甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

見た目イメージはA型。でもB型に近いO型なので、あんまりいろいろ気にしません。

私は10代のころ、ずっとB型だと思っていた。

父親がB型で、母親がO型。父親に顔も性格も似てると自他ともに思っていたので、疑いもなくB型だと思っていた。

 

思っていた、というのは、実は血液型がはっきりわかっていなかったから。

私だけ血液型を知らなかった。

 

田舎に住んでいたので、どうしても生活の「足」として運転免許を取ることになったので、20歳の成人をきっかけに血液型を調べたら、なんと!

O型だった。

 

自分の思いこみだったことにショックを受けて、

B型だと思っていたのがO型だった事実が受け入れられなかった。

ホントのところは、別にどっちでもよかったんだろうけど、勘違いしていたことが許せなかったんだろう。

そういう気持ちで、つい、O型の母親に「O型だった!」と泣きながら訴えたのだ。

 

 

泣きながら。

O型だったというだけで。

 

その時の状況を私は今でも覚えてるし、実は母親もあまりにも泣いて訴える私が印象的で覚えているという。

 

というわけで、私はその後ずっとO型で生きている。

 

 

血液型なんて、日本人を4分類するだけのことで、なにがわかるんだといわれるのだけれど、大きく分けての統計があるとしたら、血液型だって十分に分類できる要素ではないか。

頭の片隅にそう思いながら過ごしている。

 

実は、私はよくA型と間違えられる。B型だと思っていたくらいの、本当はO型の私が、A型と間違えられるのだ。

 

しかもA型の人に、A型?って聞かれる。

 

いやいや、私の中にA型の要素はそう多くはない。

なのに、たぶん、私の見た目やイメージがA型に見えるのだろう。

 

私が今まで感じてきたこととして、A型は同じA型を好む。

A型の人からしか、A型ですか?と聞かれない。

ほかの血液型の人にA型ですか?って聞かれたことがないことを思えば、A型の人は自分の同類に対して好意的でいようとするのかとさえ思う。

 

残念ながら、私はO型。しかもたぶんB型に近い。

 

A型の人たちは私をA型という仲間として見てくれるのだろうけど、そのうち違うことに気付くので、みんな去っていく。

A型じゃないとわかると去っていくように思える、少なくとも私に対しては。

 

A型の人のことはなんとなくわかるので、

傷つかないように接する。そうしていても、ぼろがでる。

O型はO型なので、A型ではないのである。

 

とにかく、A型は繊細なので、傷つかないように接する。

O型は、わりとそれが邪魔くさい。

でも、見習わなくてはいけない部分だ。

 

先日。

気の乗らないデートに、とりあえずお礼の手土産を持っていった。

受け取ったおじさんに「A型?」って言われた。

手土産ごときでAだと思われるってどうよ?

 

「O型です」

やさしいのは、絶対O型だと思うけど。

 

「あ、そう、俺、A型」

すみません、A型でなくて。

 

こういうやり取りって、なに、駆け引きなんだろうか。

 

 

ごめんなさい。

繊細なA型ではないので、A型の気持ちがどうもわかりません。

傷つけることがあるかもしれません、A型じゃないので。。

ずっとデートしてないといろいろ勘違いして、最後はぼっちで落ち着く

今日は、気の進まないデートをしなきゃいけない。

と思うと、鬱な感じでぎりぎりまでドタキャンを考えていた。

 

なぜデートになったかというと、

私のために、ぬいぐるみを買ったから渡したいと言われていたから。

かれこれ半年前からいわれていたので、

もう相手も私も、いい加減これは会わなくてはと思っていたからだ。

ていうか、

もういい歳の私にぬいぐるみをくれるって。

 

 

いらんし。

 

 

いらんし。とは言えない。

 

 

 

だから、とりあえず取りにいく。

そこからデート。

 

 

と思って、いつもよりきれいにして待ち合わせに行く。

この後、お茶かなとか思いながら。

 

すると、ホントにぬいぐるみを渡してくれただけで、

その人はこのあと用があるからと去っていった。

 

 

 

ぬいぐるみだけ渡して。

 

 

 

え??っていう気持ちと、ホッとする気持ちとが入り混じった。

ぬいぐるみ持って、この後どうしよう。

なんとなく、ひとりでお茶する気にもならず帰宅方向に向かう。

電車は空いていた。

 

持ってるぬいぐるみの袋からタバコのにおいがする。

ぬいぐるみもきっとタバコくさい。

タバコくさいぬいぐるみなんて、どうしろっていうんだろう。

 

タバコくさいぬいぐるみを持って帰るのが嫌になってきて、ちょっと寄り道をすることにした。自分の家の最寄りの駅を過ぎてその先まで行ってみる。

 

