独女のつぶやき

無理しないで生きる

休み休みの冗談すらいらない妙齢の憂鬱

大好きな彼は、

まあ彼というポジションではないけれど、大切な人。

とても年下なんだけれど、妙齢だとわかって相手をしてくれる、寛大な人。

 

最近、年下がゆえの悩みを持ち出した。

というか、誰でも思うことなんだけど、

俺たちこのままでいいのか?というもので、

束縛されたくないといいつつも中途半端がイヤといい、

この先のことが考えられないという。

要は、この先一緒にいる人は私ではダメだというもの。

 

かれこれ、3年ほど経つけれど、

彼はその間かなり悶々と、好き好きオーラを醸し出す私に後ろめたさを感じつつ過ごしていたわけです。

ていうか、彼は、敢えてこれ以上気持ちを盛り上げてはダメだということで

よほどじゃない限り会おうとはしない。

 

基本的に海外にいて、本当にたまにしか会えない。

それもこれも、私があしげく連絡をして忘れないようにしているからで、

最近はそんな努力もみすみすスルーされる。

これ以上どうにもならないっていうこともわかっているだけに、

彼の心情もわかる。

 

年下と付合うことで気をつけたいのは、

年齢差を感じさせないこと。

これにつきる。

私という人を認めてくれてる、というか、

私と気が合うと思ってくれてる人は好意的に見てくれているというそれだけのこと。

ありがたい。

どんどん老けていく自分にストップをかけてくれる存在は

とてもありがたい。

 

例外なく彼もそんな私を認めてくれていて、

私の私情なんてのはつきあっていくうえで必要ないと言ってくれる。

知らなくてもいいと言う。

私のことを知らなくていいとは聞き捨てならないけれど、

相手を選ぶ時にあれこれ条件をつけなきゃいけないタイプじゃないので、

そうでなければ随分年上な私と対等に付合えない。

私のことを思って言ってるわけではなく、

彼のポリシーみたいな感じなので、私はそんなところが大好きなのだ。

 

 

彼もそう思ってくれていたのか、

海外赴任になってから連絡は途切れたままの頃が長かったけれど、

時間が経ってもちゃんとやさしい。

 

素直にうれしい。

 

そんな時、

「会えない時間が愛を育てる」とかいう歌詞を思いだす。

愛が育ってるとは言いがたいけど

会えなくても冷めてない。

案外二人ともが忍耐強かったというだけだけど。

 

そんな彼が

この先のことを憂うわけです。

 

そんなことを言われたから、

次の日はとてもとても泣きそうでした。

彼は、

付合うとかそうのは重いわけで、

ただ

 

 

抱きたいというだけで。

 

 

 

 

 

でも、私専属でというわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、セフレというやつですけどね。

 

 

10年先も抱かせてくれと言ってくれるので、

たぶん

結婚しようという言葉と同等くらい

うれしい言葉。

だって、結婚したら10年先もこの妙齢で抱こうと思うかというと

0に近いだろうから。

 

今の状態だから10年先の私でもいいと言ってくれるわけだから、

本当にありがたいお言葉なのです。

 

だけど。

 

ここんところ

私はモテ期到来しているのか、この夏

彼と同世代のメンズから

抱きたいと。

ありがたくも迷惑な申し入れ。

 

彼はね、

現実的にちゃんと考えて

ムリだなということを言ってきたけど

 

その人たちは、

結婚したいと言う。

 

 

信じられない。

 

 

 

 

 

 

ていうか、

お母さんと同世代かもよ?っていう

年下君が一番積極的で

 

よくわからない。

 

「お母さん世代だよ?」って

ついに言いたくもないことを言わなきゃならない。

 

 

 

年上でもいいというのは本当にありがたい。

私もどれだけ好きでも妙齢ということでいろんなことを

諦めてる感はあるんだけど、

ちょっと遠慮がちに「年上どんな感じかな」っていうのならともかく

ガチで「年上がいいから」と積極的に来られるのは

戸惑うばかりで

怖い。

 

 

 

この夏はそんな年下君からの連絡ばかりだった。

最近知り合ったわけではなく、わりと古い友達だけど、普段全く会ってないのに。

 

どういうことだ?

 

年下の彼の判断が全う過ぎて、余計に彼のことが好きになるばかりで、

結婚という言葉を匂わせてくれるのはありがたくても

全然うれしく思わないのは、

神様のいたずらなのか。

 

自慢でもなんでもない。

 

この妙齢に冗談はいらないんです。

私と生きてくれる人がいいんです。

 

そして、私は彼を選んだ。

でも彼は私を選んでない。

 

上手く行かない世の中だと言いたいんです。

 

したい、ではなく、する、ということが大切だった

起業している知り合いが仕事が忙しすぎるというので、

たまに手伝いにいってる。

彼女はたぶんだけど一年くらい前から仕事が軌道に乗って、

住まいの近所に事務所を構えてるのに、家に帰れず事務所で寝泊まりしている。

 

頑張り屋さんなのだ。

 

でも、ふと彼氏がほしくなったみたいで、

結婚相談所に相談して、お見合いをして、

あれあれあれ???

