甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了。でも現在更年期と奮闘中

ずっとデートしてないといろいろ勘違いして、最後はぼっちで落ち着く

今日は、気の進まないデートをしなきゃいけない。

と思うと、鬱な感じでぎりぎりまでドタキャンを考えていた。

 

なぜデートになったかというと、

私のために、ぬいぐるみを買ったから渡したいと言われていたから。

かれこれ半年前からいわれていたので、

もう相手も私も、いい加減これは会わなくてはと思っていたからだ。

ていうか、

もういい歳の私にぬいぐるみをくれるって。

 

 

いらんし。

 

 

いらんし。とは言えない。

 

 

 

だから、とりあえず取りにいく。

そこからデート。

 

 

と思って、いつもよりきれいにして待ち合わせに行く。

この後、お茶かなとか思いながら。

 

すると、ホントにぬいぐるみを渡してくれただけで、

その人はこのあと用があるからと去っていった。

 

 

 

ぬいぐるみだけ渡して。

 

 

 

え??っていう気持ちと、ホッとする気持ちとが入り混じった。

ぬいぐるみ持って、この後どうしよう。

なんとなく、ひとりでお茶する気にもならず帰宅方向に向かう。

電車は空いていた。

 

持ってるぬいぐるみの袋からタバコのにおいがする。

ぬいぐるみもきっとタバコくさい。

タバコくさいぬいぐるみなんて、どうしろっていうんだろう。

 

タバコくさいぬいぐるみを持って帰るのが嫌になってきて、ちょっと寄り道をすることにした。自分の家の最寄りの駅を過ぎてその先まで行ってみる。

 

いつもは下りない駅で降りて、お茶をして帰った。

おいしいケーキを食べて、ゆっくりした。

 

帰るころには、気持ちもぬいぐるみのにおいも気にならなくなっていた。

 

 

いつも、私はこんな感じ。

最後はひとりで気持ちを落ち着かせて、家に帰る。

みんな、親切なだけ。

私はとんだ勘違い野郎なので、家に帰る前にリセット。

 

 

Twitterの誰かが作っているbotで、

宇野千代さんが言ったらしい言葉が流れてきた。

男は複数いてもいい。と。

 

 

布団に入るときは、ひとりずつとだから。ということだ。

 

 

妙に、納得。

ひとりに執着しなくても、思い切って複数でもいいか。

 

 

いや、複数いても、

なかなか布団にはふたりで入ることがない。

 

がんばろう。