甘い生活までの道のり

ラブラブな生活になったら終了

コーヒーのかおりがちょっと切なかった

テイクアウトのコーヒーも持っていた。

雨が降ってきたので傘をさす。

 

私はいつも傘は短く持つ方で、できるだけ傘の深い位置に頭がきて、できるだけ上半身が濡れないようにしている。

柄の部分を高々と持ち上げて颯爽と歩いてなくて、しっかり前が見えてなかったりする。

 

そんな状態で歩いていたら、前から来た自転車のオジサンが私の傘にぶつかった。

傘をよけきれなかっただけなんだろうけど、たとえ傘であっても軽くはじかれるようで、急ブレーキで止まった。

私もハッとして、振り返って「すみません、失礼しました」と謝る。

「気を付けろ!」と言われた。

 

歩き出して、ふと手にもっているコーヒーに目がいく。

ふたをしているコーヒーの飲み口から、コーヒーがずいぶんふきこぼれていた。

その瞬間、体にコーヒー臭。

 

振り向いたはずみでコーヒーを服にこぼしてしまった。

雨のじめじめとコーヒーのシミと。黒い服着ていてよかった。

 

急になんだか、テンション下がってしまった。

おいしいと思って買ったコーヒーもまったくおいしく感じない。

さっさと飲み干した。

ちょっと寄り道しようと思っていたけれど、コーヒー臭が悪臭になってしまうまでに帰りたい。

 

手に持った傘の柄も、手にこぼれていたコーヒーでちょっと汚い。

 

やりすごしてもいいようなささいな出来事が、ときに寂しい気持ちにさせる。

 

早く帰って、家で過ごして、あったかいお風呂に入る。

お風呂上りに、フェイシャルケアしていたら、頬に吹き出物ができそうな感じなのがわかった。

 

いい年して、吹き出物が今さらでるのは、なにか原因だな。

まあ、なんとなく予測はできるけど、顔にできるとメンタルやられそうなのでどうにかしたい。

 

はあ。

ちょっと元気になるようなきっかけないかな。

たいしたことで凹んでるわけじゃないから、すぐに元気になれるような。

 

って、思ってたら、

テレビのポッキーのCMで、かっこいいメンズたちが高校生と一緒に踊っていた。

 

これだ!!

 

こういう単純な楽しさ、ほしい。

 

お一人様が長いと、深刻なことには冷静に対処できる度胸はついてくるんだけど、ちょっとした出来事で案外やられる。

もろいな。

 

なにか楽しいこと、見つけなきゃな。