甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了。でも現在更年期と奮闘中

あれこれ起伏の激しい一日はいらない。

今日はトイレもしっかり我慢しておかなければならないような忙しさで、ちょっと怒られながら頑張った一日中だった。

仕方ない、まだはいってまもない「ペーペー」だから。

それにしても、派遣社員って大変だと思う。何年もそこで頑張っている社員と一緒に初日から対等に仕事をしていかなければならないのだから。

派遣社員といえども、知らない会社でまだよく知らない人と、短時間の説明で同じ土俵に投げ入れられるわけだから。

 

今までのなかで一番派遣の大変さを感じるし、仕事に対して自分に何も残らない感が否めない。

 

でも、派遣もどんどん採用してもらえることが難しいと思えば仕方ない。自分の実力でもらえた仕事がこれだったと認めるしかない。

 

遅い、もっと早く、と言われても、ごめんなさい、まだ一週間も経ってないからね?と心の中で思うわけです。そんな何年もいて慣れてる人と同じ感覚では仕事できません。

 

派遣ってできて当たり前じゃないの?って返ってきそうだけど、

すぐにいろんな会社の内部事情を把握して頑張れるほどの優秀な人は、派遣で働かないでしょう。起業するなり、ヘッドハンティングされるなりしているはずじゃないかしら。

 

それでも「今日は頑張ったぞ」って思いながら、家路につく。

金欠極まらない現状で、ひといき甘い物でも食べたいと思っても我慢して帰る。

 

携帯にきているメールを確認しながら、SNSを見て帰る。

そしたら、どうでもいいメールの中に、おもいがけない内容があった。

 

以前勤めていたところでお世話になった取引先が、会社に私の連絡先を問い合わせていたという内容だった。

 

詳しくを電話で聞いて、緊張していた気持ちが急に楽になった。

 

そうか、私は、頑張ってたんだって。

 

嬉しくて、ここんところ笑うことも、大声で話すこともなかったのが、

大声で話して、えらく笑っていた。

そうか、私は、この前までこうだったっけ。

我慢して過ごしていることを認めた。

少なくとも、ストレスを騙し騙しで過ごしているのはよくない。

 わかっているくせに、仕事を選べない状況だと仕方ない。

 

 

とにかく、嬉しくて、

一日のストレスが吹っ飛んだ!

ああ、いい日にだった。

と思ったけど、実家から連絡で母親が調子悪いという。

 

ぁあ、なんて急展開なんだ!!!

 

さいわいお医者さんへ行ってなんとか元気になったというけれど、

 

急に、何より現実になった。

 

気になってたことが、現実になりつつあるのは、一番怖い。

 

親孝行できる状態ではないので、今倒れられたら、本当に何もしてあげられない。

 

頑張って生きて欲しい、それしかない。

 

 

 

あれこれ、1日で気分のむらが出てしまう出来事は勘弁して欲しい。

 

きっと、全て、ちゃんと稼げていたら何も気にならないことなんだろうけど。

 

やはり、自分の実力のなさなのか。

 

 

そんなことを考えていたら、もう明日に備えて寝なくては。

勉強するきになるのはいつなんだろう。

自分の不甲斐なさを今夜も感じるばかり。

 

明日は、どうか、全てが明るい方向に向きますように。

 

 

全否定を感じてしまうくらい、この先に自信がない

ネガティブが襲ってくる。

 

年齢重ねるって、つらいなって、

それしか思わない。

 

だからって、若ければ。。。っていうわけじゃない。

 

もっと、若い時に先のことを考えて生きればよかった、と思う。

 

 

 

20代の頃はただ、平凡に過ぎていく毎日が当たり前のことのように思っていた。

昼間働いて、夜はたまに誰かと晩ご飯とか食べたり。

お風呂入って、また明日頑張ろうって思いながら寝る。

いつか結婚するかもしれないし、このままかもって思いながら、

こんな調子の毎日が続くと思っていた。

 

けど、いつの間にか私はサバイバルな人生を選んでいた。

 

結婚しなくても、自分で楽しいと思う人生にしようと。

 

 

なので、婚活は特にしていない。

 

していなくても、縁がある人は結婚しているようだけど、

私は全く縁がなく、

適当に会ってくれる人はいれど、彼氏になってくれるひとはなかった。

 

 

 

 

自分で頑張って生きていけると思って過ごしてきた。

 

今もそうだけど、

 

実際にはできてない。

 

頼りたい。

 

本当に、頼りたい。

 

 

いや、結婚したいわけではない。

 

頼りたいだけ。

 

 

 

そこに拍車をかけて、

 

歳を重ねると、いいこともあれど嫌なことだってたくさんある。

 

 

仕事において。

 

 

 

多くの雇主は、結局は若い方が将来性があるので若い子がいいという。

いや、そんなことはないと言われるけれど、実際にはそうではない。

仕事が採用されず、知り合いのカフェで働いているけれど

そこで、実感するのだ。

 

動いているはずなのに、頑張っているはずなのに、

若い子より一歩前にいるのが、年上でしょう?

