読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独女のつぶやき

無理しないで生きる

母親からの遺伝はしっかり認識しておくべし

母親から生まれている以上、彼女のもつ細胞や組織などは

絶対的に受け継いでいると思う。

例えば、皮膚の強さとか、肌状態なんかは女性であればよくわかると思う。

 

それ以上に、体質。

根本的な体質って、母親次第なんだろうな。

もちろん父親から受け継いでいるものもたくさんあるとは思うけど。

 

先日、突然、

気分が悪くなった。

家を出た時は大丈夫。

電車に乗っている時も大丈夫。

満員電車を降りて、会社に向かって歩いている頃から徐々に気分が悪くなり、

会社に着いたら、ぐったりだった。

そう、急激に。

 

しばらくがんばったけれど、

気分が悪いからといってトイレにこもることになる。

自分では、はっきり言って

なにがなんだかわからない。

風邪の状態でもなさそうだし、

吐きそうなのは、もしかしてノロ?って思うくらい。

ノロとして、昨日から食べたものや朝食べたものに心当たりがない。

 

それにしても、

意味不明にリバースを繰り返す。

いや、意味はあるんだ、これは。

 

水気も飲む気にならないけれど、

脱水状態ぽいからペットボトルを持って動く。

なぜこんなにつらいのか全く見当がつかず、

席とトイレを往復するばかりで、

やっとお昼になって、

出した分取りもどすため(そのくらいは正気だった)

念のため朝買っておいた栄養ゼリーを摂る。

が、

あんな少ない量なのに、飲みきれない!

これは、重症なのかもしれないと察知。

 

といっても、

体のどこが痛いわけでもつらいわけでもなく、

吐き気のみ。

あとは、まあ排便できてないのか便意をもよおすくらい。

この便意もなにかあるかもしれないので、薬も買っておく。

 

あまりの気分の悪さに

ちゃんと帰宅できるかわからない状態で、早退。

案の定、途中ホームで休憩しなければならないはめにないながら

そして、しっかり服も汚してしまいながら

帰宅。

 

わからん。

わからんけど、とりあえずは、汚れた服を洗濯して、

お風呂に入る。

お風呂のなかでも、リバースしそうでゆっくりできない。

 

なぜだーーーーーーーー!!!

 

と、そのうち、便意をもよおしながらも、一向に排泄できてないことに

気付いた。

あまりいい話ではないけれど、もしかして便秘?

いや、便秘であったとしても

朝からずっと繰り返すリバースはなんだ?

 

 

くたくたになりながらお風呂を出て、

寝ることにする。

リバースは止まった。

全く食べていないので、リバースするものもない。

やっと、ここで、

これは胆のうとかの機能不全のせいか??

と気づく。

 

 

私は胆石を持っていたのだった。

これは紛れもない事実で、昔検査もしていた。

若いころに、これも急激に、この時は胃がやられた。

辛いものを食べた帰りだった。

もうこの時の冷や汗は今でも忘れない。

家族に迎えに来てもらった記憶がある。

 

あと、また忘れたころに、

急激な胃の痛みにやられた。

これも原因はわかっている。

豆腐と生姜を使った体にやさしいお料理を作ったつもりが、

生姜を大量に使いすぎて逆にこれが体に悪かったようだ。

この時も家族に頼んで近くの救急病院で休んだ。

 

そうだ、そうだ、

私、気をつけなければならないんだった!!!

 

胆石の症状は人それぞれですが、

私の場合胃が痛かったのではない、胆のうが危険信号を送ってたんでした。

 

よく言われるように、辛いものなどの刺激物や油ものは極力気をつける。

運動不足や、不規則な生活もダメですね。

 

まあ、あとはストレスと。

 

 

 

そうか。

胆石の悪さだな。

 

ほんとにわけのわからない苦しさに悩まされてる間、

昔、母親が同じように倒れて寝込んでいたことを思い出した。

部屋のソファで横になり、

起き上がれないから洗面器を持ってきてくれと言われた。

なにか食べたから?って聞くと

母親はウナギと言っていた。

ウナギ?と思ったけれど、母親のその状況はとても辛そうだった。

 

私はその時無意識にウナギは食べ過ぎてはいけないと信じている。

自分の経験からも生姜も怖いし、辛いものもダメ。

 

母親はのちに、胆石の手術をして、大きなカルシウムの塊を見せてくれた。

そしてしばらくして、父親も胆石を取った。

両親とも???

