独女のつぶやき

無理しないで生きる

自分に似ている子供ってどんなんだろうと思う

妙齢になると、諦めなければならないことも

ちょっとずつでてくる。

それは、人によって違うとは思うけれど、

私の場合は、

 

 

子供を産むこと。

 

 

これは、

 

やはり、

 

もう諦めた。

 

 

絶賛出産適齢期は10代から30代と長かったのに、

産む気がなかったし、

結婚を考えるほど好きだった人はバツイチで子供がいたので、

私が彼の子供を産まなくてもいいかという気持ちだったため、

産みたい!という瞬間がなかった。

 

でも、

 

女性という本能で、

妊娠したいと思うことは多々あった。

子供がほしいというのと、妊娠したいというのは、どうやら

まったく違う感覚で、

男性が

この女性の中に出したいというのと、受精して子供を産んでほしいというのとの

違いじゃないかと思う。

すごく紙一重な感じだけれど、

とにかく

本能でエッチがしたくて仕方ないイコール妊娠希望とう時期があった。

 

その時に、結婚してもいいなという彼がいたら

そのまま子供が生まれていたかもしれない。

結婚するつもりがないと、妊娠希望であっても

本当にそれを実行することはなかった。

 

 

結婚するつもりがない人と付き合ってしまったから

今も私はひとりなんだろうけれど、

もう、閉経が忍び寄ってるとそれでも子供を産みたいという情熱はない。

 

情熱はないのに、

なぜか、最近子供について考える。

身内の子供がもう大きくなってきたのもそうだけれど、

いろんなところでみる赤ちゃんなど見てたら、

 

自分が産む子供はどんな風だろう。

 

どんな子供になるんだろう。

 

 

永遠に叶わないことだから余計考える。

 

 

しかも、

大好きだった人との子供だったら、

こんな顔かなーとか、

乙女の世界に突っ走る。

 

 

昔は、これっぽちも考えたことなかったことなのに、

今はとても興味深い。

遺伝子ってすごいなって思う。

それを確かめることができなかったのは、ちょっと残念だったりするし、

自分に似ている子供って、神秘だろうなとか、

いまさらながら生命ってすごいとか、関心が大きくなる。

 

なぜだろう。

 

もうそろそろ女を卒業しなければならない時期にかかってるから

最後のあがきみたいな感じで、

これも本能がなせる業か?

 

 

 

もう

子供を産みたいという気持ちはないくせに、

好きな人との子供だったら

産んでみたいなと心の底で思うのは、

それだけ、その人のことを好きなのかもしれない。

 

ということは、

子供を産める長い時期に

子供を産みたいと思える人に会ってなかっただけ。

私が産む!と思う人に会ってなかっただけ。

 

このことは、今世でできなかったこととして

来世に持ち越そう。

 

できれば、

今好きな人と、また出会って

私が産む!って思いたい。

 

 

すごいな。

 

産む産まない関わらず、

本能は

産みたいのだ。

仕事上の嘘は、恋愛の嘘よりも信用できない

私は今、契約で働いているので、正社員ではない。

 

歳はいっても、まだ新人だ。

 

まあ、新人のうちにこの仕事は終わってしまうけれど。

 

 

それを、知ってか知らずか、

あまり出会いたくない人についに出会ってしまった。

 

仕事の上で、平気でうそをつく人。

 

 

私の上司も、すぐこのポジションを離れる人なので、

今している仕事は、みんなが手探りといえる。

それでも、なんとか前回と同じように処理をしている。

 

前回と同じように処理をしているので、

だいたい間違いはない。

少々の見間違いはあっても、重大な部分を見落とさない限り大きな失敗になるようなことはない。

 

 

そんな中、

それは、あなたがするんじゃないですか?

