甘い生活までの道のり

現在更年期と奮闘中。ラブラブ生活になったら終了。

ヴィトンを持つ女

モノグラムの柄はあまりにも有名なルイヴィトンですが、久しぶりにその柄の鞄を立て続けに見ました。

どちらも昔のデザインではなく最近買ったような感じ。私は高級ブランドでもヴィトンはちょっとチャラいイメージで興味なくて、仲のいいおじさんが好きなブランドだというだけ。

 

今日見たヴィトンのバッグは素敵だった。持ってる人も上品で、私みたいに貧相ではない。

仲のいいおじさんは、こんな女性と歩きたいんだろうな。

そう思うと、本気で申し訳ない気持ちになってきた。

 

男は自尊心で生きてるもんだから、横に連れて歩く女も、抱く女も、自分が庇護する女も、みんな、自分の思う女であってほしいはずなのだ。

 

鬱の塊で綺麗にしない私は、ただ抱ける女なだけ。

 

遊ばれてるとかそうじゃなくて、やはり自分の不甲斐なさが相手を幻滅させる要因なのだ。

 

汗だくで靴鳴らして歩くおばちゃん。

 

仲のいいおじさんは私をそう詰るけれど、仕方ない。そんな私を見せてしまっている。

 

おじさんに更生させてもらってるから、きちんと応えたい。

たとえヴィトンを持てなくても。