甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

おばさんのイタイ話です

好きな人がいる。

 

と、いうか、この歳で片思い。

結婚もしてないのに、片思い。

 

婚活できない理由はこれかな。

 

 

結局、私は夢みる夢子さん。

片思いの人がいつか振り向いてくれるんじゃないかと、わずかな希望を持って、その気持ちだけで生きる。

 

 

バカだなー。とか、

なにしてるのいつまでも。とか、

聞こえてきそう。

 

 

結婚情報誌のゼクシィのCMで、

結婚しなくてもしあわせになれる時代に私はあなたと結婚したいのです

というフレーズがとてもすきで、

 

私はずっと結婚しなくてもしあわせだったわけで、

これからもそうだと思うのに、

なぜか、

 

私はそばにいて彼の生き方を尊重できるんじゃないかと思うと、

彼と結婚したいと思ってしまう。

うまくお互いが生きて行けるんじゃないかとなんとなくの予感が、ずっとある。

 

 

もしかしたら、彼は違う人を選ぶかもしれない。私はそれはそれで構わない。

 

どこか彼と私にしかわからない通じない気持ちがあって、それは揺るぎないものな気がするから。

 

妙齢の片思いはイタイ。

 

そして、おばさんの恋愛話なんて、ウザい!

 

よね。

 

年下の海外赴任に

三年越しだからなあ。笑