独女のつぶやき

無理しないで生きる

厳しい現実に負けたくないあたり、結構意地っ張りなわけでして

私はもともと正社員で働く会社員で、

長く勤めていた会社ではもう「やり切った」感があったので、違う世界を見たくなって気持ちよくあっさり辞めた。

 

お局な立場であっても、長く勤めていたら一応は引き留めてもらえたので、

円満退職をしたと思う。

 

おかげで、今いろんな世界を見ることができている。

あのまま平凡なOLをしていては絶対に出会えなかった人とたくさん出会っているから、この決断は決して間違いではないと思っている。

 

社会にどれだけ通用するかというのも試してみたくて、結構浮き沈みはあっても

なかなか体験できないことばかりで楽しいし、新しい発見がたくさんある。

後悔はまったくない。

 

けれど。

 

毎日の充実感とは真逆で、金銭的にはとても厳しい毎日が続く。

 

節約というよりも、

いらないものは買わないように努力はする。

最近は、スーパーで2000円買うとすごい贅沢している気分になるくらい、なんとか

やり過ごしている。

 

妙齢な故、もっとゆっくりゆったり優雅に暮らしたいけれど、

生活のために、儲かっている起業している知り合いを手伝って足らずを補う。

毎日が結構疲れる。

楽しいんだけど、疲れる。

 

大好きな彼は、正社員で激務な毎日で、

先日、昇給昇格をしたと言っていた。努力のかいがあったからよかった。

おめでとうって言ったら、

時給換算したら300円くらいにしかならないし!って返された。

 

激務はわかる。

自分がしなきゃならないことはたくさんあると思う。

でも、ある意味フリーランスな状態の私は、時間勝負な毎日で、

本当に時給換算で生活するというのは、とてもじゃないけれど正社員の年収には追い付かない。

正社員の責任はとても大きいと思うけれど、同じように机を並べて仕事をしている以上社会的立場はそう変わらないと思う。

 

生活できないってことの方が

何倍もつらい。

 

雇われない生き方って、それはとても素晴らしいことだし、

実際私のまわりは、そんなひとがうじゃうじゃいるから、逆に私が

なんにも動けてないことがストレスになったりする。

必死に働いてなにしてるんだ、私って思うばかり。

 

 

毎日、あっという間に過ぎる時間に

寝る間も惜しまずに、というのが本当なのかもしれない。

でも、睡眠あっての効率性だと思っているから、体が動かない時は寝る。

脳が疲れるとすべてが疲れるから、寝る。

・・・という主張は、

動けてない自分がいうとただの言い訳にしか聞こえないから

これもまたなにも言えない。

 

大好きな彼が

今目の前にいるのは、そんなもやもやしている自分の反面教師なのかもしれない。

やっていることが収入に見合ってないくらい激務をこなしている彼は

素直に尊敬する。

 

稼げていない自分をどう打破していくか。

 

妙齢の私には、もう時間は限られている。

いろんなことにもう時間がない。

このままではいけない。

 

ただ、もう結婚には興味はなくなった。

自分で生活できないことから逃げたくないし、

きちんと生活している自分を好きになってほしいから、

大好きな彼はもう、心の支えでいい。

 

なにか自分にできること、早く気付かなきゃ。

 

今働いている職場では、さいわい上司は私を評価してくれる。

評価してもらっても、昇給するわけじゃないし。ボーナスもらえるわけじゃない。

自分のキャリアにはなっても、稼ぎに結びつけられない。

 

 

今日、東京で成功を目指してがんばっている友達に会いにいく。

会社を休んで行く余裕なんてまったくない。

交通費だって本当にばかにならない

(行くか迷ってたから、早割もないから余計につらい)

 

でも、その会う友達だって、コンスタントな仕事が入るかというとそうじゃなく

とても大変な毎日だと思うのに、まったくそんな気配を見せない。

元気でがんばっている姿だけを見せてくれるのは、これも

私にとっては今必要なことなんだろう。

 

目の前にいる人は、今の自分に必要な人。

そう実感中。

 

 