いつもは下りない駅で降りて、お茶をして帰った。

おいしいケーキを食べて、ゆっくりした。

 

帰るころには、気持ちもぬいぐるみのにおいも気にならなくなっていた。

 

 

いつも、私はこんな感じ。

最後はひとりで気持ちを落ち着かせて、家に帰る。

みんな、親切なだけ。

私はとんだ勘違い野郎なので、家に帰る前にリセット。

 

 

Twitterの誰かが作っているbotで、

宇野千代さんが言ったらしい言葉が流れてきた。

男は複数いてもいい。と。

 

 

布団に入るときは、ひとりずつとだから。ということだ。

 

 

妙に、納得。

ひとりに執着しなくても、思い切って複数でもいいか。

 

 

いや、複数いても、

なかなか布団にはふたりで入ることがない。

 

がんばろう。

この先まだまだこんな体験するのかと思うとつらかったけど、今は我慢できること

機嫌よく?今回もきちんと生理が来た。

 

ちょっとだけおなかは痛かったけど、おなかが痛いのが通り過ぎると次はびっくりするくらいトイレが赤くなる。

 

この表現は、ちょっとグロイな。

自分でも、大丈夫か?若くないのに。

貧血起こさないかなってくらい、すごい。

生理用品はよほどでない限りあまり汚れず、トイレに座るとまるで我慢していたかのように放出される。

 

若かったら、こんな毎月来るようなことをわざわざ書くことはないけれど、

もう終わりがくるのか???と思う年頃になってくると(といっても、人それぞれ全然終わる年齢は違うようですが)一回一回の様子をしっかり観察してしまうのだ。

 

いや、若くても自分の体の状態を知るためには、月に一回の厄介なやつでも観察しておくことが大切なのだ。

 

 

それにしても、これは、なにも食べてなかったら絶対しんどくなると思うくらい、若いころと変わりのない激しい量が体外に出ていくと、怖くなってきた。

今夜は栄養のあるものを食べなくては。

 

 

 

と、いうことで、

ほうれん草をたくさん食べた。

ほうれん草を食べたところですごく栄養を取ったとはいいがたいけれど、なんとなくホッとする。野菜を食べるのって、ホッする。

 

 

今回も機嫌よく体は私を女だと知らせてくれた。

 

ありがとう。

 

 

もう子供産めないし、産まないけれど、女でいる期間は一日でも長く感じていたい。

 

少々しんどくても我慢できる。

 

この先懐かしむことしかできないのなら、今おなか痛くても我慢できる。

 

 

生理前は更年期とも月経前症候群ともいえる症状の鬱がやってくるけれど、おとなしく寝るだけだから大丈夫。

人にあたるわけではないから、大丈夫。

 

大丈夫。大丈夫。

 

 

しんどいのが楽になってるからじゃない、今回もちゃんと来てくれたことに安心して今日はもう本当に眠くて仕方ない。

 

とても気持ちが楽で、ゆったりした時間が過ごせてることに感謝。

まだまだ横には誰もいないけど、それでも気分よく過ごせる週末だ。

頻繁に忍び寄るからたまったもんじゃない

急に、

鬱がきた。

鬱という更年期障害ていうやつ。

 

起きれない。

今、休むべきではない、と思いつつ。

 

振り返ってみると、

ちょっとした気の持ちようだ。人に話すと、それ?ってなるような、些細なことなのかもしれないけど、それでガクンと落とされる。ふいに後ろから押されたように。

 

泣いたり怒ったり気分が激しく変わるのではなくて、起きれなくなるのだ。眠いからとかではなく、やる気がないからではなく。

 

それでなくても、運動不足で血の巡りが悪いから腰が痛いのに、起き上がれなくて横になってたらさらに腰痛が悪化する。起きなきゃ、と思うのにできない。

 

こういう自律神経系はうまく付き合っていかなきゃいけなくて、私の同世代さんたちはどうしてるんだろうと思う。

正直、手に負えない。

 

 

結局会社を休んだ日は、夕方辛うじて晩ごはん食べて、その勢いで起きようとしたけど、ダメだった。

まあ、見る人によっては、すごくズボラにみえるだろう。

たしかに、

たしかに、風邪でもないのに何にもしなくて寝てるから、ズボラ。

 

そう言われても仕方ない。

 

 

ふと、この先を考えた。

 

 

この先とか考えたら、今寝込んでる暇はない。体が動くうちにいろいろしておかなくてはいけない。

体が動くうちに。

 

 

 

…動かないから、仕方ないか。

 

 

 