 

両親とも胆石を持っていたので、私は気をつけなければと誓ったはずなのに、

まったく症状がないと、忘れてしまうもんだ。

ていうか、わざわざ意識して生活はしない。

ただ、食生活、生活習慣は最悪なのはわかっていたから、

胆石が気をつけろと知らせてくれたというものか。

 

それにしても、

わけわからないリバースは体力を使った。

会社で飲みきれなかった栄養ゼリーは次の日やっと飲み終えた。

 

排便もすっきりして、やっと戻った感じだけれど、

食べたらリバース?という不安が付きまとう。

 

健康って大切だな。

私の場合、発作だからもとに戻るけれど、

もとに戻るかわからないような病気と闘っている方たちはほんと大変。

気合いしかない。

 

母親が私に見せてきたものは、

ほかにも今後の私に注意しなきゃならないことはたくさんある。

受けついた体質は、謙虚に受け止めながら

いかに健康でいるかを考えなきゃないけないな。

 

 あと、女性って子供を産む以上、

年齢を問われるけれど、

やはり若いうちに子供は産んでおいた方がいいのも、

この件でなんとなく感じること。

 

生きていく以上、老化のほかにもいろんな病原も体に入ってくると思う。

新しく誕生する命は、できるだけ気持ちよく育ってくれる母体であってほしいということは言うまでもない。

せつないラブストーリーが好きでごめん

実は、とても福士蒼汰という俳優が大好き。

ど、ストライク。

いい年齢の女性がジャニーズに夢中になるのは珍しくないけれど、

若い俳優に心ときめかすのは同じなんです。

ま、美化した元彼にどこか似てるからってのもある。

 

背も高いし素敵なのに、学園ものに多く出ているからちょっと残念だったんだけど

やっとちょっと年相応な映画にでてくれた。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

 

福士君みたさに、あまり行かない映画館に行く。

これは小説を映画化してるので、小説読んだ人と、主役2人のファンが中心に見に来ている。

なので、年齢層は広い感じ。

おじさんもいてたのは、共演している彼女役の小松菜奈さんのファンか?

 

福士君をしっかり目に焼き付けようと観ていたら、

それ以上に話の内容が素敵だった。

切なかった。

なんか悲しかった。

ちょっとだけいうと、30日だけ恋人として過ごせる、

でもそれ以上は一緒にいれないというストーリー。

 

最後は、号泣。

 

あまり邦画みないし、結構歳がかけ離れた、また現実離れしたラブストーリーなはずなのに。

バックナンバーが歌ってたのも、効果大だったのかもしれない。

 

youtu.be

 

話は、彼目線で進んでいたけれど、最後の最後に彼女目線で終わった。

それが、気になって、

 

 

 

おばさん、リピしてきました。

2回目。

 

この手の邦画はだいたい2か月くらいで終わるので、調べたら

もう終わる週になってたので、急いで。

 

今度は、彼女目線で見直す。

切ない。

ネット情報では「はじめから泣いてる人いた」とあって、

これは、みんな彼女目線でもう一度観てるとしか言えないくらい

私も初めから号泣。

 

そして、バックナンバーの歌詞もしみるということで、

しっかり予習もしていったので、

ためいきと涙しかでない。

 

最終週なので、もう人もまばらでほぼ貸し切りだったけど、

終わって席を立つときに、

私って大人になりきれてないのかな。と

 

自覚しました。

 

多くの人は、

いつもそれを黙って見守ってくれてるんでしょう。

 

でも、

ときめきは大切だよ。

こんな切ないラブストーリーでもね、

1歳若返ってる気がするしね!