ちょっと、ゆっくり

考えてもいいかな。

二人だけにしかわからないこと

ひょんなことで、

恋愛カウンセラーの人のDVDを見た。

女性2人が話してるんだけど、

もともとこの類の話は好きじゃないのに、語られる女子力とそれに共感できないのがストレスになってしまった。

共感できないのが残念なんじゃない。

共感するつもりがない話に付き合ってるのがストレスになっていたので、自分の女子力のなさはもちろんだけど、考え方や感覚の違いを思い知らされた。

 

話し方、伝え方は大切だけど、同じ女性でもこうも見方、考え方が違うもんかと思うばかりで、こうすればいいああすれば効果あるとかいうのは正直全く入ってこなかった。

 

同時期に、体のメンテナンスしに行って、そこで施術してくれた女性がコミュニケーションで恋愛話を聞いてきて長居をしてしまった。

彼女は結婚して子供もいて夫婦円満

基本的にそんな人は人の恋バナを聞きたい傾向にあるけど、なかなか話さない私はなかなか帰れず、根負けしたので話したら、

 

 

彼と会うのがんばって!と励ましのメッセージが後日来た。

 

 

んー、施術の腕はいいのだけれど、恋バナしなきゃいけないのはどうなんだ?

私は今の状況に焦ってないし、むしろこんなもんだと納得しているけれど、他の人からしたらそうではないようで。

結婚できるよもうすぐ!とか

大丈夫、うまくいくから、とか

 

おせっかいにしか聞こえない話はごめんだ。

女性といえども、感覚はいろいろあるし、置かれてる環境で全く変わる。

独身だからかわいそう的なことは、いらない。むしろ、私は仕事の話や恋バナ以外の例えばアイドルの話なら大歓迎なのだ。そう、このエリアからこっちには来ないほしい話の距離感もわかってほしいわけだ。

 

私は私なりの、

また彼とのことは彼としかわからないことがあるわけだから。

 

そんなこんなのうちに

彼と会った。

彼と私にしかわからないことはたくさん存在していて、なにも言わなくても流れていく時間が楽しかったりするのだ。

 

彼ができないとかあれこれ焦って

誰かに相談しなくても、絶対に見合う人は現れる。

 

そんなもんだ。

 

腕のいいマッサージも、恋バナしなきゃいけないなら、行けない。

 

恋愛セミナーなんてのをすべてだと思うと、ガチガチに考えが固まりそうだ。

 

 

先に進むかどうかは

自分たち次第。

合わなかったら別れるしかない。

 

彼が

20年先も抱けると言ってくれるその言葉だけで、私はこの先も

明るいと信じている。

 

 

 

 

 

 

結婚したいという気持ちは思わぬところで呼び起こされた

この前テレビでギターが上手い人3人をゲストにギターの弾き方についての特集があった。

私はギターはまったくわからないし、興味もないけれど

楽器をいとも簡単に操っている人は単純にリスペクトできる。

れいな音をすずしい顔してポンと弾いて出すというのは、まあ誰でもできる技ではないと思うから。

 

で、佐橋さん、MIYAVI、HISASHI。

音楽に疎い私でもどこかで名前は聞いたことがあるくらい3人は有名な人だった。

ギターを弾く人のイメージや

テレビやメディアでみるイメージとはまた違う、好きなことを語るその顔はみんな楽しそうで、優しそうで、嬉しそうだった。

 

その中で、佐橋さんというひとはひときわ大御所感が漂いながらも、気のよさそうないい印象で、こういう人いいなあとつい調べてみたら、

なんと、松たか子さんの旦那さんということが分かった。

 

松たか子さんの見染めた人か。

 

 

もう、それで、いい人決定!って感じで、やっぱりいい人なんだろうなと勝手に決めつけている。

 

(まったく存じ上げないうえで、想像でいいますが)

ギター一筋で、大好きなことを仕事にしている人なんだろうけれど、

もしかしたら不器用なところはあるのかもと思いつつ

大切にすることはすごく大切にするタイプで、

厳しい家庭に育っていて、かつお嬢様な女性に好きになってもらい、結婚しているところが、なんだか

人生っておもしろいなと感じさせる人物に思えた。

 

そう、

素敵な人だ!って思えたわけでした。

 

 

歳の差は16歳。

 

