甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

負けるなわたし!更年期との戦い

更年期は本当に怖い。

いろんなやる気を削がれる。

 

30代半ばくらいからちょっとうつ気味なのかもしれないけれど、それが更年期にシフトしている感じ。

なにせ、やる気が失せる。

 

どうしようもなくやりにくい昭和な会社に就職して、仕事に対してのやりがいを見失い、この先の人生このままかとネガティブな気持ちが占領してしまったために、この二日間寝込んでしまった。

 

腰が痛くなっても起き上がる気力がなくて、食べ物を口に入れて胃を動かしても横になるしかなくて。

 

厄介すぎて自分でも笑う。

 

地震で揺れを感じたから慌てて起きて寝間着から着替えたものの、また横になっていて、これはいざとなると逃げずに死ぬかもしれないとさえ感じる。

 

そんなやる気なしの私が起きるきっかけになったのは、久しぶりのセフレからの連絡。

 

それまでにひとり、仕事がうまくいったという連絡をしてきてよかったねと返事はしたものの、自分はこんな状況かと思うとやるせないばかりで結局起きれなかった。

 

次に連絡があったセフレは本当に久しぶりだったから、これではいけない!と思い立って起きることができた。

なんて単純。

 

最近はどのセフレも元気かどうかを確かめる程度の連絡だけど、私を忘れずにいてくれるのはありがたい。

 

年上のもうおばさん化してきてる私に、連絡してくれるなんて、なんていい奴なんだ?と都合よく考えるしかない。

 

連絡をくれたセフレも別に私としたいわけではないのもわかる。

だから、安心して連絡を続けることができる。みんなちゃんとした友達にシフトしてくれてるのがありがたい。

 

 

気を取り直して、シャワー浴びてとりあえず外に出る。

 

スーパーに行くつもりで出たけれど、二日間歩いてないから電車に乗って繁華街まで出た。

 

ホームから見える夕陽が綺麗だと思っていたら、仲のいいおじさんが連絡してきた。山に登って今夕陽が綺麗だと。

 

ありがとう。

 

私も、夕陽綺麗だと思ってたところ。

 

 

そろそろ元気出せと今日は3人も連絡くれた。神様はちゃんと見てるのかと思うとくよくよしてられない。

更年期に負けてられない。

 

助けられて生きているんだと、感謝しなければ。