 

 

生き方に大きな差をつけられていることを実感してしまう話

以前勤めていた会社の人から着信があった。

その会社は派遣で行って、一緒に仕事していた人はみんな楽しくていい雰囲気だったんだけれど、派遣雇用する責任者がどうやら私を気に入らなかったため、

派遣切りにあったのだ。

これが派遣切りか!と改めて思ったものだけれど、

一緒に仕事していた人たちはどうやら発言権はないようで、

私が辞めることにまったく関係なく

最後はお別れ会もしてもらったので、とりあえずは

気持ちよく終わっていた会社。

 

なんだろうと思ってメッセージしようとしたら

電話発信してしまった。

折り返しで切って、電車に乗ったとたんに

着信があった。

 

懐かしい声。

でも、辞めさせられたから。

 

「今、牡蠣食べてるけど、来ない?」

 

その言葉につられて、行くところなんか私も単純。

 

電話してきた人は、

私が辞める時に、私のことが好きとはっきりコクってくれた人だった。

完全スルーしてたので、お互いに普通に会話もできる状態のままで

また再会できた。

 

「僕、やっとこの前30になったんです」

 

30か。

遠い昔だ。

 

その人は、私のことがドストライクというので、私も悪い気はしない。

でも、私はまったくタイプではない。

 

5人でわいわい言いながらしゃべってたら、その人のお母さんの話になって、

写真を見せてもらった。

30歳の人のお母さん。

いくつだろう。

どんな人だろう。

気になった。

 

 

「今51で、スナック3件経営してるんです。」と言いながら

見せてくれた写真は、まるで

プロマイドのような

素敵すぎる美しい女性だった。

 

私の方が歳が近いゆえ、

言葉を失う。

 

 

こんなこんな美しいお母さんなのに、

え、どうして私なんだろ。

私はいっきに、お母さんに気おくれしてしまった。

 

お店を3件経営してること、

成功しているのがはっきりわかるような美しい容姿。

 

どちらも

カナワナイ。

 

私と歳の近いおかあさんがいたことに、というよりも、

そう変わらない年齢で、私は相変わらず平凡な人生で。

こんなにも違うのか。

 

とても

がっかりした。

 

どうした、私。

がんばってどうにかしたい。

ひとりでもがんばってるのが、人にもわかるような

自分なりに納得した生き方をしなければ。

 

今日は、久しぶりに会えた嬉しさよりも、

いい勉強になったなと思った。

 

いろんな人と仲良くしておくべきだな。

 

今後どういう二人になるかは、初めてのデートで決まる。

今週のお題「恋バナ」

 

気晴らしに「恋バナ」してみようと思う。

 

 

いくつになっても、その人と初めてのデートって、この先を左右するものだと思うけど、

もう何度も初めてのデートを経験していたはずなのに、

彼とは、とてもとても新鮮だった。

今でもはっきりと覚えている。

 

ある夏の日

待ち合わせをして、どこに向かうのか全くお任せをしていたら、

思いがけずホテルのラウンジだった。

かなり意外なチョイスだったので、だいぶ無理をしているのかなとも思いつつ

それでも彼は気にすることもないよう。

豪華な調度品に囲まれて、昼間からグランドピアノの生演奏。

さほど期待していなかったから、

その空間につれてくれたことがうれしかった。

たとえ無理をしていたとしても、私との時間をそこでと考えてくれたことは

とてもうれしくて

なんだか気持ちよかった。

 

優雅で美味な時間が過ぎて、

歩こうということになって、

都会に流れる川沿いの広場につく。

夏なので、ちょっと歩いただけで暑い。

さっきまでお茶を飲んでいたけれど、もう私はお茶を飲みたくなった。

 

ちょっと休憩。

 

階段に座る。

彼は広場を歩きまわる。

ぼんやりその様子をみて、

彼も振り返ってその私を見て。

 

ゆっくりと時間が過ぎて、

 

帰ろうか。

 

繁華街に向かって歩く。

もうそのころにはおなかが空いていた。

 

何か食べようよ。

 

繁華街についても、食べたいものがない。

 

ここでいいよ。

 

私が決めたのは、うどん屋さんだった。

 

頼んだうどんが来たとき「おいしそう!」って

思わず叫んでしまった。私はなぜかおなかペコペコだったから。

 