と、マニュアル通りに相手に投げかけた仕事に思わぬピッチャー返しが来た。

 

 

上司も私も、これで間違いはないとしたうえで、投げかけた仕事だった。

 

 

そんなはずはない。

 

 

私は、過去を調べて、この仕事をしていた前任者の残したマニュアルも確認し、

また、事情を知ってそうな別の人にも確認した。

もちろん、過去データが一番信用できるので、物的証拠を取るために探す。

 

 

 

どう考えても、相手が

自分がしたくないから、あたかも新人のこちらが間違ってるかのような言い方で

させようとしているように見える。

 

 

どの、物的証拠を見ても、そうとしか思えない。

極め付けはメールも見つけてるわけだけど、

なんせ、

わたしたちは新人。

相手は、ずっとこの仕事をしている人。

信用という意味では、相手が勝つ。

 

 

ここで、

新人の私たちを捕まえて、それはないだろうと思うわけね。

 

 

今までは、こうだったけど、

こういう理由で、今度からあなたたちがしてほしい。

と言えば、済むことなの。

ベテランなんだから。

 

なのに、

いや、今まであなたたちがやってきたことなんだから、と決めつける。

嘘だってことわかってるのに、折れない。

 

見苦しい。

ああ、見苦しい。

 

 

いままであなたたちがやってたはずだって言ってるから、素直に聞いておけば?

と部外者に言わせる。

いままでっても、私も上司もいなかったんですよ?

 

 

 

しょうもない会社だな。

 

 

 

なんだか、一気にテンションが下がった。

小さなことでこんなんだと、他の重大なことも嘘で固めてそれを正としてるんだろうか。

 

正社員でなくてよかった。

こんな人がいる会社、ずっといれない。

滅多に会わない人であっても、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」になりそう。

 

 

 

仕事は

気持ちよくするスタンスですから。

 

 

それに、仕事でうそがつけるということは、

プライベートなんか、うそばっかりかもしれない。

 

世の中には

いろんな人がいるけれど、

やはり、仕事は真摯に向き合ってほしい。

 

 長く働いていると、こういう事件は恋愛がうまくいかないよりも

悔しい。

イラっとくる。

仕返しをしたくなる。

 

それだけ、ちゃんと仕事をしているということだから。

 

まあ、恋愛でそう思わないのはちゃんと向き合えてないともいえるな。

うん。

 

とにかく、

仕事でうそはつくな。

乙女な(熟女の無茶ぶりな)祈り

好きな人が、私を見てくれていると実感がある時と、

ああ、私を見てくれてないと確信する時の

違いがなぜかわかるんだけど、

これって、誰もがそうなのかな?

 

 

例えば、好きな人からいつものようにメールがくる日々が続く。

ある日、メールが来なくなる。

あれ?と思った頃に、決まって

別の男性から、メールがくる。

 

相手が私に向ける気持ちが離れてると、そのスキを狙ってくるかのように

別の男性から「久しぶり」メールがくる。

 

不思議なことに、

どの人と付き合っていても、

大概、ちょっと彼が冷たくなってるな?さみしいなと思っていたら、

全然興味のない男性から連絡がきて、

彼からかな?っていう大きな期待が外れてがっかりする。

 

 

 

おかしいくらい、

いつもそう。

 

 

 

体の関係の人は特にそう。

 

彼氏がいるんだよって伝えていないのに、彼氏がいる間はまったく音沙汰なくて、

ちょっと危ない(別れる)かも?って思ったりする頃に、

まるで監視してるかのように、連絡がくる。

 

 

体の関係の人は、はっきり終わりを告げても、

愛情がない分、日が経つとまた期待されてしまうようだ。

 

 

体の関係の人じゃなくても、

連絡してもらっても困るって人に限って、

私が好きな人に振られたときなんかに、ノー天気に「元気?」てくる。

 

だから、

最近は、

どうでもいい人からの連絡が来たら、

今は、

好きな人の気持ちが私に向いてないんだと、自動的に思うようになった。

 

 

現に、

私が大切に大切に、片思いでもいいからずっとそばにいたいって思っていた人から

連絡が途切れたとたん、

 

 

