甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

早く彼氏を見つけよう。

仲の良いおじさんとは、とりあえず続いている

chel2.hatenablog.com

 

一年前と全く感じることは変わってなかった。

 

おじさんは、彼氏ではない。

おじさんにとっても、私は彼女ではない。

では、

どういうポジションなのか?

 

わからないまま、ずっといる。

 

 

おじさんは、ちゃんと家庭のことは義務としてこなす。

奥さんも、家族も大切に、絶対に揺るがない大切にしている生活。

奥さんとうまくいってないことなんかは、長年一緒にいれば誰でもそうなるということで、それに対して改善をしようとか思ってないようだ。

 

でも、その矛先が私に来ている時もあって、ちょっとしたことで怒ったりする。

なんか阿呆らしい時もあるけれど。

 

おじさんと付き合ってきて、ずっと思うのは、

一人で生きなくてもいいってこと。

誰かに守ってもらうということの安心感、私にはない。

 

共同生活として自分たちが作り上げたものを守って行くという暗黙の了解、それが夫婦なんだなと思うと、私ももう若くもないのに一人で気張って休みなく働いたところで、それがしあわせなのか?と切なくなることがある。

 

バイト先のアラセブンのおばさんは、離婚経験があって今一人で気楽というけれど、やっぱりそんな歳になっても働いていなければやっていけないっていうことは、反面教師として身につまされる事実だ。

 

今まで一人でも大丈夫だと思っていた頑なな思いも、経済的な不安が大きいからかちょっとだけ結婚願望を持つようになった。

いや、それでもまだ一人でやっていきたいというのもあるけれど。

どうにか、一人で食べていきたい。

その上で、パートナーとして誰かがいてくれたらいい。

 

仲の良いおじさんは、私の生き方に何も言わない。

ただ、金銭的な助けはしてもらえないから、もう生活できないなら実家へ帰れとイエローカードを出されている。

イエローカードはおじさんにもらわなくても、もうレッドカードになりそうな状態だけれど。

 

まだまだ私はしたいことがある。

動けていないだけなんだと自分に言い聞かす。

実際、経済的な面から働くことに精一杯で、誰とも会えないし勉強もできていない。

バイトで得るものはあっても、それが私にとって今どうにかなるようなことではない。

 

おじさんは出張で全国を飛び回る。

そして、来月は海外旅行に一人で行くという。

 

私とどこへ行こうという気持ちはないようだ。

 

おじさんにとって私はただの気分転換なだけのポジションだと思うと、おじさんにも入れ込んでも辛いだけだからしない。

 

ただ、いなくなったら寂しいのが多分共通している。

私も早く彼氏を見つければ良いのに、おじさんで良いやとか思うからダメなんだ。

早く彼氏を見つけよう。

 

早く。

 

その日は家で彼氏と親とテレビをみていた。

今年も8月12日になった。

 

8月。

歴史を振り返ると色々と悲しい出来事があるけれど、私が記憶にあるのは、日航ジャンボ機墜落事故

 

www.nikkei.com

10代の時にあった事故で、空港も近かったし、高校の同級生の親や自分が知らないだけで自分の知っている地域の人たちが亡くなっていた。

 

そして、今でもその時の速報ニュースのことは覚えている。

なぜなら、初めて彼氏が家に来て、親と話をした日だったから。

 

とても堅物で怖い父親だということは有名で、地元でもちょっと離れているところに住んでいた彼氏もそれを承知の上で、思い切って家に来てくれた。

それはそれは、緊張したと思う。

別に結婚の申し込みでもなんでもない。覚えていないけれど、ただ何かの用事で来てどういうわけか父親がいるリビングに上がっていた。

 

お付き合いしてます、という公認の挨拶みたいな感じで話す二人。

私は、彼に心の中で頑張れと思うしかなかったけれど、父は別に怒り出すわけでもなく、ホットひと安心したその時だった。

 