気分転換に、やっと外に出る。

かなり雨が降っている。

こんな時に出歩かなくてもいいのだけど、本来私は家にいたくないタイプなので出かける時は出かけるのだ。

雨が降ってるからやめておこうっていうのは、私には軽度鬱なのだ。

 

 

近所のカフェ、どこにいこうか考える。

いつもなら、パソコン持ってでるけど、充電できてないことに気づく。寝込んでる時間に充電できたはずなのに、できてなかった。元気な私が悔やむ。

 

今日限定のケーキを出してる店に行くことにして、パソコンは持たず何回も読み返している本を持ってでる。

 

雨の日のカフェは読書に没頭してもいいかもしれない。

 

 

外にいるだけで、やる気が少しずつ回復する。がんばろうって気になる。

多くの人は逆なのかもしれないが、私は外出してる方が好きなのだ。だから、家で寝込むのは、私らしくない。

 

それにしても、

繊細な神経はつらい。

たぶんだけど、まったく状況が悪いわけではない。

エストロゲン(女性ホルモン)の馬鹿野郎!だ。

 

好きな人を作れば済む話なのかなと思うけど、寝込むような私を好きになってほしくないとか思うので厄介だ。

 

そういえば、今日は雨。

よく気圧のせいといわれるけれど、私はそれに左右されてるとは思わない。

天気の日でも、落ちる時は落ちる。

 

 

三連休、なんとか立ち直れたかな。

実際問題として、寝すぎると腰痛になるから、寝込むのはよくない。

腰痛の方が深刻だから。

 

出勤拒否ではないから休みの日でもくたっとなる時はなる。

休み関係ないの、大変だよ。

たまったもんじゃない。

女ってホント厄介だと思ったどうでもいい話

特に、一緒に出掛けたことがあるわけでもなく、

ただ、たまに行ってるカフェで一緒になったバイトの女性。

すごく忙しいカフェなんだけれど、ちょっとおしゃべりするからオーナーが注意したら

辞めていった。

そんな彼女が、最近、よく連絡をしてくる。

 

今の派遣の仕事はいい人だから、恵まれている。と。

それはいいことなのだけれど、一緒に働いていた(って言っても、何回かだけど)カフェのことになると、悪口三昧。

彼女の非は私も思っていたので、悪口となると聞きたくない。

私は別にカフェに対してなにも思ってないだけに、余計に。

 

と、いうよりも、

いい環境にいるから楽しい分、なにかにあたりたいというか標的を見つけて悪口をいいたいのか?と思うようになった。

実際仕事が楽しいのに、辞めてるカフェの話をあれこれ言わなくてもいいはずなのだ。

 

先日、カフェのバイト募集してるよ。

お金に困ってるなら、声かけたら?って言ってみた。

彼女はお金に困ってると言ってたからちょっと言ってみただけだった。

 

女性ってホントに厄介だと思ったのは、

悪口言いたいだけなのだ。

 

 

お金に困ってるなら、自分の非を認めてまたバイトさせてもらえば?って私は思うのだけど、彼女は違った。

ただ、悪口を言いたいだけだったのだ。

 

散々悪口ばかりなので、私もうっとうしくなってきて、

バイトに応募するの嫌なら、もう言わない。その話はしない。

て言ったのでした。

 

行かないなら、もう声かけない。っていったことに対して、

 

なに?その言い方!

 

と返ってきた。

 

 

 

なにが、そんなに気に入らないんだ?

私はとても悲しくなった。

そんな女とずっと会話の相手していたことを。

 

 

悪口しか言わない人に、なぜ怒られるんだよ?

 

 

いい会社で働けてよかったねって一緒に喜んでるだけでなく、

悪口も一緒にいわなければいけないのか?

私は悪いが、それはできない。

 

 

 

あほらしい。

 

でも、

多くの女性はこういう風に解釈するんだ。

知っている。

男性がよくいう「女性ってわからない」って部分、女の私だってわかる。

 

 

思うような答えを返してあげれないから、私はあなたの友達から外れるね。

って言いたくなる。

優しく言って離れていきたい。

 

 

 

 

 

一日、怒っていらっしゃったようで、夜に連絡がきた。

 

 

生理前だし、

メールだから言葉のすれ違いなんてよくあること。

 

 

と。

 

 

 

 

女性特有だね。生理前って。

狂暴になるのは、男性から呆れられるぞ。

と、心の中で思う。

 

勝手にしろ。

 

 

 

平和でいさせてくれ。。。。

 

久しぶりに、休む日と書いて休日だったことを思い出す

今日は、節分。

この2年間、土日もほぼずっと働いていたので、平日に疲れがでて休む日もあったために年休を消化してしまった。

働き詰めはもう体がもたない。

年休がなくなったら、もう平日の仕事は休めない。

 

と、いうことで、

年休が発生するまで、といっても春までだけど、とりあえず土日の仕事をセーブして休むことにした。

土日の仕事をセーブって!!

