甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

食べてしまいたいようなオレンジの香りに癒される

まだお子ちゃまの頃は、百貨店の化粧品売り場のにおいがくさくて嫌だった。

なんで、化粧品売り場はこんなにくさいのかといつも思っていた。

 

なのに、

 

大人になったらいつの間にか全然くさくない。

それどころか吸い寄せられるようになった。

むしろいい匂い。

鼻が膨らんで、ふはー。って感じ。

 

ある日その理由がわかった。

ゆりの花のかおりのきつさの理由を知ってから。

 

ゆりの花のかおりは体調に敏感に反応するらしい。

 

いいかおりだと思う時は、癒しを求めていてなんらかのストレスがあるという。

逆にかおりがきついと思う時は、そのかおりが必要ない時で、ストレスがないという。

 

わたしはそれを信じている。

アロマテラピーがそうだ。

かおりで癒される。

 

まあ、そもそも香水ってものは癒しのもの。

自分の好きな香りでリラックスできるもんだ。

 

いつも買う化粧品の店にいくと、

毎回新商品やおススメのものが目の前に置いてある。

商売上手だ。

いつも買ってしまう。

今日は、新商品の安眠スプレーなるものが置いてあって、とてもいい香りだった。

それをきっかけにあれこれとやさしい香りを試した結果、

持ち運びがしやすいロールオンの小さい香水を買った。

 

午後2時をイメージした香水とスタッフは言う。

香ったら、オレンジのいい香り。

オレンジはちょっと苦めに調香している場合が多いけどこれはおいしい香り。

化粧品を買い終えるまで香りをチェックした結果、衝動買い。

 

本来、香水はたくさん入っているから慎重に慎重に、買わない時だって多々あるし、

どうしても香りがほしい!と体が求めている時に買っているけれど、これは

いつもと状況が違う。

 

ストレスを抱えているかというと、深いストレスはあるけれど、

毎日頑張れる気合はあるので、わりと前向きな気持ちの中で出会った香水。

 

これがきっかけで、

仕事も

恋愛もなにか兆しがあればいいな。

 

よし、明日からつけよう。