テレビに流れた速報。

え?と思って、二人の話そっちのけで、NHKにチャンネルを合わせて見入る。

私は小さい頃から何か大事件が起きたらその情報に釘付けになってしまうので、その後彼がどんなことを話していたのか全く覚えていない。

 

彼はすぐ帰ったと思うけれど、私は送りもしなかったと思う。

もしかしたら、その日あった夏祭りに一緒に行くはずだったのかもしれないけれど、確か行っていない。

大事故が気になって仕方なかったのだけは覚えている。

 

そんな、あの日だった。

 

我が家ではあまりそんな話は出てこなかったけれど、なんとなく自分の中ではしばらくは東京に行くなら新幹線で行こうと思った。

 

あれからもう34年経った。

初めて彼氏が来た日、は私にとってずっと忘れない日になっている。

忘れたっていいことだけど、事故とセットで思い出す。

その時の彼はその後すぐに別の人と結婚しているから、覚えていないだろうけれど。

 

あの山深いところに34年間ずっと登っている遺族の方を思うと、この年月はとてつもなく長い。深い悲しみの中にいる人も多くいる。

 

今では、どんな苦しいことがあっても私はしあわせな方なんだと思い直す日、になっている。

 

 

 

メインで働く歳ではなくなったのに、夜の仕事にスカウトされている

経済的な理由から、夜の飲食店にバイトを行きだして3ヶ月。

ふらふらの毎日だ。

 

でも、夜も働かなきゃやってられないし、

もういい歳なので採用されるだけありがたいと思って頑張っているけれど。

 

とにかく飲食店の人手不足は深刻で、私の行っているお店も私だけ。

何人かきてるらしいけれど断っていると聞いた時は、憤慨してしまった。

どれだけ働かせるつもりなんだ!!!

 

というのも、そこに長く勤めている人はもうアラセブンで後釜を探していて、

できれば年配がいいという希望。

希望。

 

そこに、私がきた。

希望通りの人、らしい。

 

あなたが私の次に頑張ってくれたら!と事あるごとに言う。

いやいや、私は基本的には会社員、昼の仕事で生きてきたので夜は無理です。

何回言われても、何回もスルーする。

  

あなたくらいの年齢がいいのよ。

学生だと若すぎて仕事してくれない。

 

いやいや、若すぎてもがんばって働く意思がある人を大切にしたらいいのに。

若いからダメとか言われてしまうと、私なんかは今の年齢だからじゃなくて性格的に機転は利く方だと思うから若い頃の私を否定されている気分になって、気分良くない。

  

ホルモンバランスが乱れても

ある日突然目が腫れても

しんどくて昼の仕事を休んでも

 

休まず通っている。

ただ、経済的な理由のため、だけで。

 

でもこんな生活は続かない。

もう私もアラファイブなんで。

クタクタ。

 

 

このブログだって、気がつけば一ヶ月放置していた。

いや、正しくいうと、ひと記事書き終わるまで書ききれない。

大したブログではないけれど、あれこれ思ったことは書いておこうとは思っていて、でも日付が変わる頃に帰ってくるともう早く寝たいばかり。

 

バイト先で見た人間模様はあるけれど、帰る電車の中で書き終わらないから下書きで終わることもしばしば。とりあえずは座ると寝てしまう車内でなんとか書こうとはしているけれど。

 

なかなかできない。

もう、時間に追われてる感じで、寝不足で昼間の仕事でミスしないようにするのだけが精一杯になっている。

 

という状態で、

朝方までする仕事にシフトなんて、絶対無理。

まず、昼間から夜の仕事に、この歳になってからシフトするのは体を壊すだけな気がするからできない。

 

とにかく、

昼間の仕事だけで生きていきたいのに、どうしてこうなってるのだろう。

 

とにかく、

昼間の仕事だけで生きていく。

それだけ。

おばさんの中にいたらおばさんになってしまうという危機感

バイトのタイムカード押して帰る時、

早く帰って!と居残りのおばさんが慌てたように言う。

今までそんなこと言ったことないのに急に。

 

同じ時間に上がるおじさんが、あなたのこと気に入って狙ってるの!