っていう間に、

婚約したのだ。

 

30代。まだまだ若い。

でも、結婚となると、特に結婚相談所などに登録している男性の条件は、

子供が産める年齢が求められる。

 

起業していて30代後半で、

子供はまだ可能性がある。

 

そんな女性を希望していた人と、すぐに出会えたという。

 

実際女性の30代後半はあまり需要がないらしく、

苦戦を覚悟だったそうで、

結婚相談所に入会して2カ月で結婚が決まるのも早すぎるくらい早く、

彼女はやはり

今年はついていたようだ。

 

そんな、うまい具合にいくこともあるんだと、正直、驚くばかり。

 

いろいろと話を聞いていて、、

「結婚したい、んじゃなくて、

結婚するって決めたから早かったんです」

の一言は、

 

結婚だけに限らず、

いろんなことに通じることだなと

ずんと心に響いた。

 

したいって希望ばかりではダメなんだな。

動かなきゃだめなんだな。

 

 

今の自分ではダメだなと、

優先順位としては結婚かもしれないけれど、やはり

仕事面でそう感じてしまう。

 

もっと動かなきゃ。

もっとがんばらなきゃ。

話の途中で、仕事の話にそれた時に、

余裕のある彼女は、

「都会で働いているだけですごいと思うけど」

と言った。

 

 

そ、そうなの????

 

 

単純に

あ、そうか。

と自分に納得できる一言だった。

 

私だって、がんばってたんだった。

ちょっと、気分も楽になった。

 

結婚せずにがんばるって、

自由にいれる分、自分がすべてだから。

わかってるくせに、

ちょっと不安だった。

 

 

安心したら、先に言われた

したいではなくてする。ということを思いだした。

30代の彼女はしっかりしているので、

結局いろいろ教えてもらってる感がある。

 

 

もっと積極的にしなければと思いつつも、

やっぱりそれが仕事に向けてだから、まだまだ

私は結婚しない。

 

残念ながら、

私にとって結婚はまだ先なんだろうな。

って、

先って、

これから年老いていくのに、

一体いつだ??笑

結婚に夢見ている少女はきちんと実行するもので

武井咲ちゃんが電撃結婚をした。

しかも相手が、あのみんなの王子様タカヒロだからびっくり。

このニュースで、私はあれこれと思うことがある。

 

妙齢の私が思うこと、だからね。

 

特にEXILEファンではないけれど、タカヒロはベビーフェイスなところが好きで

見れば萌え〜な感じだった。

が、年齢までは気にしてなかった!

もう32だったのか。

ベビーフェイスの特権、年齢が若く見えるというのは例外なしというところ。

32だったら、結婚したいなと思ってもいいでしょう。

いくら大勢の熱狂的なファンがいる芸能人であっても

一個人としては、好きな人と一緒にいたいという気持ちはあるでしょう。

 

武井咲ちゃんにおいては、10代の時から同じ印象だったけれど

最近年齢的にも色っぽくなってきたなと思っていたところ。

今のドラマの役柄も手伝って、かなと思っていたけれど、

やっぱり23歳くらいになると、しかも女優さんとなれば色気が出てきて

素敵になってきたなとぼやっと見ていた。

 

今まで見てきた経験によると、

結婚が決まったカップルは、絶対的にどこか変化が見れる。

いつも通りにしているのに、いつもの服装であっても、

つやっぽいというか、色っぽいというか、

内面からのしあわせ感がじわっと感じる。

結婚が決まったカップルだけではない。

好きな人と上手くいってる人なんかでも、そう。

やっと恋人ができたてラブラブな人も、そう。

見ていると

違う。

 

その違いが、武井咲ちゃんに見られたから、

よかったねと思うばかり。

 

 

そして、時間が経つにつれ、いろんな記事が出てくると、

昔のインタビューで、母親が22で結婚したから自分も、という下りがあって、

それ、

それって!!!

 

お母さん45なのか!!!

