甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

湿気がありすぎるとネガティヴになる

昼過ぎから暴風雨警報。

この時期は珍しいかもしれない。

夜になっても雨は降り続ける。

 

雨の日は気圧のせいで不調になる人は多い。頭痛くなったり、元気なくなったり、とにかく病気でもないのにどこか不調になる。

 

私はあまりそれを感じない方だけど、タイミングによっては今受ける精神的なものが2倍にも3倍にもなる。

今日は暴風雨すぎて、帰り濡れてしまうのを考えると憂鬱になり、そこからいろいろネガティヴになってきた。

 

この前まで仲良くしていたメンズがいとも簡単に終わったことが、あまりにも信じられなくてあれこれ自分を振り返る。

こんな妙齢になっていても、本気かそうじゃないかが見抜けなかったのが、まだまだ見る目がない。

 

基本的に相手を疎かにはしない。

相手が私を都合のいい人というとしたら、言ってる本人も都合のいい人に成り下がるから、私は言わないし、そう思うことはない。

 

けど、私は都合のいい人を選んでいたようだった。

無意識の中で、彼氏に満たない仮氏を作ってたのかもしれない。

 

時間の無駄だったかのかもしれない。

好きで付き合って別れるんじゃなくて、

ただ会ってただけなら、早く私も早く問いただせばよかったんだろうか。

 

こうなるとどうしても自分の年齢が頭をよぎる。

やっぱりおばさんはダメか。

社交辞令にずいぶん踊らされた。

そりゃ、若い方が肌艶いいし、抱き甲斐もあれば子供だって産んでくれるだろう。

 

今の時代、私くらいの年齢でもいきいきしてる人たくさんいる。いろんなことにちゃんと向き合う力もある。

でも、今を生きてる人は、たとえ仕事や恋愛に持久力がなくてもそんなもんだと割り切って、それすら普通になってくる。

 

私は誰にも受け入れてもらえないんだろうか。

 

 

豪雨の中、雨宿りしながら

気持ちを落ち着かせるために、

海外にいる大好きな人に連絡して

気付く。

 

 

そうか。

きっと都合のいい人だったんだ。

 

雨はまだ強いけど、いつまでも考えず帰るとするか。