本当にどうでもいい人たちが

どどっと押し寄せる。

特に既婚者。

既婚者は浮気する勇気はないくせに、ちょっと遊びたくてその相手に私を選ぶわけです。そう都合のいい女にされるわけです。

 

都合のいい女ってのは、体だけのことではなくて、

ごはんだけというやつもそうで。

もっといえば、お茶もそう。

美味しいもの目当てでひょいひょい着いて行ってしまう年齢はすぎたので、

興味ない人と過ごすということ自体が苦痛だということです。

 

 

どうか、彼の気持ちが私に戻ってきてくださいと祈るのも、

いつのまにか、

どうでもいい人が引いていきますようにと祈ってるみたいに

錯覚してしまう。

 

 

都合のいい言い方をすれば、

どうでもいい人がそばにくるっていうのは、

それまでは、彼が見えないバリアで守ってくれてたんだなって

そんな単純なことさえ、思ってしまうわけです。

 

 

 

 

今、

彼がいなくなって、

どうでもいい人が連絡してきて、

途方に暮れている最中。

 

 

新しい出会いもほしいけれど、

できれば、

彼が戻ってきてほしいと思うくらい、

実は一途なので、

 

本当に、

彼が戻ってきてほしい。

 

 

 

イラっとするときほど、

好きな人がそばにいてほしいのに、

どうでもいい人にイラっときて、

でもそれを解消することができずで、

悪循環。

 

今は、

どうか彼が戻ってきてほしいと願うばかり。

 

アラサーを売れ残りとかいう理由がわからない

有名ブロガーさんの「売れ残り」(結婚していない)についてのツイートが炎上している。

 

ご本人の年齢はよく知らない。

でも、まだまだ若いはず。

なのに、売れ残っていると叩かれている。

 

不思議だ。

 

やっかみな有名税も入ってるだろうけど、まだまだ若く見える彼女がどうして

売れ残りなんだろうか。

 

彼女が売れ残ってる基準値なら、

彼女より年上を敵に回すようなもの。

 

きっと、独身謳歌している女性たちには、寝耳に水。

 

は?

意味わかりません。

ってしか言えない。

 

現に、私もその言葉しか浮かばない。

 

 

そんなツイートを見ながら、夜に知り合いの仕事のお手伝いをしに行った。

フリーで仕事をしている女性。

最近着ている服が変わったなと思っていたら、

突然、もしかしたら近々結婚すると思うと告られた。

 

ええええ!!!

 

 

 

 

起業してまだ2年、これからって時に?って言いそうになるくらいびっくりした。

そこまで仲良くはないので、ぐっと堪えていたら、

結婚相談所みたいなところで見つけて、

会ってすぐこの人かなって思ったと、簡単に説明してくれた。

 

そして、続きは

私に、

結婚しないの?と投げかけてくる。

 

縁があればね、と答える。

ホントに、妙齢になってしまうと、

縁のみぞ知る。

期待はしない。

 

 

 

実際婚活していた彼女が言うには、

やはり、男性は、若い子が好きなようです。

そして、男性は、自分の歳は横に置いておいて、年々条件が厳しくなってきます。

その条件ってのは、まず年齢とルックスのよう。

 

歳を重ねている自分を好きになってくれる若い綺麗な女性

を狙ってる人がなんと多いことか!!!

 

いやいや、歳が離れていたって、魅力的じゃなかったら付き合えないからね。

そんなおっさんに限って、すごく野暮ったいわけよね。

ちょっとぐらい清潔感あってほしいよね。

 

若い女性を抱きたいだけなら、

そういうお店にいけばいいと思うんです。

いくらでも選べるじゃないですか。

 

でも、お嫁さんにするには、若い女性は難しいと思う。

相手に対して条件が厳しくなってるということは、自分の生活が決まってるわけですから、あれこれ気になるところが出てくると思います。

 

若い女性ほど思うように動いてくれないでしょう。

だって、若い女性が歳の離れたおっさんを選ぶのは、自由にさせてくれるからというのが理由だから。

おっさんの言うことをはいはい聞いてくれて、いつでも抱けて、という夢のような女性は、イマドキいないでしょう。

 