(私のこと)独身でしょ?

って、早口で言い、

出会うかもしれないから、早く!!

と追い出された。

 

わけわからないまま、外に出たら雑踏の中その人を見つけることなく駅に向かう。

 

それ、よく考えたら、その日だけのことじゃないよね?

これから先どうするの??

 

て言うか、私そんなことでこそこそ逃げたりしないから

きちんと向かい合って諦めてもらう方法がいいんですけど。

 

といろんなことを考えながら家についた。

 

そもそも、そのおじさんは(たぶん)60代後半だろうと思われる。

許容範囲外。

 

小さい頃からおじさんに好かれてきた私は、晩年まで年上好み。

ファザコンが根源にあるのではないかと思うくらい、年齢は離れれば離れるほど頼もしく思ったもんです。

これは両親も認めていたことで、可愛がってもらえるのはよし!として、父親も何も言わなかった。いかがわしいことが皆無なちゃんとした「お友達」としてのおじさんたちばかりだったから。

 

自分が歳をとってからは、いつの間にか年上好みが真逆になって年下しか嫌になった。

極端すぎるけど、同年代は視野に入らず割と歳の離れた年下になっている。

 

ただ、すでに通過してきた若さを目の前にして、老いとの戦いを感じるからそこは努力しかない。それでもそんな状況は楽しく刺激的で気に入っている。

 

ここ何年か前から状況は激変して、同世代(10歳差)くらいの人たちと仕事をするようになり、今では年上としか関わることがなくなった。

多くの人はそれでいいんじゃないのかと思うでしょう。

私は逆で、時代に逆らってる気がしてならない。

 

時代の中心が40代までだと思っている私は、若い世代の感性や考え方を理解していたいタイプで、世代ギャップも楽しい。古い考え方な自分を改めるためにもいいし、世の中の流れを知ることができる。

 

でも今、昼の職場も夜のバイトも、おじさんおばさん万歳な考え方で影響されてしまうのが怖い。

「同年代との方が仕事しやすいでしょう」と、みな口を揃える。

 

どう言ったらいいのか、正直わからないから返事はしない。

 

昼間の仕事でも、話をして仲良くなりたいのはアラサーの若手男子だし、

夜のバイトで仕事ぶりがかっこよく見えるのもアラサー男子。

おっさんの講釈は全く聞きたくない。

ベテランの余裕よりも、一生懸命な方が好きなのかもしれないところは母性から来るのかもしれないけれど、これはなかなか人に理解してもらえないから困ったもんだ。

 

それもこれも自分が年齢を重ねて、おっさんたちが同世代だからというのもある。

生きてきた時間が同じ同世代は、意見されなくても同じ考えじゃないかと思うからかもしれない。ふーーーんて思うしか、ない。

 

私もなかなかのいしあたま野郎だから同世代だと喧嘩になるのを、喧嘩にならないように歳が離れた人を無意識にチョイスしているのかもしれない。いや、そうだと思う。

 

そんな私もさほど歳が変わらない、仲のいいおじさんと会うようになって一年。

先日、久しぶりに会った時、

ちょっと行きたいところがあるというから付いていくと、

人がたくさんたむろしている場所だった。

そう、ポケモンの対戦をしたいがために、そこへ連れて行かれた。

 

その時、私は体調がよくなくて歩くのも元気なかった時で、

ポケモンした後でいいから薬局行きたいと言ったら

ものすごい怖い顔で睨まれた。

 

世間で言うところ順調に出世して役職ももらっているおじさんが。

私は何?としか思えなかった。

 

例えば、年下の若い男子なら、

背伸びしたいから、そんなことはしない。

俺だって認めて欲しいんだからという気持ちが勝つし、年上の女性をものにしている自分がかっこいいと思っているだろう。

一時的な気持ちであっても、それはそれで男子たるもの!という態度でいてもらえる方が私は楽しい。

 

と、いうことでやはり年下がいいということになります。

一人で行きていくなら、楽しい方がいいじゃないですか?

