはり今回も精神的なもので落ち着いていたつもりでも、やはり心のどこかでストレスがあったんだろう。

自分の体ながらデリケートすぎてびっくりする。

しかも、この「あがる」かどうかの瀬戸際の時にとっても人騒がせな!

 

いろんな面で心配したけれど、ちゃんと今月もやって来てくれた。

 

たぶん、気になってることが一応きちんと落ち着いたから、そのタイミングで生理がやって来たと思う。

 

 

本当に、この状況になってる人でしかわからない複雑な気持ち。

記録として残しておくことにする。

 

もう、本当に心配した!!

精神的な不調はいろいろ厄介で

3月はとにかく調子が悪かった。

 

気持ちがうわの空すぎた。

 

精神的になんかもやもやしっぱなしだった。

 

気分転換にちょっと遠出した時に風邪をもらったのか花粉症発症したのか、そこからはもう体調を崩して会社もバイトも行けず散々だった。

 

そのあいだに誕生日もあったけど、全く誰からも声をかけてもらうこともなく、いや敢えて誰にも言わないんだけど、その日は寝込んでいたので確かうどんを食べた記憶がある。

 

で、あれよあれよと退職の日。

 

あっけなく正社員生活は終わった。

 

終わったその瞬間から、またなんの保証もない自分との戦いが始まったのだ。

 

さて、新しいスタートにしなければならない。

少しだけホッとした時に、この期間に生理がきていないことに気づいた。

 

ずいぶん長いあいだ、ない。

 

まさか。

 

まさか。

 

まさか。

 

あがった?

 

 

先月婦人科にかかった時に「まだ排卵できてるみたいよ」とモニターで説明してもらったんだから、あがったわけではないはず。

 

では、なに?

 

今までちゃんと定期的にきていたのに。

 

やはり精神的な面から遅れてる?

 

自分の気持ちとはうらはらに、人間関係にちょっと思うことがあると精神的にやられてしまうのが生理周期に影響あるのは以前からわかっている。

 

でも、まさか、

妊娠?

 

まさかのまさか。

 

妊娠の予感はない。

でも、まさか。

 

生理来そうな雰囲気はある。

でも、まさか。

 

 

疑いを晴らすため、検査薬を買う。

絶対違うと思いたいけど、絶対とは言い切れない。

 

 

気持ちを落ち着かせる。

 

 

結果は、陰性。

 

大丈夫だった。

 

ホント、人騒がせな!とひとりツッコミ。

 

とりあえず、ホッとする。

 

でも、

ということは、精神的な遅れ。

 

いや、終わりに近づいてきたから不順になってる。

 

どれをとっても、喜ばしくない。

 

今や、毎月来てくれるのは安堵でしかない。

女として生かされてる安堵感。

 

 

妊娠してないのがわかっただけで、まだ生理はこない。きっと近々くる。

 

私には落ち着いた毎日を過ごすのが大事なんだろう。

 

 

 

いいことじゃないことくらいはわかるけど、体が拒否する

会社休むのは社内全員に知れわたり、社内全体に理由も告げられ、次の出勤時には、同じ部署じゃないのに冷ややかな視線を送られて過ごす。

 

気持ちがここまで萎えきってしまうのは長い会社員生活で初めてで、またこんな状態になる人はまわりにいないから誰に話すこともない。

 

いやなものはいやなんだ。

と、いうことが、こんなにもはっきりしてるとは自分でも気づかなかった。

 

 

体は正直で、花粉症発症と同時に鬱が来て会社を休む。

会社帰りのバイトも休む。

計三ヶ所に迷惑をかけることになる。

なんてことしてるんだ?と昔の自分なら思ってるだろう。

今は、

仕方ない、行けないなら休みなさいと思う。

 

ボーっと熱ぽさを感じながら寝る。

私の中ではまだ軽いくらいの熱だけど、今までになく体が動かない。

 