 

土日は元々休んだらいいんだし、自分の時間があってもいいでしょう、とやっと思ったから。休む日と書いて、休日って読むんだったそういえば。

 

そういいつつも、今日、出かける用事があったとはいえ、しばらく土日はすることないのか。。。と思うとそわそわしてくる。

働かなくてもいいのか?って気分になるし、

この時間がもったいないとも思ってしまう。

たった1日。

1日くらい今まで休んでたはずなのに。

 

なんだろうか。

生活に余裕のない私には、時間があるほど怖い。

このままでいいのだろうか、と焦る。

 

 

いや、まて、

平日にしんどくなって休むのを回避するために取った手段なわけで、

今までできなかったことをすればいいのだ。

 

今までできなかったこと。

 

できなくても別に大丈夫だから、気にしなかった。

でも、今すべき時なんだ。

そうか。

 

家の掃除。

行けなかったカフェ巡り。

親に会う。

 

この3つは外せない。

 

 

今日は節分なので、毎年母親が巻き寿司を作るから、さっそく親には会った。

 

外で会う時は必ず両親揃ってやってくる。元気な顔をお互いに確認して、お茶だけして帰る。

 

土日働いていると、親にも会えなくなっていた。

もう高齢だから、時間がある限りは会えるようにすることが今の課題となる。

 

行けなかったカフェ巡りもしたいけれど、

それに便乗しながら、恋活をしてもいいかな。

誰かとカフェ巡り。

 

この2ヶ月の土日、限りある自由時間として設定したので、これは有効に使わなければと肝に銘じる。

大げさだけど、どんどん年齢を重ねると今できることがこの先できなくなったりすると困るから。特に親孝行なんかは。

 

なので、どうしても後回しになる人だっている。

既婚のおっちゃんとの食事はどうしても、優先できない。

仕事をくれるわけでも、いい人を紹介してくれるわけでもない。

もっというと、養ってもらうわけでもない。

彼らの「女性と会う」という欲求を満たしているだけ。

私の今の大変な状況を話したところで、どうなるわけでもなく、ただ彼らの武勇伝を聞いて終わるだけ。金銭的にも時間的にも余裕がない状況下では、そんな方たちのご機嫌取りしていられない。

 

 

と、考えていても、

やはり、この空いた時間、働いていいたらこれだけ稼げるとか計算して、

ああいつから貧乏体質になったんだ?って深いため息がでる。

 

土日くらい休もうよ。

 

休みくらい、どこか落ち着ける場所に行ってみようよ。

 

 

 

 

 

 

ずっと前に振られた、海外赴任している彼は、

せっかくリゾート大国で働いているのに、日本にいるのと同じくらい働き詰めだったから、よく私はそう思ったもんだ。

 

 

せっかくの休日なのに。

 

 

 

 

 

そう、せっかくの休日なんだよ。

今は、自分に言い聞かせる。

もともとは、その好きな人が働いてるから、私も真似て働きだしたのだけれど。

 

 

時間に余裕をもった生活を。

 

 

節分の節目でそう思う。

母親の恵方巻き、おいしかった。

枯れてたまるか、まだまだ諦めないおばさんのあがき

今週は、女性ホルモンが活躍してるのか、褒められることがあった。

 

かわいい

とか、

肌綺麗とか。

 

社交辞令も含まれているかもしれないけど、なんとなく自分が発する匂いが、フェロモン?て思うような、香水つけてないのにいい香りなので、

人から見たら少し、おべんちゃらのひとつでもいいたくなる雰囲気なのかもしれない。

 

ここずっと汗くさい加齢臭を感じていたので、急に女の子に戻ってるから嬉しい。これはちょっと前のセフレとの逢瀬のおかげに思える。

 

感謝、な気分。

 

だけど、

その褒めてくれたのは女子なのだ。

 

アラフォー女子。

 

 

みんな綺麗なんだけど、唐突に言ってくれるから、なんだろう、嬉しいとしか思えず。

 

 

あ、あ、あ。

言ってくれるのは嬉しいのだ。

でも、

男子に言ってもらいたい。

 

かわいい

とか

肌すべすべとか。

 

男子に言われる方が数倍うれしいし、言われるだけでもちゃんと女性ホルモンはまたがんばろうとしてくれるはずだから。

 

誰か!

 

言ってくれ!

 

気づいてくれー、ここにいますよー!

 

 

て、全然アピれてないみたい。

 

男子引き寄せるほどフェロモンでてないということか。

 

まだまだ、諦めんぞ。

あー、誰かに照れながらチョコあげたい。