 

そこ。

 

そこが私はとてもびっくりでした。

まあ、普通に計算するだけでも別におかしいことはない。

びっくりすることでもない。

 

でも妙齢な私には、

そうなんだ。。。と思うしかなかった。

 

 

来春には45でおばあちゃんになるんだなと思うと、

世間的には、おかしくはないとしても、

やっぱり若いおばあちゃんだよねと思うわけで、

私の友達ももおばあちゃんになっているけれど、

実際自分がその立場やシチュエーションにならない限りピンとこないわけです。

 

武井咲ちゃんは家族と仲良いイメージで、

お父さんが嫁には行かさないぞと言うというエピソードを10代の頃に言ってた記憶があって、

考えてみればお父さんだって、お母さんの年齢からしたら40代だろうと思うし、

そりゃかわいくて美しい娘はそばにいてほしいと思うでしょう。

それが、いきなり嫁にいくわ妊娠しているわもうすぐおじいさんになるわで

相手があのタカヒロだということは納得できても、きっと複雑な心境でしょう。

 

 

武井咲ちゃんが、小さい頃から芸能界にいたというのが

功を成したといえるのかなとも思ったりするのは気のせいかもしれないけれど、

23で結婚したいというのを密かに実行にうつしていたのは、

圧倒的にあっぱれと思う次第でした。

 

 

 

また、Twitterなどでなにげに話題になってるフレーズ

ゼクシィの

「結婚しなくても幸せになれる時代に、わたしはあなたと結婚したいのです」

 


ゼクシィCM「私は、あなたと結婚したいのです」噴水篇

 

 

そんなフレーズも当てはまる気がしたのでした。

 

 

 

秋めいてきたから、調子を整える

ついこの間、

ちょっとした立食パーティーで、食べ過ぎたのかその後体調が悪くなった。

 

寝る前だったので、お腹周りを保護。次の日には治っていた。

 

胃が悪くなってる?

刺激物食べた?

食べ過ぎた?

 

いずれもあまり当てはまらない。

 

ふと、なにかの拍子に大事なことを思い出す。

 

消化が追いついてない。

 

そうか。

胆石持ちの私は、胆嚢のこと忘れてた!

胆嚢の調子があまりよくなくて消化しにくいとすれば、

この冬の不調はもしかしたら

胆嚢が弱っていたからかもしれない。

 

内臓の不調は明らかに、不規則な生活からだから、やはり体は労わってあげなくては。

 

今日はお腹空いたから、油がまわってる消費期限切れのクラッカーを食べて、吐きそうになった。

消費期限切れだからじゃない、たぶんまた私の内臓は頑張って働こうとしていても、どうも消化しきれない状態なんだろう。

 

なにげにむかむかが続く。

そういえば、ヤブ医者は

妊娠違うの?って繰り返してたっけ。

妊娠ならわかるって!

私の年齢をわかって言ってるのは、優しさかいじわるか。

 

とにかく、おめでたいわけではない。

 

せっかく秋になるんだから、いっぱい食べて元気でいなければ。

おばさん、女子力ないからな。とりあえず食べなきゃ。

30代はきれいだよ?

匿名ダイアリーの記事を見た。

 

30代女性が18歳男性を抱くというやつ。

30代で若いメンズに気後れしながらセックスしたという。

なんかわかんないけど、わたし的には30代で気後れするのか?と思った。

どうして、そんな後ろめたいことになるんだと思った。

 

世間的には30代の女性って一番きれいだと思うし、

セックスだってちょっとうまくなってると思うから、

抱き甲斐ある世代で、体なんてのはまだまだ崩れてはいないはず。

崩れてるなら、きっと暴飲暴食を続けてきた人なんだろう。

18が応じるということは、ある程度綺麗なはずなのだ。

 

 

 

あまりに歳が離れているといざセックスするとなると、

上手いとか気持ちいいとは思わない、ただセックスをしただけという感じになる

らしい。

 

私はそれは思わないけれど、

多くの女性は、自分が年上という負い目からか、そう思う人が多いようだ。

実際、後ろめたさが勝ってしまうようだ。

 

よかったのか、どうかがはっきりわからない。

でも、若い子に抱かれているというある程度の緊張感から、夢中になれずにわりと冷静でいれるとしたら、テクニックの良し悪しは確認しているはず。

 

よく、若いと経験数がないから下手とかいうけれど、

それ以上にその人の感性というか、セックスに対しての取り組み方が大切で

下手なのは、正直、年齢ではないと思う。

 

妙齢になってから、20そこそこのメンズに

相手してもらったことがあるけれど、

上手いと思った人もいれば、やっぱりなって感じでがっかりした人もいた。

上手いと思った人は、それだけでモテるんだろうなと思った。

 

でも、ある程度経験している30代以上のメンズでも

下手な人は下手なのだ。

自己中は性格からくるものだろう、セックスも独りよがりに終わる。

しかも、案外モテる人は女性に不自由しないから、独りよがりな人が多い。

若い云々よりも、一番厄介なのは、

抱いてやったんだという勘違い野郎なのだ。

 

 

誰だってどうせなら、上手い人に抱かれたい。

好きな人が上手かったら最高だと思う。

 