もしかしたら、仕事から帰って食事が作れてない時もあるかもしれません。

高校生なみの門限みたいな状態で、夕方スーパー行って買い物して、いそいそと旦那の帰りを待つなんて、

歳の離れた旦那なら、外で食べようかとか言ってくれるんじゃないかと期待してしまうのが常でしょう。

 

エッチは楽しめるかもしれないけれど、そのうち女性側が飽きてしまうとしたら、

もうあとは、どうつなぎとめるかです。

子供を産ませて子育てさせるというのは、若い女性にとったら、もしかしたら苦痛極まりないかもしれません。

なぜなら、子供を産むことで旦那さんに興味が無くなってしまうおそれがあるのと、子育てにも興味がもてないかもしれなくて、

 

そうなってしまうと、

私はなぜこの人と結婚したの?

束縛された毎日は嫌だ

そんな風に考えてしまうかもしれません。

 

 

歳が離れているからといって、すべてがそうとは限りません。

 

が、

 

私の弟は

10歳年下の奥さんをもらい、

12年後に別れました。

 

捨て台詞が、

 

私の20代を返して!

 

 

だそうです。

 

 

 

遊びたい時に、みんな独身で楽しん出るときに

私は子育てしてた

なにもできなかった

 

という理由です。

 

 

 

 

子育てはなかなか上手だったので、いい嫁だと思ってましたが、

遊べなかったことがのちに爆発し、水商売に走ってしまい男と逃げました。

 

 

なので、

若い女性を奥さんにするのは、

歳の近い女性を奥さんにするより、

忍耐が必要かと思います。

 (加藤茶さんは我慢強い人かもしれません)

 

そして、

売れ残りと叩かれているアラサー世代は、

売れ残りではなく、婚活をしている年齢の中で一番成婚率が高いんです。

 

社会人として働いて、ある程度世間を知ってる一番

素敵な世代だと思うんですよ。

売り手市場なんですけどね。

実際、初婚は30オーバーが多いんですけどね。

 

アラサーが売れ残りだなんて、いつの時代の人が言ってるんだろうって思います。

40代より上のお節介な人か、

まだまだ若い20そこそこの人が、アラサーのすばらしさを知らない故に言ってるのか、

ホント、失礼極まりない。

 

今の時代、20代の女性が一番いい時期とは言えないし、

年齢不詳の美しい人はたくさんいます。

その人に魅力があるなら、好きにもなるでしょう。

その人の才能にほれ込んでしまうこともあるでしょう。

 

結婚は体の相性だけで選ぶものではないと思うので、

体を基準にして売れ残りと決めつけるのは、あまりに安直すぎます。

若くても全然体に魅力がない人だっているし、逆に体のラインを崩さない努力をしている女性は山ほどいます。

抱き心地なんて、年齢関係ないと思います。

それに、残念ながら顔と体は飽きるものですからね。

 

 

 

 

30代後半の知り合いが結婚を決めたのは、

体でもなく、顔でもないようです。

ただ、

この人かなって思った、そうです。

 

 

もう私には、

この人かなって思える人にしか望みはありません。

年齢的にも、体的にも、

売れ残りと言われても仕方ない状態です。

それに、売れ残りの中でも、見つけてもらいにくいところにいます。

 

 

顔でもない

体でもない

もちろん年齢でもない

世間でいうとまったくアピールできない私ですけど、

 

気にしません。

結婚がゴールではないですから。

 

 

 

 

って、独身の私がいうとね、

強がりに聞こえるという、

なんともやるせないもんです。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男性として生きる女性が直面すること

昨日、婦人科に行ったときのこと。

 

予約なしで受診したので、予約優先のため待たされるはめになり、

やっと、次だ!と思う頃には、待合室には誰もいなかった。

 

誰もいないので、空調がよく効いて寒い。

寒さに耐えながら、スマホを見ていたら、足元になにやら

男っぽい靴とスーツのズボン、ビジネスバッグが通っていくのがわかった。

 

あれ?