頑張ってくれなきゃ困る、というのがとっても伝わってくる。

今どきの子たちは、持ち上げることで伸びるから

確かに自信を持ってみんな頑張っているけれど、

何となく、こっちはどんどん自信もなくなってくる。

 

フラットな感覚を心がけているので、

年下からの指導であっても特に気にはしていないのだけれど、

現実は、年上を指導する(勇気がある)年下はなかなかいない。

 

今行っているカフェは、自信があるタイプの子ばかりなので、

年上の私と対等に頑張るし、私に注意するし、指導する。

それに対して私は何も思わないけれど、

雇っているオーナーが、

ある程度の大人が(バイトに)きて欲しいと思っていたのが、やっぱり若い子がいいと考えが変わってきたのだ。

それを、肌で感じてしまう。

 

カフェでもそうなら、会社でもそうだな。。

 

そう思うと、脱力しかない。

 

 

無能な自分を感じてしまう。

今まで働いてきた、今までのことは全く自分の武器になってないし、自分の武器になるようなことができてない。

 

この前までの、楽しかった仕事って、何だったんだ?

ずっと仕事してきた自分って何だ?

 

どうしたら、いいのか。

自信はどこに行ったのか。

 

自分で食っていく、というのは、派遣の基本。

会社を渡り歩けど、自分の力だけで仕事を獲得するわけなので、ある意味フリーランスと同じようなことなのだ。

 

なのに、いつの間にか、雇われる自分じゃないと不安になっている。

 

若くない独身女性が生きていくのは、本当に大変だなって思うようになってきた。

 

いくらでも稼ぐ方法はあるのに、なんて不器用なんだと愕然とする。

 

愕然として、思考が止まる。

 

最悪。

 

歳がどうこうというより、頭固いのかなやっぱり。

 

 

とにかく、今この先に自信を持てる自信が欲しい。

 

 

 

 

好きすぎた彼のことは、ずっと好きなまま

去年のブログを振り返ってみませんか?とメールがきたので

読んでみた。

 

chel2.hatenablog.com

 

去年の私。

とても幸せな内容を書いてる。

 

彼が帰ってきて、ふたりですごすほんの少しの時間。

仕事もがんばってたし、彼は私を見てくれていた。

なんて、

幸せだったんだ!!!

 

そんな去年が嘘のように、今連絡も取らない、思い出の人となってしまった。

 

いや、彼のことは思い出にしているのではない。

 

 

わたし自身が、

一言で言えば、諦めたわけです。

 

 

どうしてるかな彼。

 

随分年下だったけど、それでも好きでいてくれた。

 

体裁や今後のこと思うと、そりゃ全然不釣合いだからいつまでも

こんなことしたくないって思ったんだろうな。

わかりきってる結論であっても、好きでいてくれた。

 

せつない。

ホントにせつない。

 

どんどん老けていく自分が、また好きになってもらえる自信なんてない。だからどうにかしあわせな自分でいれば彼と再会した時に安心してもらえるし、私も笑顔でかわせることができそう。

 

また会いたいから、綺麗でいよう。

寂しい顔したり、悲しい顔はしない。

 

俺が好きだった女、として記憶に残りたい。

来世でも会えるように、そう祈る。

 

連休がまったく楽しめない

連休がまったく楽しめない。

 

バイト先で直面する現実。

 

若い子がいい。

 

できれば、素直でやりやすい子。

 

それが見え隠れする。

 

やりにくい。

 

そんなに若い子いいのかな?

 

若いのは、若いだけだから。とかばってくれる人もいるけれど、

 

でも、同じスキルなら年齢で選ぶんじゃないの?

 

とはいいつつも、若い子よりも長く生きてる分積み重ねたものは確実にある。

ここでそれをいうと、妙なプライドになるから言わない。僻みになるから言えない。

 

なんだか、この前までの、

楽しかった仕事が嘘みたいな現実。

 

仕事も、人間関係も合う合わないがある。

 

 

なんだか身に染みる。

 

連休がまったく苦痛になっている。

シビアな現実だけど、食べていくってそういうもんだ。

この前からデスクトップパソコンに寿命が来たようで、使えなくなった。

 

なんとなく、悲しかった。

 

その気持ちが萎えないのに、ノートパソコンの調子が悪くなった。

 

ただ単に、バージョンアップすればよかったというのがオチだったのだけれど、

 

急に動かなくなったら、どうしたらいいのか戸惑ってしまう。

 

ITに強いわけではないので、考える。

 

機械相手だと、間違ってつぶしたら恐いって思う。

 

まわりにはパソコンに強い人が多いので、聞きたい。

 

多分私の悩みは、初心者すぎるほどの簡単なことで

 

でも、聞くとなると、これは有料質問だろうと思うから簡単に聞けない。

 

