甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

おばさんの中にいたらおばさんになってしまうという危機感

バイトのタイムカード押して帰る時、

早く帰って!と居残りのおばさんが慌てたように言う。

今までそんなこと言ったことないのに急に。

 

同じ時間に上がるおじさんが、あなたのこと気に入って狙ってるの!

(私のこと)独身でしょ?

って、早口で言い、

出会うかもしれないから、早く!!

と追い出された。

 

わけわからないまま、外に出たら雑踏の中その人を見つけることなく駅に向かう。

 

それ、よく考えたら、その日だけのことじゃないよね?

これから先どうするの??

 

て言うか、私そんなことでこそこそ逃げたりしないから

きちんと向かい合って諦めてもらう方法がいいんですけど。

 

といろんなことを考えながら家についた。

 

そもそも、そのおじさんは(たぶん)60代後半だろうと思われる。

許容範囲外。

 

小さい頃からおじさんに好かれてきた私は、晩年まで年上好み。

ファザコンが根源にあるのではないかと思うくらい、年齢は離れれば離れるほど頼もしく思ったもんです。

これは両親も認めていたことで、可愛がってもらえるのはよし!として、父親も何も言わなかった。いかがわしいことが皆無なちゃんとした「お友達」としてのおじさんたちばかりだったから。

 

自分が歳をとってからは、いつの間にか年上好みが真逆になって年下しか嫌になった。

極端すぎるけど、同年代は視野に入らず割と歳の離れた年下になっている。

 

ただ、すでに通過してきた若さを目の前にして、老いとの戦いを感じるからそこは努力しかない。それでもそんな状況は楽しく刺激的で気に入っている。

 

ここ何年か前から状況は激変して、同世代(10歳差)くらいの人たちと仕事をするようになり、今では年上としか関わることがなくなった。

多くの人はそれでいいんじゃないのかと思うでしょう。

私は逆で、時代に逆らってる気がしてならない。

 

時代の中心が40代までだと思っている私は、若い世代の感性や考え方を理解していたいタイプで、世代ギャップも楽しい。古い考え方な自分を改めるためにもいいし、世の中の流れを知ることができる。

 

でも今、昼の職場も夜のバイトも、おじさんおばさん万歳な考え方で影響されてしまうのが怖い。

「同年代との方が仕事しやすいでしょう」と、みな口を揃える。

 

どう言ったらいいのか、正直わからないから返事はしない。

 

昼間の仕事でも、話をして仲良くなりたいのはアラサーの若手男子だし、

夜のバイトで仕事ぶりがかっこよく見えるのもアラサー男子。

おっさんの講釈は全く聞きたくない。

ベテランの余裕よりも、一生懸命な方が好きなのかもしれないところは母性から来るのかもしれないけれど、これはなかなか人に理解してもらえないから困ったもんだ。

 

それもこれも自分が年齢を重ねて、おっさんたちが同世代だからというのもある。

生きてきた時間が同じ同世代は、意見されなくても同じ考えじゃないかと思うからかもしれない。ふーーーんて思うしか、ない。

 

私もなかなかのいしあたま野郎だから同世代だと喧嘩になるのを、喧嘩にならないように歳が離れた人を無意識にチョイスしているのかもしれない。いや、そうだと思う。

 

そんな私もさほど歳が変わらない、仲のいいおじさんと会うようになって一年。

先日、久しぶりに会った時、

ちょっと行きたいところがあるというから付いていくと、

人がたくさんたむろしている場所だった。

そう、ポケモンの対戦をしたいがために、そこへ連れて行かれた。

 

その時、私は体調がよくなくて歩くのも元気なかった時で、

ポケモンした後でいいから薬局行きたいと言ったら

ものすごい怖い顔で睨まれた。

 

世間で言うところ順調に出世して役職ももらっているおじさんが。

私は何?としか思えなかった。

 

例えば、年下の若い男子なら、

背伸びしたいから、そんなことはしない。

俺だって認めて欲しいんだからという気持ちが勝つし、年上の女性をものにしている自分がかっこいいと思っているだろう。

一時的な気持ちであっても、それはそれで男子たるもの!という態度でいてもらえる方が私は楽しい。

 

と、いうことでやはり年下がいいということになります。

一人で行きていくなら、楽しい方がいいじゃないですか?

うんちく垂れるおじさんに相槌打つよりも。

 

 

なので、環境って大切だと思っていて、このままでは本当におばさんになってしまう危機感を持ちながら毎日どう生き抜くか考えています。

 

今日は七夕なので、年下君と出会えることを

祈願しようかな。