 

総合病院なので、受診する科を間違えてる?と一瞬思ったけれど、

なにも迷うことなく、カルテを受付に置く。

え?って

思ってみたら、男の人だった。

いや、

正確にいうと、男の人になってる女性だった。

 

確認するまでもなく、その人はすぐにトイレに行く。

あまりじろじろみちゃいけないと思ったから、姿は追わなかったけど、

女性トイレではないところを開けて入っていった。

 

障碍者用のトイレだった。

 

あ。。。

 

そうだよな、、、、

 

 

見た目完全に男に見えるし、女性トイレ入るのは忍びないんだろうと思った。

ていうか、

 

男性として生きていても、やっぱり女性なんだ!!って

なんだかどう表現したらいいのか、ちょっと切ない気持ちが湧く。

男性としてふるまっていても、子宮が機能している限りは、

婦人科を受診しなきゃいけないわけで。

 

その生殖器のあたりの話は性転換でどうなってるのかわからないから

不思議なだけだけど、

 

なんか、婦人科で見てもらわなきゃならない事態なんだろうな。

男性として生きていても、

どうしても女性の部分が出てきてるんだろうな。

 

 

 

どうしようもない現実があるんだなと思った。

 

 

 

それにしても、私が受診して診察室から出てきたら、

バーンと目の前に座っていたので、

やっぱり婦人科という場所だけに、ちょっとドキっとするもんです。

 

いや、もちろん

付き添いで男性がいる場合もあるかもしれない。

でも、

ひとりでいるとつい物珍しさが手伝う。

 

 

私はこんな妙齢でひとり独身で、

パートナーがいるようでいないグレーゾーンを生きているけれど、

その人は、もっと

自分の人生を大切に生きている気がした。

デリケートな問題をかかえる人って、世の中生きていくのは

慎重にせざるを得ないのかとも思った。

 

 

女性にとっては婦人科は

健康であっても受診していたいところ。

健康だからつい受診しないだけに、病気になってからやっと診てもらう人も

少なくない。

 

その人が重篤な状態じゃないことを祈るばかりだ。

 

 

腹痛という危険信号があったので、検査してみた

この前の月一のアレがかなり重く、今までにない苦しみで会社を2日も休んだので、

たまたまそのあとにあった健診にオプションつけた。子宮癌検査。

 

心配してる時間がムダなので、ちょうどいいなと思い受けてみた。

 

ら、

 

子宮筋腫されましたか?

 

この言葉、ずっと昔にも聞き覚えある。

風邪でかかった内科でエコーしたら、言われたのだ。

 

されましたか?

というのがまずピンとこない。

 

 

手術したか、ということなのか?

 

 

とにかく子宮筋腫の自覚はまったくないけれど、先日の月経痛を言ってみる。

 

私の子宮を見ながら、

婦人科行かれて診てもらって下さい

と言われたら、

あれ?

 

 

されましたか?という言葉は、今進行形てこと?

なんとなくモヤモヤな気分になる。

 

 

総合病院なので、そのまま婦人科行けるかなと窓口に聞く。健診で婦人科行けと言われたけど、すぐじゃない。緊急ではないけれど、診てほしいことを告げる。

ずいぶん待たされて、私の不安げな顔が功を奏したのか?簡単に受け付けないらしい外来につなげてもらえた。

 

予約優先で、しかもデリケートな婦人科なのでひとりひとりが長い。

やっと、やっと来た順番で、一連の流れをいう。

特に心配してないけれど、健診で婦人科に行けと言われたと。

激痛があって会社も休んだので、それも合わせてなにかあるかと。

 

 

婦人科は大きくわけると、診てもらうのは、胸と子宮に分かれる。

どちらも久しく検査してないし、自覚はないから放置していた。

放置はよくないのはわかっていても、やはりなにもないと気にしない。

 