そのくらい、知識にはシビアなんだ。

 

ちょっと、が聞けない。。

 

調べるしかない。

 

けど、わからない。

 

 

2日考えて、思い切って友達に質問した。

 

案の定、これはごはん奢ってもらうレベルと言われた。

 

覚悟?していたから、それはいい。

 

話口調からして、やはり簡単なことなのかもしれないと思ったので、自分でなんとかしてみようと頑張ってみた。

 

これがあってるのかどうかわからないけれど、なんとか合っていたようで、

無事にフリーズも解除され、新しいバージョンにして、

ちょっとだけリニューアルできた。

 

 

まあ、世の中ってこういうもんだな。

 

こういう事態になった時のためにも勉強しておかなければ。

 

自分でできたときの達成感、些細なことだけど、スッキリする。

 

フリーランスの人たちのシビアな感覚は、なかなか勉強になります。

 

頑張ります。

不器用な生き方なのでゴールデンウィークがつらい

自分に合う仕事って、たぶんある。

毎日楽しくすごせると思う。

 

それが、雇われていようが、自分で仕事しようが、

ひとそれぞれ。

 

お金の稼ぎ方なんて、いろいろあるのは知っていても、

力が入ってしまうのか、立ち止まってしまう。

 

頭痛なんてしない私が、頭が痛くなる。

これは、とても深刻だ。

 

 

 

 

まったく働いていないわけではない。

3つも仕事をしていて、1つの仕事が終了しただけなのだ。

でもその終了仕事がメインだったので、他のは副業というか、お小遣い稼ぎ程度だったからこれは困った、としかいえない。

 

 

 

お金がないってのは、こんなに行動を制御するものかといまさらのように思う。

絶対に行かなければならないところを、体調悪いといって断らなければならない。

行動あるのみ、というが、正直交通費がない。

そこまで追いつめられていても、

でも、自分の未来にはまだ希望は持っていて、

ちゃんとこの先の自分はやっていけるという自信だけはある。

 

終了した仕事で、多くの人に別れを惜しんでもらったのは、

自分の財産でもあると思えるから。

まだまだ自分はがんばれると思えるから。

 

 

と、いいつつ、

久しぶりの一日フリーは、ゆっくりするどころか、ゆっくりしている自分が怖くて、つらい。

 

働いていなきゃ、怖いと思うようになった。

 

ダメだ。

 

 

こういう人って、たくさんいるはず。

 

これは、よくない状態ですよ。

 

 

 

ひとりでも楽しく生きていけるように、楽しく過ごさなくてはいけません。

好きなことをして生きて行くっていうのは、すべて自分の気持ち次第だけれど、

お金がないとやはりふさぎ込んでしまうものです。

 

稼ぐ方法なんて、いろいろあるといっても

不器用さんには、難しい。

 

 

 

難しい。

 

 

そう思う、ゴールデンウィークです。

 

 

 

 

 

 

女性ホルモンがまだがんばってる

生活することで精一杯になっていたのと仕事が楽しかったのとで、男に触れることはない毎日だったけど、このあいだセフレに会った。

 

1番の興味はボディメイクというセフレで、大して私のことはなんとも思っていないけどエッチするなら私とというわりには全く音沙汰なくて男に興味があるのかと疑うくらい、あっさりした人なのだ。

 

セフレだから、エッチは一番の目的だけど、連絡は来ずとも会えばわりと優しい彼氏みたいなノリなので私は気に入っていて、会うたびにデートはいいなと思う。

 

しかし、残念なことにまさかのアレになり、充分楽しめず、エッチは次回のお預けになってしまった。

 

それでも久しぶりのイチャイチャは精神的にリラックスできて、生理があることで女性ホルモンはまだ健在だと思いつつ、減る一方でなんとなく恐怖も感じている最中だったので、女性としての自分を確かめられた気分でよかった。

 

その後仕事に行ったんだけど、

仕事場にいる男性が

 

今まで思わなかったけど、今日いい匂いする!

と言ってきた。

 

え?

 

飲食店なので香水はつけていない。しかも汗かくし汚れるから大した服ではない。

 

と、いうのは、

 

もしや

 

 

女性ホルモン⁇

 

 

他は女性ばかりだけど、誰一人なにも言わなかったので、これは男性にしかわからない嗅覚なのか⁇

 

たしかに、女性ホルモン分泌が多いと女らしいし、たぶんいい匂いもするのは若い頃思ったことがある。

 

なるほど!

 

女性ホルモンて、すごい!

 

男といちゃいちゃしただけでも働いてくれてる!

 

今までは当たり前だったのが、年齢を重ねるほどに感じるもののひとつか。

そうか。

女性ホルモン減少の時期に久しぶりの男だったから。

 

あー、すごい!

 

 

セフレに会えたことよりも、自分の女の体の変化について驚いた。

 

ちゃんと、パートナーいた方がいいな。

痛感した。