こんなものでよかったの?って感じでみる彼だったけど、

私はとてもおいしかった。

なんだか、一緒に食べるしあわせが伝わる味だった。

 

おなかが満たされた満足感。彼と一緒に食べたという満足感。

とても満たされていた。

 

お店を出てすぐに、彼とキスをする。

うどん臭なんて気にしない。

なんだか、とても気持ちのいい一日だった。

 

なんの変哲もないデートだったけれど、

私にも、彼にも、

印象に残るデートだったんだろうな。

 

そのうどん屋を通るたびに思い出す。

倦怠感is更年期障害。否めない老化への道

目覚めたら

もう始業時間が始まりそうな時間だった。

数十年働き続けてきたけれど、こんなに大幅な遅刻は初めて。

 

しまった・・・

言い訳どうしよう。

 

と思ったけれど、もうこれは腹くくって休むしかない。

ということで、休みました。

 

前後に急ぎの仕事はないので、今日はもう

休もうと結論。

会社に電話。

 

すみません、風邪気味で。

 

ということで、本日は、寝て過ごしました。

 

ほんとに風邪ひいた時どうしようと思いながらも、

もう行く気はなかったし、

正社員じゃないから、この1日分お給料は減るというのも

仕方ないと諦めながら。

 

妙齢になると、

体が思うように動かない。

体が動かない。

老化が始まってるんだなと痛感しつつ、

それに歯向かう元気もなく、

ただ会社に向かうことが義務だというだけで過ごす。

これではダメだけど、

この、

動かないというループにはまると、本当に動けない。

 

こんな状態はたまに起こる。

1回きりの人生、限られた時間を寝て過ごしていいのか。

そう思う時もあるけれど、どうも動けない。

そんな寝ていて大丈夫?と聞かれたなら

いや、起きれないから。としか答えられない。

そう、れっきとした「更年期」なのだ。

 

案の定、会社に電話してから、

一日目覚めることがなく夕方に。

 

途中トイレに起きたけれど、その勢いで起きる気配なし。

よーし!っていう気合いがあるならきっと会社に行けてた。

昔は家にいるのが嫌すぎて泣いてた時があるくらいなのに、

今はもう気合いがないと出かけられない。

最近はどれだけ晴れた日に家から出なかったことか。

 

日々疲れているんだろうか。

疲れてはいるけれど、

毎日の生活になにか不満があるのだろうか。

状況は悪くないけれど、

無理をしている時があるのかもしれない。

 

 

それにしても、ほんとに

今日は、うっかりもほどほどにしたい。

休みの日と勘違いしたわけでもないし。

 

おかげで背中ががちがちに固まってる。

寝すぎた。

本当にこれから風邪ひかないようにしなければ。

 

それよりも、

もっと体を動かした方がいいのかもしれないな。

やる気を出すには、運動も必要だから。

 

あれこれ、考えるだけは考える。

ネガティブはすぐそこにいる。

できるだけ前向きでいなければ。

 

通り過ぎてしまったけれど、若いってことは特権。

30代前半のころのことだと思う。

 

会社で使うカメラを買ったから、試し撮りをするということで、

仕事中の私を激写された。

あまりに知らんぷりしている私の写真だったから、いらないっていったけど、

その写真のデーターが撮ってくれた人のパソコンに保存されていたことに気付いたのは何年か経ってからのことだった。

 

撮ってくれた主が異動になって、置いて行ったパソコンの中身を確認していた時のことだった。

私ごときの試し取りのデーターが残ってたことよりも、

何年か経ってまた見ることになった自分の写真について驚いた。

明らかに、顔の雰囲気が違ったから。

私はどちらかというと肌は白い方で、吹き出物もでないありがたいお肌だけれど、

そこに写っているそれは、透き通ってるって表現してしまうほどキレイだった。

 

もちろん、知らんぷりして写った仕事中の私なので、特にポーズつけてるわけでもないしカメラを見てるわけでもない、中途半端な横顔なのだけど、

そのわずかに見えてる肌のキレイさというと、

自分ながら、

 

「若いってこういうことか」と

驚きしかなかった。

 