大人としての生活をする上で、年の差は関係ないけれど、

一方が若くなくなってしまうと、年の差は大きな差となってくる。

時間が経つにつれ、年の差のすごさも実感してしまう瞬間もでてくる。

でも、それをお互いどうやって補っていけるかというところが大切で、

やはり男性が年上というのは年の差があってもいろいろな包容力でカバーできるということも、気持ちよく理解できる例だと思えた。

 

昔、私も歳が離れた彼と付き合っていたし結婚したいとも思った時があって、

実際長く付き合っていた。

居心地がよくて、浮気されるとか困るようなことをされるよう苦労もなく、

しあわせだったことを思い出した。

結婚しなかったのは、お互いが自分の家族を納得させられなかったというか、

結局はそこを突っ走るほどの愛情がなかった。

それゆえ、歳の差で結婚している人たちの、愛の深さにはとても感動してしまう。

すごいなって思う。

 

久しぶりに、

こんな人がそばにいてくれたら、と思うタイプの人だった。

松たか子さんのことはファンだし、好きなタイプが同じだったことには

ちょっとだけうれしい。

 

結婚っていいものなのかな、って

なんだかそう思えた。

 

予定なんてないけれど、優しい人に優しくしてもらいたい。

そんな気分でいっぱいになってる。

 

 

 

言葉の裏の裏に隠してるホントの気持ち

妊活しようか。

 

一瞬、戸惑った。

でも、好きな人から言ってもらえるこの嬉しさ。

冗談でもうれしい。

いや、たぶん冗談ではない。

 

俺のDNAを提供する。

 

まあ、結局エッチしたいだけのことなんだろうけれど、

本当に、好きな人から言ってもらえるのはこんなに幸せなものなのかと

しみじみ思った。

 

そう、

目の前で言われたわけではない。

会いたさ募って、彼が言ってくれた言葉。

海外にいる彼とは会いたくても会えないから、

言葉で相手に伝えなければまったく通じない。

 

下ネタのやりとり、というよりも

 

会いたいな、抱き合いたいなという気持ちが抑えきれずに

今日はちょっと二人とも熱いラリーが続いて

余計に会いたくなってしまった。

 

彼は、ただやりたいだけなのかもしれない。

DNA提供するだけです、ごめんなさい。というオチだったけれど、

私もそれ以上なにも言えなかった。

 

産めません、ごめんなさい。

もう、産めないよ。

もう、元気な子供産める自信はないから。

 

結局、お互い

「そうしたいけどできない」ことを言い合っていたわけです。

 

でも、ちょっと想像した。

彼との子供はきっと女の子で、とても女の子らしい子になるだろうなって。

かわいいだろうなって。

この手に抱いてみたいなって。

 

 

悲しくなるっていうよりは、もともとあきらめていることだから、

仕方ないと思いなおす。

 

 

彼と距離ができた間に私は違う人と付き合った。

でも、彼は忙しいしそれ以降私以外と寝ていないと言い切る。

本当かどうかはわからない。

男盛りの年齢でそれは、私を傷つけないやさしさなのかもしれない。

 

 

寝る相手はできるけれど、

という彼の言い分と

私の言い分は同じ。

 

でも

寝る相手はできるけれど、の続きは

彼は、今は結婚を考えていない。

私は、子供産めない。

 

お互いがおかれている立場が

なにも考えなくていい状況だったらいいのに。

 

彼とは離れていても、こんなにずっと思いあってるのに。

 

寂しい現実。

梅雨の時期にありがちな状況

急激に体調がダウンする。

 

いつもの月経前症候群なのだけど、妙齢になると更年期との戦いな気がする。

 

自覚としては、体がだるくてなんだかお腹まわりがつらい。

眠くて、集中力が散漫になる。

月経前症候群と同じ症状だけど、体のだるさは以前よりきつい。

気を抜けば、というか眠ってしまうと起きない起きれない。

 

幸い、私は気圧の変化で頭痛いとかしんどいとか感じにくいので、ありがたいけれど、これも女性特有の体の不調なので、更年期障害に変化しやすいものだと思う。

 

なんせ体が言うこと聞いてくれないのは、高齢者でもないし体が不自由なわけでもないだけに、人に理解されにくくつらいことだ。

 

まだ自分は若いと思ったり少々の無理は大丈夫と確実な自信としてあるのは、仕事でイキイキがんばれてる間で、自分が指導する立場になって一線を離れたりするともう若いととは言わなくなる。

