甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

刺激的な相手に見合うようになりたい、という希望

私には、

どうでもいいセフレ君がいるけれど、

 

まあ、セフレというよりも、

 

友達だけど、エッチしようと思えばするっていう人という感じか。

 

 

セフレという定義がどんだけ近しいものなのかわからないから、

頻繁にエッチする間柄でないなら、

セフレではないかもしれない。

 

まあ、とにかく、

会ったらエッチすることもある相手ということとして。

 

そんなセフレが何人かいるのだけれど、

どの人も、結構がんばり屋さんなのだ。

 

 

普通のシガナイ会社員をしている私なのに、

相手は普通の会社員じゃない。

スポーツしていたり、人前にでる仕事をしていたりする。

いや、もちろん有名ではない。

有名ではないから、がんばってるんだろうけれど。

 

そのがんばり具合が、

いつも私を刺激する。

 

こんど舞台でるとか

ローカル番組にでるとか、

こんな試合に出たとか。

 

これだけの人の中で、人目を惹くような立場になるというのは

とても大変なことだし、すごいことだから、

実際に名前が知れているような人は

並大抵ではないんだろうと思う。

もちろん、企業の役員もしかり。

若くても起業しているひともしかり。

 

 

なので、

セフレとはいいつつ、別に話をしているだけで

十分なのだ。

 

 

同じ場所で足踏みしかできてない私にしたら、

どの人もが一年前とは違う今だから、すごいのだ。

 

 

かっこいい。

 

私も、彼らに、こういうことしてるんだよって胸張りたい。

 

 

せっかく連絡してきて縁を繋いでくれてるのだから。

セフレだけど、ちょっぴり尊敬してる。

 

彼らは、人前に出ることがあるので

みんなセンス磨かれてるし、たぶん本質的にあか抜けている。

かっこいいのだ。

せめて、そんな人に見合うように

女子力高めていこう。

 

最近、おばちゃんまっしぐらだし、

老けが加速しているから、

まあ、捨てられないように。。