甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

生涯のセックス回数て

私が漠然と思っていること。

 独身だと、結婚してる人よりセックスしてるんじゃないか?と。

 

いや、全てがそうとは思わない。

 長い結婚生活の中でセックスレスが多い中、きちんとコミュニケーションを取り合ってセックスしてる人もいるだろう。

 独身でもセックスする相手を探してない、いない、興味ないという人もいるだろう。

 

平均とか、普通とか、そういった表現がどこまで当てはまるかわからないし、とりあえずここでの話は、結婚したら結婚相手とのセックスの回数で、独身のままの人はパートナーとのセックスを単純にカウントするとする。

 

結婚したらあまりセックスしなくなると聞く。

いつでもできるということから、馴れ合いになってしまうんじゃないかと思うけれど、そうじゃないですか?

 

それに対して独身は、結構頻繁にしてるんじゃないかな。別れたら終わりだし、次の新しい人とセックスする。

一人の人と飽きるまですることがないし、飽きたら別れてるわけです。

 単純に考えると、セックスを楽しんでるのは独身。

 

もちろん、いいセックスの先に妊娠があり、結婚生活がある

 結婚にたどり着かない人は、それを繰り返す。

イコールいろんな人とセックスする。

 

 

 

この前読んだ4コマ漫画が、こんな内容だった。

漠然と思っていたことが、4コマ漫画になっていたのだ。

 

独身の女性(おそろらく同い年)に年下の彼氏ができたことを聞かされた既婚の女性が、心の中でセックスの生涯回数を考えたと言う内容。

結婚することで勝ったと思っていても、セックスの生涯回数は負けたというもの。

 

 

なぜこんな話題をあげたかというと、

実際、私は独身なだけにセックスはしていると思っているから。

まだまだ女は捨てたくないという気持ちが大いにあるから。

 

どうであれ、

寝てみたいと思ってもらえるうちが花なのだ。