 

若くないとなると、もう体に負担をかけてはいけない。

1秒でも長く健康でいたいなら、無理をしてはいけない。

 

 

体の不調に負けて仕事を休む人に、攻撃をしたところでなにも生まれない。無理をしない働き方が一番生産性が上がるんじゃないかしら。

 

休みがちといえば、今の20代の特に女子は持続性がない人が多いと聞く。

アルバイトすら続かない。遅刻は平気。

間違いが多い。

これからの人材育成のためとか、やっぱり若いに越したことない!と20代しか採用しない企業は多いけど、離職率が半端なくその人に投資したものは結局ものにもならずな状況であっても、

若い子には未来があるわけで、期待するわけで、

年季の入ってる扱いにくいベテランはあれこれ合わなくてもやめてくれないからどうしようもないわけで。

 

更年期てやっぱりどうしようもなく

いらん愚痴も出てくるから

本当にたいへん。

 

もうあれこれ考えることなく

寝たい。 

 

 

ときに負けてしまいそうな見た目の変化

年下の好きな人が、私のことはまんざらでもないと思ってくれている。

やっと、そこまでたどり着いた。

うれしくて、ずっと好きでいてよかったと

心から思っている。

 

思っているんだけど、

最近、自信がなくなってきた。

どうもこうも、老化を感じてきたから。

 

一緒に歩いてくれるだろうか、なんて思うようになった。

たまに見る、きっとこれ年上の彼女だよね?って「?」がつくような時があるけど、

そんな風に見られるのかなとか

ふと見つめた顔が、おいおいほうれい線くっきりじゃん!って

欠点が見えてしまうのなら、顔見てほしくないって思ったり。

 

実際言われたわけじゃないけれど、気になる。

いや、実際言われたら死にそうなくらい落ち込むだろう。

 

女性ホルモンの減少からくる、体重増加も

例外なく来ている。

もちろん体もふっくらしてもう2年以上経ってる。

これ以上太ると、いつも買うお店の服が似合わなくなりそうだし、

サイズも合わないとなると不経済だから絶対太りたくない。

小さいころから巨乳を維持している私だけれど

ぽっちゃりしたためにさらに巨乳になっているのが

唯一の慰めかな。

もう武器は胸しかない!と思うくらい、昔以上に

胸は大切にしている。

 

男性は、少々ぽっちゃりの方がいいというけれど、たしかに

私自身もぽっちゃり推しではあるのに、

以前と違うイメージになるようなぽっちゃりは好ましくない。

「変わった!」とは言われたくない。

できたらこのまま維持したい。

 

もう、自分の老いをいかに美しくわかりにくく進化させるかということに

気持ちがいってしまって、

人の目に敏感になってきている。

年下から見た自分はもちろん「おばさん」なのだけれど、

私というカテゴリーにいろんな「おばさん」を含んでほしくないのです。

 

となると、

好きな彼が私を大切にしてくれることは

美しく老いていく理想的なんだけれど、

なにも彼が私の老いに付き合わなくてもいいわけで、

多くの人はその道は選んでいないと思うと

突き放そうとする私もいるんです。

 

そうなるとまた、

他の人を選んでほしくないというところが、

もしかしたらこれは更年期でもある女性特有の独占欲なのかとか

もう

考えだしたらきりがない負のループになってしまうのです。

 

 

年下を好きになるというのは、結構しんどいということですね。

男性からしたら、年上だから年下と違って落ち着いているし安心

と思うでしょうが、大間違い。

女性は女性ですから、

年上である自分にどれだけ自信があったとしても

どこか老いと戦っている瞬間が垣間見るはずです。

つらいんだよ、

若さに負けてしまうのは。

励まされてるのかわからないけど

 たまにする占いで、

よくこういう結果がでてくる。

f:id:chel1:20170519180902j:image

 

結婚するより楽しめる生き方が私にはあるようで、

この結果に納得する自分がいる。

 

好きな人はいてほしいけど、

ひとりだからできることに対して満足するほどではない。まだまだやりたいこともある。

 

そう考えると、早くに結婚している女性たちは家庭と子育てをしてしあわせをみつけるようにと神様に言われてるようにも思う。

 

今日もひとりカフェでくつろごう。

ふさぐ必要はない。