うんちく垂れるおじさんに相槌打つよりも。

 

 

なので、環境って大切だと思っていて、このままでは本当におばさんになってしまう危機感を持ちながら毎日どう生き抜くか考えています。

 

今日は七夕なので、年下君と出会えることを

祈願しようかな。

気持ちに余裕がないと動けなくなる。不器用すぎるバイト事情

とりあえずバイトたくさん入れたら、体調崩した。ていうか、そのバイトが合わなかったのかもしれない。

 

人からみれば、がんばりすぎのシフトだと思う。

たぶん誰が見ても。

でも、がんばるのが疲れたというより、これは違うと思ったからやめることにした。

 

非難の目を受けながら辞める手続きをして、あっけなく終わる。

 

ふう。

楽になった自分がいた。

やっぱり、プレッシャーだったのを自覚。

申し訳ないけど、プレッシャーを感じながらがんばるバイトはしない。昼間の派遣で十分だ。

 

昼間の派遣以上に絶対的に楽しくバイトをしたい。

それだけなのだ。

極端に言うと、バイトで気分転換したいくらいなのだ。変な話だけど、そんな気分しかない。

 

でもそのバイトを辞めたから、シフトの枠の分時間が出来た。かなりたくさん入っていたから、時間がたくさんできて戸惑う。

 

することは沢山ある。

でも時間ができたといえども、自分の中でバイトの時間に割り当ててた気持ちがあるから、ゆっくりするとかすることすればいいとかよりも、またバイト入れなきゃという、負の連鎖。

 

目の前にはお盆休みのどーんと長い連休が待っている。正社員以外にとっては長い連休は逆に死活問題で、どうすればいいか考えどころ。

 

世間の連休に働けるところを探さなくては。

 

そんなバイト三昧しなくても、稼ぐ方法は他にあるのも知っているけれど、なかなか上手く世渡りできないのが現状。

 

とりあえず、生きていくための安心として、体を張る。そのために気持ちの余裕を。

 

久しぶりにお気に入りの、いまや常連のカフェに行って長居する。

 

リラックスできてる自分がいる。

 

エネルギーチャージはリラックス出来てこそ。

 

やっぱり働こうと思い直す休日です。

 

ごめんね、私の体。頑張ってくれ、私の体。

先日ふと生理が長いことに気づく。

3年前からもう終わるんじゃないかと思うような生理がこないことはあっても、長引くことがなかったので、少し心配になった。

 

それまで3、4日で終わっているのに、もう二週間も経つ。

しかもしっかりと出血する。

終わる気配がないのでトイレに行くのが怖くなって来た。

 

仕事とバイト頑張っている時に!!

早く終わって欲しいのに!と思うと気になるばかり。

幸い今回始まってから鉄分のサプリを飲んでいたのでちょっとはマシだったんだろうけどこれはもう貧血になってもおかしくない。

鉄分のサプリも随分と減ってるから、もう生理が長引いているのは現実として受け止めるしかなく、そう思ったら急に元気がなくなって来た。

 

土曜日の朝も全く終わる気配がないので、近くの婦人科に行ってみた。

大雨だったので、空いていた。

大雨だったので、すっぴんで濡れてもいいような状態で行く。

 

出血がひどいですね。

その言葉に、全身から力が抜ける。

血が流れるのがわかった。

 

 

今、病気になってる場合じゃない。

ここに通う暇なんてないのに。

そう思うと、先生の話を聞いてる間もどんどん猫背になって涙が溢れて来た。

 

血液検査のための採血をして、

そのあと貧血緩和のための注射をしてもらう時も、涙が出て来て力も入らず、少し横になった。

 

この土日は精神的に落ちたので、バイトを休む。

 

人が聞いたら、そんなことで休むなんてというところだろう。

でも、今休まないと、元気にならない。

 