生きている以上、

今日が一番若いと思いながら生きなければいけない。

明日はまた、ひとつ細胞が死んでいく(んだろう)し、動作もわからない程度に遅くなっていくんだろう。

一番いい状態が今と思いながら過ごさなければならない。

 

肌の美しさに自分で身にしみて実感したことを覚えている。

 

それから、またずっと年月が過ぎた。

 

 

最近、道行く若い女の子を見て、またそう思うようになった。

キレイ。

肌がキレイ。

そう思いだすと、テレビでみる若い女優さんの美しさも、

若いゆえの美しさに本当にうっとりしてしまう。

 

若いって素晴らしい。

私は女性だけれど、

男性が、若い女性がいいというのも、わかる。

肌つやがよく、希望にあふれた明るい顔、なにしても楽しいという感覚、

まあ、抱き心地がよさそうな弾力のある体。

かわいいわがままも

若さがフォローしてくれる。

 

若いのは女性も男性も、

若い時だけの特権がある。

 

 

若いときには、まったく自覚はなかったけれど、本当にそうなんだな。

 

 

今の自分も、

この先、10年20年先の自分になった時には

同じように、

キレイだったという感想になるのだろうか。

そう考えると、

もう年だからって思っていてはいけないな。

もっとよぼよぼになった自分が昔を振り返る時、

美しかった自分に満足していたら素晴らしいんだろうな。

 

最近、写真撮ると目が死んでたりするから

もっと明るい顔になろう。

 

春になれば、またひとつ年をとる。

誕生日までにもう少しキレイをがんばってもいいかもしれない。

いつだって女子が集まれば話題になるけれど

そろそろ考えなきゃね。

 

と、そばで話している女性ふたり。

30歳前半かな。

 

どうやら結婚についてのようだった。

 

私もそうだけど、もう「若くない」と判断したら焦ることも越して、

この状態で楽しくいようと思う気持ちもうまれてくる。

そうなると、なおさら結婚がどこ吹く風になってくるのだ。

頭のすみっこでは気になっているものの、

出会いもなければ、一歩踏み出すやる気もない。

諦めてるわけではなくても、それが優先することからどんどん順位が落ちていってしまう。

 

だから、たまに

思いださなきゃならない。

 

この、どうでもいいようでどうでもいいということでは済ませれないことを

わかってもらえる人っていうのが、実は少ない。

 

未だに独身の人はたくさんいるけれど、

独身同士でつるまないのは、お互いのことを思ってなのか。

傷のなめあい(傷はついてるわけではないけれど)したくないと思うのか。

 

私のまわりにも独身はうじゃうじゃいるけれど、

私も同年代の独身とは合わない会わない。

 

どうせ独身なら、もう少し若めの女子と会う。

なぜか?

絶対的に、結婚に対しての希望を持っているから。

 

結婚を考えている女子は前向きな話で楽しい。

妙齢になってくると、

もう若い子にはついていけないとかいうジェネレーションギャップ的な話が出てくる。

男性についてのアラについてのあれこれに花が咲くよりも

私は、素敵な出会いを夢見ている方が楽しい。

そう、

妙齢なのに夢見る夢子さんのままなのだ。

 

だから結婚できないんだよ!って言われそうだけど、

現実はきちんとわかっているつもり。

つもりだからわかってないのかもしれない。

でも、

寒い日に手をつないで歩くドキドキ感とか、

思いがけないサプライズが欲しいって思うのは、

年取ったから考えてはいけないってことはないはず。

 

先日会った同年代ちょっと下の友達に会った。

彼女の友達はほうれい線くっきりになっていてびっくりしたという話をしてくれた。

ハードワークが過ぎて、ついに!っていう感じ。

彼女自身もハードワークだけど、まだほうれい線は見る限り大丈夫。

でも気をつけなきゃならないよね、ケアは大切。

 

もう、そんな話しかできなくなている。

 

あの人がどうこうっていうのなら、

女性のことをさしていうよりも、男性のかっこよさの話した方がいい。

 

 

そばにいる彼女たちは、いつの間にか

結婚の話はしていない。

そうだよ。

別に結婚だけがすべてじゃない。

焦るな。