恋は盲目で、好きだから上手いと思いがちだけど、

過去になってしまったら、さほどそうでもなかったと思う人ばかり。

残念ながら、めくるめく快感に酔った思い出は、なかなかない。

それゆえ、別れてしまうと何も思いだすことがない。

 

逆に、エッチがよかったと思うと割と女性はずっと覚えている。

しかも、

密かに今のパートナーと比較していたりする。

そして残念なことにセックス中に思いだす。

あの時はこうだった、とか。

 

もちろん、あの時こうだったから気持ちいいところがわかって、

ちゃんと今の人に、こうしてほしいと申告できるならいいけれど、

大概の女性は、

黙ったまま

目をつぶったまま、

 

ああああ、あの時こうだったな。。。と思ってたりする。

でも、女性は気を使って、よかったと言ってくれるわけで。

 

 

要は、女性は安売りしたり、自分の年齢でがっかりしなくてもいいんです。

魅力的であれば、妙齢でも抱いてくれる。

だから、

軽々しく下手な男と寝なくてもいい。

 

魅力的な部分をさらに魅力的にしてくれる

男性が絶対いるはずで、そんな人に抱いてもらうこと。

 

 

30代が18歳を抱く。

記事としては釣りかもしれないけれど、

まあこんな話は無きにしも非ず。

 

30代をピンポイントにして考えてみたら、

30代は一番素敵なんだよっていうのを言いたかった。

相手が18だったから、いまいち楽しい話ではないんだなって。

 

 

・・・あと、私の偏見で言うと、

歳が離れている女性を相手にできるという男性は

わりと器がでかい人だったりする。

広く浅く、柔軟な考えができる人だったりする。

将来が楽しみなタイプだと思う。

 

 

理解できる人にだけ理解いただけたらと思うことでした。

すみません。

誰かが私を見守ってくれてるありがたさよ

歳が離れている人と気があう。

上にも、下にも。

とにかく歳が離れているほど、なぜか話しやすいから仲良くなれる。

 

だいぶん年上だし、若いメンズに遊ばれて、というストーリーがあってもおかしくない。

いや、本当は遊ばれてるのかもしれないけど私には実感がない。

 

人を介して仲良くなった人や、SNS経由だったりするけれど、

どのメンズも長く知り合いで続いていて、仲もいい。

現実的には彼女というポジションにはまずならなくて、身体目的にされるのもこちらとしては申し訳ないばかりで断るけど、

続くのだ。

 

不思議な上、

とてもありがたい。

 

たとえ、身体が目的としたとしても、十分なおばさんですから、

もう今となるとありがたいばかりだし、自分磨きしなきゃと思えるし、単純にうれしい。

 

ありがとう!

 

特に今月は、年下君たちが連絡してきてくれた。

電話してきたり、

はたまたわざわざ会いにきたり、

休みで帰ってきたからとか、

示し合わせたかのように連絡の嵐だった。

 

私自身になにがあったわけでもない。

 

 

元カレや

音信不通だった大切な好きな人まで、

何ヶ月かぶりに連絡くれたから、

もしかしてそういう星回りにいるのかもしれない。

 

 ひとりを支えてくれてるのは、こういったなにげないことなのかな。

 

今しかできないことの積み重ね。

会える時には会っておくことも、積み重ねのひとつ。

 

今日も私は仕事だけど、

がんばろう。

 

おばさんのイタイ話です

好きな人がいる。

 

と、いうか、この歳で片思い。

結婚もしてないのに、片思い。

 

婚活できない理由はこれかな。

 

 

結局、私は夢みる夢子さん。

片思いの人がいつか振り向いてくれるんじゃないかと、わずかな希望を持って、その気持ちだけで生きる。

 

 

バカだなー。とか、

なにしてるのいつまでも。とか、

聞こえてきそう。

 

 

結婚情報誌のゼクシィのCMで、

結婚しなくてもしあわせになれる時代に私はあなたと結婚したいのです

というフレーズがとてもすきで、

 

私はずっと結婚しなくてもしあわせだったわけで、

これからもそうだと思うのに、

なぜか、

 

私はそばにいて彼の生き方を尊重できるんじゃないかと思うと、

彼と結婚したいと思ってしまう。

うまくお互いが生きて行けるんじゃないかとなんとなくの予感が、ずっとある。

 

 

もしかしたら、彼は違う人を選ぶかもしれない。私はそれはそれで構わない。

 

どこか彼と私にしかわからない通じない気持ちがあって、それは揺るぎないものな気がするから。

 

妙齢の片思いはイタイ。

 

そして、おばさんの恋愛話なんて、ウザい!

 

よね。

 

年下の海外赴任に

三年越しだからなあ。笑