貧血の原因は子宮筋腫

子宮筋腫は女性なら割と多く持ってるものなので気にはしていない。

今までの受診で多分、持っていることも言われていたと思うけど気にもしていなかった。

なのに、この長い生理は症状が出て来たということだ。

 

まだまだ出血が止まらないので強制的に止めるためのピルを飲む。

避妊以外でピル飲むことがあるのかと初めて知った。

ピルは副作用もあるから怖いけど、幸い今のところ大丈夫。

胃が少し痛いけど。

 

とりあえず、貧血で本当に倒れてしまわないように、それだけを願う。

今までもしかしたら貧血かと思うこともあったけど、本当に貧血だったのかもしれない。よく倒れなかった。

そして今回よく倒れずに頑張った。

 

無理せずできるだけ動かないように。と言われた。

それも泣けてきた。

今、頑張らなきゃいけないのに。

 

心臓に負担がかかってるから動かないで。と言われたら、ああそうか。

動悸がするのも、足が極端にむくんで辛かったのも、これのせいか。

頑張りすぎたのか。

 

とにかく、

バイトをこれからどうするか考えなければ。

 

無理は禁物。

私の体、ごめんね。

 

でも、

でも、

今頑張らなきゃいけない。

 

私の体、ごめんね。

高級料理店にいる客層が今の時代を物語っている

経済的に苦しくて、高級料理店でアルバイトするようになった。

客で優雅に男性に連れてもらいたい年齢なんだけど、そんな優しい男に巡り合わないし、もう今の私はそんなお店に連れてもらえるような魅力もない。

 

ならば、自分でいつかは来たい!というつもりで働いている。

 

高いだけの接客もマスターしなければいけないし、接客経験はあるといえどもそれぞれのやり方があるから、全く初心者と変わりないといえる。

 

そこで感じていることは…

 

なんと、若い客が多いこと。

 

一人単価万札が何枚かいるのだけれど、それを知ってか知らずか、いやホテルに入る料理店だから高いのはある程度わかるだろう。そんなお店に堂々と来れるのは、お金に余裕のある人だといえる。

 

お金に余裕があるのは、どうやら今は若い世代なのか。

 

店の雰囲気に怖じけることもなく、堂々と板前と話したりできるところなんかは、慣れてるとしか言えない。そういう店に行くことがない人はどこか緊張が走るのだけど、全くない。

 

そういうセレブリティーな態度はおじさん文化なのかと思っていたら、要は経済的に余裕のある人の振る舞いであって、年齢ではなかった。

 

はー、すごいな。

 

私が若い時はそんな店気後れするし、時代背景で門前払いされたと思う。

 

 

今は金さえあれば行ける。

 

はー、すごいな。

 

 

フロアで接客していたら、こんな人みたいに稼ぐ仕事しなきゃ!と希望を持つ。

 

希望を持つけど、バイト帰れば疲れてしまうのでなんにも出来ず寝るだけ。私はなにしてるんだ?と自問してうなだれてしまう。

 

こんな現実はいやだ。

 

 

今日なんて明らかにアラサーな雰囲気の、店外で見たらチャラい、でもこの店の常連なのでだっさい格好できている。金持ちはわりとおめかししないという、それだ。

 

また、だいたいみんな綺麗な女性を連れてくる。とても綺麗で、どの人も大切にされているのがよくわかる。みな余裕な雰囲気なのだ。

 

高級料理店の現実を毎回まざまざと見て、金払いのいい人しかこないと思うと、やっぱり私は従業員としてしかここにはいれないのか。

 

とにかくお金持ちの余裕がある雰囲気は経済的なもの。お金なんて関係ないなんてのはきれいごとであって、お金がなければ気持ちの余裕なんて生まれてこない。

そして気持ちに余裕があればこそ、いろんなことをしようと思えるしできる。生活に精一杯だとまずいろんなことに気が向かない。

 

静かなお店ではあるが、裏ではてんてこまいで汗だくなのだ。

 

一刻も早く、客側に行きたい。