体調悪い時は耳鼻科に行く。

いつも行くところは会社の近くで遠い。近くの耳鼻科は午後の診察はまだだった。

 

結局いつも行く耳鼻科に行ってみた。

予約でいっぱいだった。

 

やっぱり近所か、と引き返す。

 

初めから近所でいいじゃない?となるが、この一連の無駄な行動が全く苦にならなかった。

 

そう、

明らかに、会社が嫌なだけ。

花粉症は確かなのだけど、会社が嫌なだけで、なんとか体は動くのだ。

 

きっと多くの出社拒否の人はそうじゃないか。

 

全く違う世界でもいいかといろいろ目を瞑ってみたけれど、やっぱり自分の中のポリシーが妥協出来なかったのかもしれない。

 

どう思われてもいいから辞める、という手段しかなくなってきた。

 

自分をかばう。

それだけ。

 

 

 

会社を辞めるから、吐き出しておきたい。

日本郵便さえ、荷物の伝票に手書きは邪魔くさいからアプリ使おうっていうコマーシャルしてるんだから、

私が手書きの伝票に嫌気がさして仕事辞めるの、誰も咎めないよね?

 

君が変えればいいといわれるだろうけど、周りは会社を辞める気がないベテラン揃いのアラセブン。今さらパソコンを使うことはない。そんな作業は、ペーペーの入りたての私の主張を聞くわけがないのです。

 

効率化なんて考えてないからね。今さら難しいパソコン使う気なんてないし、人が増えたきっかけに仕事のやり方変えようなんてさらさらない。

今している仕事が年齢とともに大変だと思うようになったから、手伝ってくれる助っ人が欲しいだけ。

 

後継者が欲しいわけではない。

手伝って欲しいだけ。

 

いくらパソコンで住所録作っても、普段から使っている手書きノートの住所録しか見ない。見てくれない。

私がパソコンで整理したものは見ようともしないし、資料を使おうともしない。

 

 

よくわからないけど、それがパソコン使わない人たちの、仕事のやり方。

会社はそれで回ってるからそれでいいのかもしれないけど。

 

しかも、アクの強い自分のバリア役に息子を2人も同じ会社で、しかも自分の部下として使う。

経営してるわけでもないのに自分の息子と仕事するってよくわからないけど、完全に息子は親をかばうので、息子まで嫌われるし本来の力が出せない。

 

かわいそうなもんだ、親のために。

 

 

そして、息子はともかくひとりで仕事してるわけじゃないのに、仕事の情報共有しないし、その認識がないのはいかがなものか。

みんなパソコン使わないから、紙で回覧をしようという意見をしたら激怒するってどういうことかわからないし、それをずっと根に持たれるのは呆れる。

 

情報共有は結局できないまま、アラセブンのやりたい放題。

 

 

 

仕事をきちんとしてるだけで、言うことを聞いてるつもりはない。

自分だけ知ってたらよくて、自分の机の上に途中の処理を散らかして誰もが上司の席に座って書類を探すのが仲良いと思ってるのか。

 

そのへんのおっさんとしてなら、いいところはある。会社の上司としては、私は仕えたくない。

 

高齢者雇用をしているというのは今の時代、いい会社なのかもしれない。

でも、時代が変わっていくのを認めず、昔のやり方のまま協調性を持てない状態だと、誰もついてこない。

 

誰もついてこなくても息子がいるからというのは、違う。

親の顔色見るだけで会社に来ている息子だから、仕事どころじゃない。親のフォローしかしてないのわからないのか?

 

 

これ以上会社にいれない。

 

私だってなかなか仕事探すの大変だけど、これ以上いれない。

 

こんな理由で辞めるのって、

転職の理由としてわかってもらえるかな。あまりにも昭和すぎて、面接の人に理解してもらえない気もして怖い。

 

月末までまだあと少し。

次の仕事決まってないと思うと怖いけど、会社にまだ行かなきゃいけないと思うとゆううつになる。