甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

女性ホルモンにがんばってほしいと願う

2年前から毎月恐々過ごしている生理の日。

もしかしたら今回で終了かもしれないと頭をよぎるくらい生理用品の種類やストックもずいぶん変わってきた。

 

何か変化があったといえば、やはり、期間が短くなった。

平均一週間だったのが、今は3日も経つと終わってる。

不順になることはなかったので、一応健康なんだと思う。

 

生理痛はだいたい初日から3日目くらいまでだと思うけれど、年々変わって、最近は始まってから早くて2日目、遅くて生理が終わろうかとしている頃の経血も少なくなってる頃に重苦しくなっていた。

 

あと、匂いもきつくなってたような気がする。

つい最近も仲良くしているおじさんが「野生の匂い」と表現して、なんとも言えない気持ちになっていた。

自分でも感じていたので人にもわかるのかと思ったら、もう子宮は用がなくなって中が汚れてきてるんじゃないか、もしくは使わなかった子宮の壁が老朽化して匂うようになったのかとか、そんな子宮からの匂いのような気がした。

 

その匂いは今だんだん軽くなってきたけれど、それはそれで余計に終りが近い気がしている。

 

とりあえずは、まだしっかり3日間は絶対やってくる。ただ、3日は必ず生理用品がいるけれど、あとの何日かは終わったかのような状態だけど子宮自体は生理中だというのが体調でわかる。

なので、一週間経つまでは、女性しかわからない生理中の匂いがつきまとう。

 

 

仲のいいおじさんがちゃんと私を女として扱ってくれるため、ちょっとだけど女性ホルモンが働いてくれてなんとか生理が続いてくれてるのかなって思うと、心から、女性として健やかに過ごすことの大切さを痛感する。

 

まだ、女をやめたくない。

 

生理が終わると女性ホルモンが減ってくるし、そのせいで体調が急激に変わる。

乳がんなど婦人科系も気になるし、骨粗鬆症なども心配になる。

それが老いへの道なのかもしれないけれど、やはり健康で歳をとりたい。

 

まだ、生理用品は準備して、毎月待つ。

来月はどんな感じでやってくるのだろうか。

どうか女性ホルモンに少しでもがんばってほしいと願うばかり。