診察台で診てもらう。

恥ずかしいとは思わないけれど、やはり嫌なものだ。

好きな人に見られるのとは違うし、状況は不安要素があるからというのが前提だから

否応なくあれこれと調べられる。

 

内臓をまさぐられるような、

おなかの真ん中あたりまで突っつかれてる感がなんとも言葉にできない。

触診しますよと言われて、

先生の手がぐっと入ってきたのは、

そんなエロい時のそれとは違って、苦しいばかり。

 

ひととおり、きちんと診てもらって

結果はなんともなかった。

子宮もよく動きますと言われた。

子宮ってよく動くんだ・・・あの、なんとも言えない感は子宮を動かしていたのか。

人の体って複雑なようで、実は簡単なんだ。。。とか

先生の偉大さを知る。

 

結局、

子宮筋腫は細かいのがたくさんありますね。とは言われたけれど、

小さいなら別段放置していても問題はない。

そして、子宮内膜症の気があるともいわれたけれど、

もうこの年齢ならあともう少しの我慢だし、それも気にならない。

 

気になっていたあの激痛の原因はわからないままで

婦人科系じゃないかもしれないというちょっとした安心感がある。

 

 

とにかく、

女性として、婦人科に疾患があるのはこころよく思わないことだけど

気にするほどでもない(気にしていなかったけど)ので

よかった。

 

これから彼氏も作らなきゃいけないし、

まだまだ女性ホルモン作り出してくれる要素を手放すわけにはいかないのが本音だから。

 

 

それよりも、

健診で愕然としたのは、体脂肪の増加。

女性の平均といわれる22~24%を上回る25%!!!!

ずっとジムに通って19%をキープしていたなんていつのこと?って感じ。

5%以上も増えていたら、そりゃあ腰回りも大きくなるはず!

腕も太いはず!!

 

体重は体脂肪が落ちたら自然に減るから気にしないけれど、

これ、どうにかしないと。

 

別の意味で、私の体心配だ。

 

初めてのデートってすごく大切なのだ

せっかくの連休。

友達と、アフタヌーンティーを楽しもう!ということで

ホテルのカフェを予約した。

 

行ってみて、今さらながらに感慨深い気持ちになってしまった。

 

f:id:chel1:20170717201015j:image

 

そこは、好きな人と初めてデートした場所。

 

そして、3年前の今日だった。

 

そういえば、初めてのデートでこんな素敵なところに連れてきてくれるなんて!!

ずいぶん張り切ってくれたことに感動したのを覚えている。

 

だいたい、ホテルのカフェでデートなんて、よほどじゃないと思いつかないし、

よほど気合いいれてなかったら、来ない。

彼は、ちょっとおしゃれしていきますからと言ってたので、私も少しだけ綺麗にしていってよかった。

 

 

やっぱりホテルだからね、

今日もちょっと綺麗にしてる。

友達とアフタヌーンティーのセット注文して、女子会。

バイオリンとピアノの生演奏。

 

 

あのとき、ケーキセットなのに、昼間から生演奏聞けるなんてすごいねって二人で感動したのも思いだす。

 

 

ふと、バースディソングが流れてきて、スタッフがいそいそとケーキを運ぶ。

ど真ん中の特等席に座っていたカップルの女性が誕生日だった。

彼が用意してくれたサプライズで、みんなの拍手が起こった。

 

そうそう、あの時も、カップルの女性の誕生日で拍手したっけな。

 

 

たぶん、私はこのお店のチョイスで一撃だったと思う。

初めてだから、という心遣いがうれしかった。

 

 

 

 

後にも先にも、私がデートでうれしかったのは、その人で、

その時限り。

大切な思い出。

 

 

次に出会う人も、そんな心遣いがある人がいい。

別にホテルでなくてもいい。

好きな人が喜びそうなところを考えてその結果連れてきましたという

そんな気持ちが垣間見えるなら。

 

 

久しぶりになんだか、しあわせな気分になった。

ちょっとだけ女子力もアップした。

 

妙齢でももう少し頑張れるかなと思えるひとときだった。